BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail



 ブラックラグーンロベルタズブラッドトレイル
         
         
         
         
 スタッフ  キャスト
原作 広江礼威
(小学館「月刊サンデーGX」)
原案協力 小室時恵、夏目晃暢
監督/シリーズ構成/脚本 片渕須直
キャラクターデザイン
総作画監督
筱雅律
プロップ&メカデザイン 木村雅広
タイトルロゴデザイン 小林美樹代(ベイブリッジ・スタジオ)
軍事考証 津久田重吾
美術監督 金子英俊
色彩設定 角本百合子
CG監督 井野元英二(ORANGE)
撮影監督 藤田賢治
編集 木村佳史子
音響監督 本田保則
翻訳協力 兼光ダニエル真(26話)
音楽 EDISON
音楽プロデューサー 岡田こずえ、尾上政幸
音楽制作 アーティスト・マネージメント・オフィス
企画 亀井修、川村明廣、丸山正雄
企画協力 月刊サンデーGX編集部
小学館 映像事業室
エグゼクティブプロデューサー 大森啓幸
プロデューサー 小倉充俊、岡本順哉
制作 プロデューサー 豊田智紀
設定制作 白飯ひとみ
アニメーション制作 マッドハウス
製作 BLACK LAGOON製作委員会
オー プニングアニメーション
絵コンテ/演出/ 作画監督 筱雅律
原画 日向正樹、加藤やすひさ、高旲輔、大舘康二、木村雅広、筱雅律
エ ンディングアニメーション
絵コンテ/演出/作画 筱雅律
レヴィ 豊口めぐみ
ロック 浪川大輔
ダッチ 磯部勉
ベニー 平田広明
ロベルタ
25〜28話
富沢美智恵
ガルシア
25〜28話
伊倉一寿
ファビオラ
25〜28話
雪野五月
パラライカ
26,28話
小山茉美
25〜28話
森川智之
パオ
25〜26話
斎藤志郎
25,28話
逢坂力
キャクストン 
25,28話
小川真司
マクドゥガル
25,27〜28話
福田信昭
ガードナー
25,27話
三宅健太
ラーキン
25話
川原慶久
サンチェス
25,27〜28話
金光宣明
グスターボ
25話
西嶋陽一
マレロ
25話
近藤浩徳
レヴンクロフト
25話
喜多川拓郎
ジャドウェイ
25話
桜井敏治
キャシー
25話
宮川美保
ディエゴ
25,28話
大林隆介
司祭
25話
小柳基
男の子
25話
桐内愛
エダ
26,28話
唐沢潤
ヨランダ
26話
竹口安芸子
アブレーゴ
26話
江川央生
亡霊
26〜27話
大林隆介
リロイ
26話
逢坂力
ブライヤチャット
26話
小柳基
ロニー
26話
柿原徹也
シャンホア
27〜28話
佐々木優子
ロットン
27話
杉田智和
ソーヤー
27〜28話
矢口アサミ
ホーナー
27〜28話
小柳基
バロウズ
27〜28話
近藤浩徳
ウィル
27〜28話
西嶋陽一
リロイ
27話
逢坂力
FARC D1
27話
川原慶久
カマラサ
27話
小杉十郎太
キャクストン
27話
小川真司
ザチャーミン
28話
三宅健太
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  主題歌
『Red fraction IO drive mix』
 歌:MELL/作詞:MELL/作曲・編曲:高瀬一矢
 音楽プロデューサー:西村潤
『When Johnny Comes Marching Home』
 編曲・演奏:EDISON
  サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
#25
000000 Collateral Massacre
片渕須直
片渕須直
室井ふみえ
筱雅律
日向正樹、浦谷千恵
木村雅広、今村大樹
加藤やすひさ
#26
  An Office Man's Tactics
片渕須直
香川邦夫
香川邦夫
筱雅律
今村大樹、木村雅広
日向正樹、朝来昭子
#27
  Angels in the Crosshairs
片渕須直
片渕須直
加藤やすひさ
筱雅律
今村大樹、朝来昭子
日向正樹
#28
  Oversaturation Kill Box
片渕須直
片渕須直
香川邦夫
筱雅律
加藤やすひさ、 木村雅広
#29
  Codename Paradice, Status MIA
 
 
 
 
#30
   
 
 
 
 
#31
   
 
 
 
 
#32
   
 
 
 
 
#33
   
 
 
 
 
#34
   
 
 
 
 
#35
   
 
 
 
 
#36
   
 
 
 
 
#37
   
 
 
 
 
※第27〜28話アクション作画監督:浦谷千恵
  キャラクターデータ
レヴィ ブラック・ラグーン号のガンマンで、2挺拳銃(トゥーハンド)の異名を持つ銃の名手。超短気な 性格が災いしてよくトラブルを起こす。子供の頃から無法な世界で生きてきたため、価値観の違いからロックと衝突する事も。米系中国人。
ロック 本名は岡島緑郎(ろくろう)。昭和45年8月21日生まれ。国立大学卒、平成6年旭日重工入 社。東京本社資材部東南アジア課在籍。東京での住居は東京都世田谷区松原1-34-△。
元日本の商社マンだが、出張中にラグーンのメンバーに誘拐され、旭重工のディスク(核開発の極秘契約)事件に絡んで捨ゴマにされ、そのまま仲間 になる。運び屋としても水夫としても素人同然だが、交渉事などで能力を見せる。やさしさと勇気をもつタフな男だが、その正義感がレヴィと衝突する事もしば しば。
ダッチ 商会のボス。常に冷静沈着。ラグーン号の操舵を担当しつつ、銃の腕前も確か。ベニー曰く「タフ で知的で変人」。ベトナム戦争に参加した軍歴を持つ(リバーボート部隊に所属)。
ベニー ラグーン号のハイテク機器の担当。FBIとマフィアに追われていた所をレヴィに助けられ仲間に なる。ダッチの参謀的役割も果たす。フロリダの大学生だったが、火遊びが元でマフィアとFBIを同時に怒らせ、マフィアに殺されそうになったところをレ ヴィに助けられた。ダッチからは「ベニーボーイ」と呼ばれている。ユダヤ系。
バラライカ ロシアン・マフィア 「ホテルモスクワ」タイ支部の女ボス。射撃の名手でオリンピック出場を目 指すも、軍に入り、旧ソ連時代を戦時下で過ごす。1986年4月、国際法違反の越境作戦中難民キャンプの子供を助けたのをマスコミに報道されたために、任 意除隊という名の事実上軍籍剥奪。ソ連崩壊後、貧困に喘ぐ元部下たちを集めマフィアを形成。レヴィからは「姉御」と呼ばれている。
   

 
ガルシア・フェル ナンド・ラブレス ディエゴの息子。ベネズエラの父の在所で、父とロベルタの3人暮らし。ロベルタからは「若様」 と呼ばれている。
ロベルタ ラブレス家のハウスメイド。お下げに丸メガネ、首からロザリオを下げたメイド姿の女。本名はロ ザリタ・チスネロス。キューバで暗殺訓練を受け、 FARC(コロンビア革命軍)の元ゲリラで、コードネームは「猟犬」。由来は一旦食らいついた相手は必ず仕留め倒すことから。その活躍から「フローレンシ アの猟犬」との異名で呼ばれていた。誘拐と殺人の多重容疑で国際指名手配を受けている筋金入りのテロリスト。革命を信じていたが、革命軍がカルテルと手を 結んだことで理想を失い、4年前に革命軍を抜けた。その時亡き父の親友ディエゴに匿われ、以来かつての自分を捨て、ハウスメイドとなった。マナニサリラカ ルテルからインターポールまで彼女を総祖咲くしており、麻薬カルテルに至っては、彼女の首に40万ドルの賞金をかけている程。腕力はダッチよりも上。
ガルシア・フェル ナンド・ラブレス ディエゴの息子。ベネズエラの父の在所で、父とロベルタの3人暮らし。ロベルタからは「若様」 と呼ばれている。
ディエゴ フルネームはディエゴ・ホセ・サン・フェルナンド・ラブレス。 南米十三家 族の一つに数えられるラブレス家の11代目当主。南米十三家族の中では一番落ち目の貴族。昔気質で他の事業に手を出さず、農園を経営。妻とは4年前に死 別。
張(チャン) 香港マフィア。かつては香港警察の麻薬取締官だった。
エダ シスター。
パオ YELLOWFLAGの店長。
 キーワード
ラグーン商会  
ロアナプラ  
ホテルサンカンプレス
ラブレス家 南米十三家族の一つに数えられる

■ Amazonで『』の商品を探す