図書館戦争



 フジテレビ 2008/04/10〜2008/06/26 毎週木曜日 24:45〜25:15 全12話
 スタッフ  キャスト
原作 有川浩
監督 浜名孝行
シリーズ構成 古怒田健志
キャラクター原案 徒花スクモ
キャラクターデザイン
総作画監督
中村悟
タイトルロゴ・デザイン 草野剛
美術監督 池田繁美
美術設定 荒川直樹
デザインワークス 常木志伸
色彩設計 片山由美子
色彩設計補佐 菅原美佳
特殊効果 村上正博
3D監督 遠藤誠
撮影監督 田中宏侍
編集 植松淳一、奥野英俊
ビデオ編集 川上八郎(P's studio)
音響監督 平光琢也
音響効果 小山恭正
録音調整 依田章
録音アシスタント 岩名路彦(東京テレビセンター)
音響制作 小泉紀介(神南スタジオ)
録音スタジオ 東京テレビセンター
音楽 菅野祐悟
音楽プロデューサー 佐野弘明
音楽制作協力 フラッグシップ
音楽制作 フジパシフィック音楽出版
ソニー・ミュージックエンタテインメント
企画 松崎容子(フジテレビ)
プロデューサー 高瀬敦也(フジテレビ)
竹内文恵(アスミック・エースエンタテインメント)
西村知恭(プロダクションI.G)
細貝康介(フジテレビ)
アシスタントプロデューサー 斎藤彩(フジテレビ)
制作担当 佐藤至信、渡辺哲也、亀井威次郎、小山直子、平野剛(フジテレビ)、和田丈嗣
制作デスク 本多史典
設定制作 谷村大四郎
原作協力 電撃文庫編集部
電撃文庫MAGAZINE編集部
徳田直巳、灸田和之
協力 社団法人日本図書館協会
制作協力 トランス・アーツ(4,9話)
アニメーション制作 プロダクション I.G
製作 図書館戦争製作委員会
 アスミック・エース エンタテインメント
 電通
 アスキー・メディアワークス
 ソニー・ミュージックエンタテインメント
 フジテレビ
 プロダクションI.G
オープニングアニメーション
絵コンテ・演出 加藤道哉
作画監督 黒岩裕美
原画 京極義昭、大谷美里、上村雅春
撮影/編集 サイクロングラフィックス
エンディングアニメーション
絵コンテ・演出 布施木一喜
原画 古川尚哉、上村雅春
背景 平田秀一(タロハウス)
撮影/編集 サイクロングラフィックス
笠原郁 井上麻里奈
堂上篤 前野智昭
柴崎麻子
1〜12話
沢城みゆき
小牧幹久
1〜12話
石田彰
手塚光
2〜12話
鈴木達央
玄田竜助
1〜8,10〜12話
鈴森勘司
稲嶺和市
2〜4,11〜12話
佐藤晴男
良化隊員A
1話
高坂篤志
良化隊員B
1話
中西英樹
良化隊員C
1話
赤澤涼太
女子隊員
1話
早川真由
子供
1話
金田アキ
図書隊員A
2話
中西英樹
図書隊員B
2話
高坂篤志
館内放送
2話
赤澤涼太
折口マキ
3〜4,12話
田中理恵
進藤(ー正)
3,10〜11話
中西英樹
緒方
3,10〜12話
赤澤涼太
平賀
3〜4話
高瀬右光
部下
3話
興津和幸
図書隊員
3話
高坂篤志
麦秋会リーダー
4話
河本邦弘
刑事
4話
興津和幸
警備隊
4話
中西英樹
図書隊員A
4話
赤澤涼太
図書隊員B
4話
高坂篤志
笠原克宏
5,10〜11話
上別府仁資
笠原寿子
5,10話
木川絵理子
防衛隊
5話
中西英樹
窃盗男
5話
高坂篤志
榎木
6,11話
上田燿司
図書隊員A
6話
勝沼紀義
図書隊員B
6話
中西英樹
良化隊員A
6話
赤澤涼太
良化隊員B
6話
高坂篤志
女性
6話
藤葉愛香
少年
6話
金田アキ
朝比奈光流
7〜8話
小野大輔
手塚慧
7〜8,11〜12話
吉野裕行
砂川一騎
7話
樫井笙人
アナウンサー
7話
赤澤涼太
砂川(母)
7話
茶山莉子
彦江光正(副司令)
8,12話
石塚運昇
査問員
8話
中西英樹
評価員
9話
赤澤涼太
訓練生
9話
高坂篤志
子供A
9話
金田アキ
子供B
9話
上田愛美
子供C
9話
沖佳苗
子供D
9話
来住沙耶香
野々宮(しずか)
10〜11話
名塚佳織
井上
10〜11話
小池いずみ
須賀原(館長)
10〜11話
重松朋
淵上
10〜11話
安井邦彦
竹村
10話
小林和矢
横田(準司令)
10話
興津和幸
図書隊員
10〜11話
高坂篤志
業務部員A
10話
沖佳苗
業務部員B
10話
金田アキ
業務部員C
10話
来住沙耶香
知事(一橋圀子)
11話
渡辺直美
医者
12話
中西英樹
レポーター
12話
高坂篤志
政治評論家
12話
興津和幸
コラムニスト
12話
金田アキ
キャスター
12話
来住沙耶香
 主題歌
『あたしの街、明日の街』
あたしの街、明日の街
 歌:高橋瞳/作詞:高橋瞳/作曲・編曲:平出悟
『changes』
changes
 歌:Base Ball Bear
 作詞・作曲:小出祐介/編曲:Base Ball Bear
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
状況〇一
080410
我ガ王子様ハ図書隊ニアリ
古怒田健志
浜名孝行
柿本広大、浜名孝行
中村悟
状況〇二
080417
図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)
坂井史世
サトウ シンジ
誉田晶子
清水博幸
状況〇三
080424
小田原攻防戦
谷村大四郎
布施木一喜
布施木一喜
窪田康高
状況〇四
080501
図書司令官ヲ奪回セヨ
ハラダ サヤカ
安藤貴史
安藤貴史
沼津雅人
状況〇五
080508
両親攪乱作戦
高橋郁子
新留俊哉
新留俊哉
石井明治
状況〇六
080515
図書隊ハ発砲セズ
古怒田健志
河野利幸
河野利幸
近藤圭一
状況〇七
080522
恋ノ情報探索(レファレンス)
谷村大四郎
柿本広大
柿本広大
中原久文
状況〇八
080529
策動セシハ手塚慧
ハラダ サヤカ
山本寛
筑波大介
清水博幸
状況〇九
080605
昇任試験、来タル
坂井史世
松澤健一
松澤健一
波風立流
状況一〇
080612
里帰リ、勃発
高橋郁子
新留俊哉
新留俊哉
窪田康高
状況一一
080619
死闘!茨城県展警備
古怒田健志
河野利幸
河野利幸
中村悟
石井明治
状況一二
080626
図書館ハ誰ガタメニ
古怒田健志
浜名孝行
浜名孝行、柿本広大
近藤圭一

※第6,8話 作監補佐:小澤郁  ※第7話 作監補佐:永島明子、古川尚哉、小澤郁  ※第9話 作監補佐:田畑アキラ
※第12話 作監補佐:窪田康高、中原久文、清水博幸
 キャラクターデータ
笠原郁
(かさはらいく)
22歳。身長170cm。図書特殊部隊堂上班所属。一等図書士。直情型の性格で運動神経抜群。座学は苦手。高校時代に図書隊員(王子様)に助けられて以来、再会を夢見て入隊。過保護な両親には防衛隊入隊は内緒にしており、図書館員と嘘をついている。実家の住所は「茨城県水戸市伊笠間町3-11-19」。父親は県庁勤務。
堂上篤
(どうじょうあつし)
27歳。身長165cm。図書特殊部隊堂上班班長。二等図書正。入隊前の笠原の教官だった時の名残で、笠原からは「堂上教官」と呼ばれている。ちなみに小牧も「小牧教官」と呼ばれている。実は笠原が憧れている図書隊員(王子様)は彼なのだが、笠原は気づいておらず、自分からも名乗るわけにもいかずに苦慮している。
柴崎麻子
(しばさきあさこ)
22歳。157cm。武蔵野第一図書館図書館業務部の図書館員。一等図書士。頭脳明晰で容姿端麗。郁のルームメイト。情報収集能力に長けている。図書隊史上初の女司令を目指している。
小牧幹久 26歳。身長175cm。図書特殊部隊堂上班副班長。二等図書正。早生まれで堂上と同級生だった。冷静沈着で物腰の柔らかい優男。堂上の同期。笠原が堂上に似ていることを面白がっている。
手塚光 22歳。身長180cm。図書特殊部隊堂上班所属。一等図書士。図書館協会会長を父に持つエリート。努力家の秀才。高所恐怖症。ブラコンの質で、何度失望しても兄に対する期待を捨て切れずにいる。堂上は彼が憧れていた頃の兄に似ているため、堂上に対しては素直な態度を取っている。子供が苦手。空気が読めないタイプ。
玄田竜助 43歳。185cm。防衛部図書特殊部隊隊長。三等図書監。その巨躯と同じく豪快で豪胆な性格の喧嘩屋中年。
稲嶺和市 関東図書基地司令。特等図書監。日野の悪夢事件当時、同図書館で館長勤務時に「日野の悪夢」で右足と妻を失い、車椅子生活を送っている。
手塚慧(さとし) 手塚光の兄。神奈川県内の図書館員。一等図書正。政界にも人脈を持ち、「未来企画」という研究会を主宰して、図書検閲のない世の中を作るために暗躍している。父親と決裂して家を出、それが原因で母親が倒れたことで、弟からは恨まれている。自分の理想実現のために現場を知る弟を自分の配下に加えたいと考えている。
砂川一騎 笠原の同期。業務部所属。未来企画の研究会に参加しており、手塚光を未来企画に引き込むために利用された。
笠原克宏 笠原の父。県庁勤務。妻とは違い、笠原が防衛隊に勤務しているのに気づきながらも妻には言わず、これを認めている。笠原が子供の頃にロッククライミングの真似事をさせて後頭部に3針縫う怪我を負わせた。
笠原寿子 笠原の母。娘がやろうとすること(危ないこと)をいつも泣いて止めるため、笠原は彼女に嫌われているのだと思っていたが、娘の身を案じて過保護になっているだけだった。
折口マキ 玄田の元恋人で世相社の記者。
 キーワード
設定 西暦2019年(正化31年)、公序良俗を乱し人権侵害の表現を取り締まる「メディア良化法」が施行された現代。本作品世界では元号は「昭和」から「平成」ではなく「正化」に変わっている。「正化」は元々「平成」「修文」と共に挙がっていた昭和の次元号の候補名。
メディア良化法 元号が「正化」に変わる頃に制定された、青少年に悪影響を与える有害情報及び人権を侵害し、あるいは公序良俗を乱す表現を検閲し、これを取り締まる法律。表現の自由への弾圧
メディア良化委員会 メディア良化法に基づき発足した司法省下部組織。各都道府県に良化特務機関(代執行機関)を設置し、メディア良化法に抵触するあらゆるメディアを取り締まる権限を有する。その執行範囲は、小売店の入荷物、版元の流通、マスコミの放送内容、インターネットの記述など多岐に渡り、これに対して禁止、訂正、削除などを要請する強制力を持つ。
図書隊 良化特務機関に対抗するため設立された独自の防衛組織。図書館業務を担当する業務部と、防衛業務を担当する防衛部、物流を担当する後方支援部、人事管轄の総務部で構成されている。
良化隊 メディア良化委員会に属し、検閲を執行する武装組織。市街地の発砲は禁止されている。
図書特殊部隊
(ライブラリー・タスクフォース)
主に防衛隊員から選抜される精鋭部隊。
図書館自由法 メディア良化法に対抗するため、既存の図書館法を改定して成立した図書館法の通称。既存の図書館法三章に『図書館の自由に関する宣言』の主要章題が加えられている。
図書隊員の階級
特等図書監 図書基地司令。徽章はカミツレ(カモミール)。
一等図書監 徽章は二重の本の上に3つのカミツレ。
二等図書監 徽章は二重の本の上に2つのカミツレ。
三等図書監 隊長。徽章は二重の本の上に1つのカミツレ。
一等図書正 徽章は本の上に3つのカミツレ。
二等図書正 班長、班長補佐。徽章は本の上に2つのカミツレ。
三等図書正 徽章は本の上に1つのカミツレ。
図書士長 徽章は三重のV字に開いた本。
一等図書士 徽章は二重のV字に開いた本。
二等図書士 徽章は一重のV字に開いた本。
三等図書士 徽章は本が一冊。
カミツレ 図書隊員の徽章に描かれている花(カモミール)。「日野の悪夢」で落命した稲嶺和市夫人が好んだ花であり、花言葉は「苦難の中の力」。
日野の悪夢 正化11年(1999年)2月7日に起こった、メディア良化委員会に同調する政治結社による日野市立図書館襲撃事件。12人の死者と、1冊を除く図書館蔵書の全損を招いた未曽有の大惨事。これ以降、図書隊は本格的な武装組織へと変貌を遂げ、良化隊との抗争は激化していった。
関東図書基地 東京都武蔵野市境にある関東図書隊における中心基地で、関東各県の準基地を統括している。
武蔵野第一図書館 関東図書基地に隣接する基地付属図書館で、公共図書館としては都内最大級の蔵書量と貸出数を誇っている。
図書食堂 関東図書基地敷地内にある食堂。
新世相 世相社が出版している社会派の雑誌。
はじまりの国のさいごの話 高校時代の笠原が良化隊から守ろうとして、図書隊員を目指すきっかけとなった本。作:本村真、絵:上谷カヨ。
原則派 図書隊内に存在する二大派閥の一片。稲嶺司令をはじめとする図書館の原則と独立性を重視する派閥。
行政派 図書隊内に存在する二大派閥の一片。彦江副司令をはじめとする図書館を行政のコントロール下に置くべきだとする派閥。
小田原情報歴史資料館 メディア良化委員会に関する歴史的な報道資料を所蔵した小田原の個人図書館。閉鎖に伴い、所蔵資料を関東図書隊が引き取ることになり、これを妨害しようとする良化隊との戦闘が繰り広げられた。(3話)
予言書 良化法制定と共に激しい検閲を受けた本で、現在では市場には1冊も出回っていない貴重本。60年も前に描かれたアメリカの作家のSF作品の翻訳本で、焚書の仕事をしている主人公を描いている。フランス人監督によって映画化もされているがこちらも検閲を受けているらしい。
おそらくレイ・ブラッドベリの1953年の作品『華氏四五一度』がモデルだろう。フランソワ・トリュフォーの監督によって1966年に『華氏451』というタイトルで映画化されている。(6話)
トランスファ・K505 ラストシーンに背表紙が描かれた本。「K」は「kelvin(絶対温度の単位)」だと思われ、Fahrenheit(華氏)= 5分の9 kelvin -459.67の換算(トランスファ)公式で計算すると、449.33…って、あれ? 「451」じゃない…。逆に華氏451度を換算公式K=9分の5(F+459.67)で計算すると505.92775。四捨五入しなければ「K505=華氏451」となるな…。わかりにくい暗号だ。(6話)
週刊少年WilD 80号 喫茶店で客が読んでいた漫画雑誌。「きのうのぼくのせなか」「バクハツグミ」という作品名が確認できる。(7話)
独立行政法人 行政ネットワーク 朝比奈光流が柴崎に渡した名刺に記載された法人名。住所は「東京都有得内市真遥町100-5」。(7話)
一刀両断レビュー 武蔵野第一図書館の公式サイト内のコンテンツ。業務部の砂川一騎が個人的な私見をもって書いている書評コーナーで、笠原の思い出の本「はじまりの国のさいごの話」も「子供だまし」「支離滅裂」などの激しい論調で扱き下ろされていた。(7話)
図書館未来企画 手塚光の兄である手塚慧が主宰している研究会。(7話)
昇任試験/司長試験 筆記と実技の総合得点で合否が決まる。合格率は約5割。(9話)
すてっぷ通り モデルは武蔵境北口側にある「すきっぷ通り」。(9話)
茨城県立第一図書館 茨城にある現代美術館に隣接する基地付属図書館。無抵抗の会の特別顧問を務める須賀原館長がその権限をもって防衛部を抑え付けており、何年も射撃訓練を行っていない、館長と業務部の許可がなければ武器に使用もできない、食事や入浴は業務部が先など、その立場は全国一低い。業務部90人、防衛部15人の女子においてはことにそのハラスメントは激しく退職者も多い。(10話)
無抵抗の会 資金的に良化法賛同団体と密接に繋がっていた。このことから水戸準基地の図書隊は、メディア良化委員会によって計画的に無力化されたことが発覚した。
県展 茨城県美術展の略称。副題は「日本の未来は茨城から、21世紀の日本に向けて」。日本芸術家連盟、いばらきテレビジョン協賛。
自由 最優秀作品に選ばれた、破れた良化隊の制服を描いた作品。
武蔵境総合病院 堂上と玄田が入院した病院。
オープニングナレーション 6〜10話では各キャラが順番で担当。笠原がツッコミを入れるという構成になっている(10話のツッコミ役は堂上篤)。
第1〜5話:堂上篤/第6話:小牧幹久/第7話:柴崎麻子/第8話:玄田竜助/第9話:手塚光/第10話:笠原郁
WEBラジオ女子寮 アニメイトTVと音泉で配信されたインターネットラジオ番組。パーソナリティは井上麻里奈と沢城みゆき。
WEBラジオ男子寮 アニメイトTVと音泉で配信されたインターネットラジオ番組。パーソナリティは 前野智昭と鈴木達央。
Zoff 本作品はメガネショップZoffとタイアップしている。タイアップ企画として、柴崎麻子のメガネが毎週Zoffの新作メガネをかけて登場し、Zoff東京・表参道本店に併設されたカフェ「ゾファージオ エスプレッソ」では、図書隊の記章に描かれているカモミールを使った期間限定メニューが提供された。
ノイタミナ−NOITAMINA− 「連ドラのようなアニメ」をコンセプトに制作されたアニメで、第1弾として「ハチミツとクローバー」が放送され、今作品はその第13弾。「NOITAMINA」は「ANIMATION」を逆さにした造語で、「アニメの常識を覆したい」という想いに由来する。

■ Amazonで『図書館戦争』の商品を探す