我が家のお稲荷さま。



チバテレビ 2008/04/06〜2008/09/14 毎週日曜日 24:00〜24:30 全24話
テレ玉 2008/04/06〜2008/09/14 毎週日曜日 25:30〜26:00 全24話
tvk 2008/04/07〜2008/09/15 毎週月曜日 25:15〜25:45 全24話
TOKYO MX 2008/04/08〜2008/ 毎週火曜日 25:30〜26:00 全24話
 スタッフ  キャスト
原作 柴村仁
(アスキー・メディアワークス電撃文庫刊)
原作イラスト 放電映像
監督 岩崎良明
シリーズ構成 吉田玲子
キャラクターデザイン 新田靖成
タイトルロゴデザイン HY
美術監督 河合泰利
美術 相原澄子
色彩設計 大旗忍
特殊効果 垣田由紀子
撮影監督 大旗忍
ポストプロダクション ソニーPCL、高木磨、小島起彦
編集 田熊純(アクタス)
編集助手 椎至大(アクタス編集室)
音響監督 高橋剛
音響効果 今野康之(スワラ・プロ)
貝瀬友希(スワラ・プロ)
サウンド・ミキサー 武藤雅人
サウンド・エディター 杣澤佳枝、堀径子
録音スタジオ 整音スタジオ
音響制作 グロービジョン
音響制作担当 森下広人、伊藤映里
音楽 高梨康治
音楽プロデューサー 植村俊一
音楽制作 植村俊一
企画 安田猛
製作 伊藤敦(角川書店)
原田学(角川映画)
酒匂暢彦(クロックワークス)
夏野剛(NTT DoCoMoグループ)
阿佐美弘恭(NTT DoCoMoグループ)
伊豆倉公一(NTT DoCoMoグループ)
製作協力 後藤靖彦(角川書店)
メインプロデューサー 小澤一由
プロデューサー 蜂屋誠一(角川書店)
鈴木智子(角川映画)
武智恒雄(クロックワークス)
原田由佳(NTT DoCoMoグループ)
小湊義文(ソニーPCL)
川崎とも子(ZEXCS)
プロデューサー 湯澤啓幸
アシスタントプロデューサー 立崎孝史
制作プロデューサー 橋本和典
ラインプロデューサー 小澤一由
制作デスク 小磯哲也
設定制作 椙山貴公
協力 山本良、菊谷隆、沼田知己、樋口博規、石沢遼子、風見泰弘、中嶋嘉美、室市剛人、青山秀喜、広川雅人、尾形光広
電撃文庫編集部
電撃文庫MAGAZINE編集部
月刊コミック電撃大王編集部
制作協力 スタジオフラッグ(2話)
A-Line(4,7〜8,10,13〜14,17,19〜20,22〜23話)
I&Sファクトリー(5話)
DANGUN PICTURES(11話)
アニメーション制作 ZEXCS
製作 お稲荷さま製作委員会
 角川書店
 角川映画
 クロックワークス
 NTT DoCoMoグループ
 ソニーPCL
 ZEXCS
オープニングアニメーション
絵コンテ・演出  
作画監督  
原画  
エンディングアニメーション
絵コンテ・演出 岩崎良明
作画監督 新田靖成
原画 橋本貴吉
エンディングアニメーション
絵コンテ・演出 藤本ジ朗
総作画監督 新田靖成
作画監督 柴又十哉
原画 大嶋城次、大西貴子、杉本智子、星和伸、三木佳人、村上真紀、山田裕子
アイキャッチ
作画 石野聡
予告
作画 斉木タロヲ
天狐空幻(女) ゆかな
天狐空幻(男)
2〜3,9,11〜12,15〜16,24話
中村悠一
コウ 早見沙織
高上透 高上昇
高上昇 水島大宙
高上美夜子
4〜5,18話
堀江由衣
恵比寿
2,5,7〜11,19,24話
小野大輔
佐倉美咲
3,6,9〜11,13〜14,16〜17,19,21〜24話
鹿野優以
高上春樹
2,4,6〜7,11〜12,14,20,22〜24話
宮本充
六瓢
7〜9,15〜17,21,24話
水橋かおり
宮部紅葉
6,13,16,21〜24話
伊藤静
大ばば様
1,5,12,24話
定岡小百合
三槌龍彦
1,12,24話
古澤徹
コトジノヌシ
1話
甲斐田裕子
半田隆
2,16,21話
武田華
久保田秋一
2,16〜17話
石川綾乃
光牙
2,5,7,15,19話
櫛田泰道
影牙
2,5,7,15,19話
安齋龍太
映画の女性
2話
本多真梨子
店員
2話
永井孝則
モグカズ
3話
浅野まゆみ
モグツグ
3話
青山桐子
モグゾー
3話
間宮くるみ
杉野
3,9〜10,23〜24話
山中真尋
寺岡
3話
中野大樹
9〜10,13,23〜24話
中野光貴
大塚
3,9〜10,21,23〜24話
藤井啓輔
TVの女性
3話
石川綾乃
テレビの声
3話
櫛田泰道
女生徒
3話
本多真梨子
男子
3話
永井孝則
豆翡翠
4話
小林沙苗
女性ナレーション
4話
武田華
男性ナレーション
4話
藤井啓輔
公園の管理人
4話
櫛田泰道
テレビの女性
4話
本多真梨子
橋姫
5話
久保田民絵
佐倉千晴
6,9,23話
武田華
矢野めぐみ
6,21話
本多真梨子
しおり
6話
石川綾乃
橋本緑
6話
永井孝則
店員
6話
藤井啓輔
拝一刀/拝さん
7〜8,19,21,24話
山口勝平
大五郎
7〜8,19,21,24話
石川綾乃
貝(介虫)
7話
矢部雅史
9話
古澤徹
サラリーマン
9話
櫛田泰道
女の子
9話
本多真梨子
店員
9話
永井孝則
フクロウ
8〜10話
水橋かおり
猫女
11話
宮崎羽衣
甘味処店長
11話
加藤優子
ファーストフード店長
11話
武田華
おばさん
11話
松下こみな
矢口アサミ
女子高生
11話
石川綾乃
本多真梨子
甘味処料理人
11話
安斎龍太
座敷童子
12話
沢城みゆき
くじ引きの係員
12話
石川綾乃
女将
12話
武田華
板前
12話
櫛田泰道
仲居
12話
本多真梨子
射的屋
12話
永井孝則
槐(えんじゅ)
13〜18話
浅川悠
玉燿
13〜15,24話
羽多野渉
16,18,24話
高橋美佳子
イナモチ
13,16〜18話
平田広明
男子生徒
13話
藤井啓輔
山中真尋
お化け屋敷の女性客
13話
石川綾乃
男が化けているオバケ
13話
安斎龍太
バルーンアートの人
13話
永井孝則
女の子
13話
本多真梨子
月読
14〜18話
釘宮理恵
泪羅
14〜18,21〜22,24話
浅野真澄
トミネ
14〜15,18話
置鮎龍太郎
ミヤベ
14〜15話
中野光貴
シメノギ
14〜16,18話
山中真尋
黒猫/黒猫運転手
14,17〜18話
安斎龍太
バトミントン部員
14話
永井孝則
本多真梨子
ナグマ
15,17〜18話
古澤徹
女性
15話
石川綾乃
本多真梨子
人形
15話
武田華
ハルニワ
16話
安斎龍太
アズマ
16,18話
永井孝則
サイノギ
16話
吉田仁美
泥目
17〜18話
藤井啓輔
川島先生
17話
武田華
カップル
17話
永井孝則
本多真梨子
シロ
18話
釘宮理恵
学生(クモ)
19話
中野光貴
おじさん(ブタ)
19話
魚建
若い男(イヌ)
19話
山中真尋
おばさん(ネコ)
19話
新田万紀子
係員
19話
藤井啓輔
主婦
19話
武田華
バイト
19話
永井孝則
女の子
19話
本多真梨子
柳(番頭)
牛山茂
綾(若女将)
20話
久川綾
智美(仲居)
20話
棚田恵美子
源さん(調理人)
20話
稲田実
志賀(カップル)
20話
後藤哲夫
木下(カップル)
20話
木下紗華
武者小路実(作家)
20話
藤井啓輔
有島(大学生)
20話
中野光貴
岸田(大学生)
20話
本多真梨子
倉田(大学生)
20話
石川綾乃
抽選会の係員
20話
永井孝則
橋本緑
21話
永井孝則
清麻呂
22話
龍田直樹
榎本春太
22話
高垣彩陽
狼人間
22話
藤井啓輔
櫛田泰道
安斎龍太
中野光貴
石川綾乃
永井孝則
本多真梨子
女子部員
23話
石川綾乃
本多真梨子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 主題歌
『KI-ZU-NA 〜遥かなる者へ』
我が家のお稲荷さま。OPテーマ
 歌:ヒトミソラ
 作詞:松井五郎/作曲:大川茂伸/編曲:藤田淳平
『風がなにかを言おうとしてる』
風がなにかを言おうとしている
 歌:コウ(早見沙織)
 作詞:松井五郎/作曲:山本健太郎/編曲:梅堀淳
『シアワセの言霊』
 歌:クー(ゆかな)、コウ(早見沙織)、タマ(高橋美佳子)
 作詞:三浦誠司/作曲・編曲:Funta
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
総作画監督
作画監督
第1話
080406
お稲荷さま。封印解かれる
吉田玲子
島津裕行
岩崎良明
新田靖成
渡辺淳
第2話
080413
お稲荷さま。封印解かれる
山田由香
下田正美
浅見松雄
空流辺広子
加藤哲弘
第3話
080420
お稲荷さま。登校する
根元歳三
徳本善信
徳本善信
新田靖成
緒方浩美
仁井学
第4話
080427
お稲荷さま。収穫する
 大知慶一郎
小坂春女
畠山茂樹
烏宏明
中本尚
さのえり
杉藤さゆり
第5話
080504
お稲荷さま。禁忌を侵す
國澤真理子
まついひとゆき
慰斗谷充孝
新田靖成
中野彰子
水川弘理
金沢美愛
斉藤博子
第6話
080511
お稲荷さま。食い倒れる
吉田玲子
徳本善信
徳本善信
島宏明
斉木タロヲ
杉本智子
第7話
080518
お稲荷さま。子狐を抱く
山田由香
高田淳
畠山茂樹
空流辺広子
澤田孝秋
佐藤天昭
第8話
080525
お稲荷さま。探し物する
根元歳三
下田正美
渡部穏寛
鳥宏明
都竹隆治
北村友幸
第9話
080601
お稲荷さま。大立ち回る
大知慶一郎
ウシロシンジ
ウシロシンジ
柴又十哉
大西貴子
氏家嘉宏
第10話
080608
お稲荷さま。裏切る!?
大知慶一郎
えんどうてつや
岡村正弘
烏宏明
織岐一寛
杉藤さゆり
第11話
080615
お稲荷さま。奉公に出る
國澤真理子
佐々木真哉
又野弘道
空流辺広子
小山知洋
第12話
080622
お稲荷さま。旅行する
吉田玲子
徳本善信
 徳本善信
柴又十哉
仁井学
第13話
080629
お稲荷さま。女子高生になる
山田由香
小坂春女
慰斗谷充孝
鳥宏明
中本尚
さのえり
織岐一寛
渡部穏寛
第14話
080706
お稲荷さま。電話をかける
根元歳三
下田正美
浅利藤彰
鳥宏明
佐藤天昭
第15話
080713
お稲荷さま。教会へ行く
根元歳三
ウシロシンジ
ウシロシンジ
空流辺広子
斉木タロヲ
杉本智子
第16話
080720
お稲荷さま。辛抱する
大知慶一郎
徳本善信
徳本善信
柴又十哉
立田眞一
浦和文子
第17話
080727
お稲荷さま。追いかける
國澤真理子
えんどうてつや
渡部穏寛
鳥宏明
都竹隆治
北村友幸
氏家嘉宏
第18話
080803
お稲荷さま。思い出をもらう
山田由香
川崎逸朗
徳本善信
空流辺広子
大西貴子
星野尾高広
第19話
080810
お稲荷さま。芋を焼く
根元歳三
下田正美
岡村正弘
鳥宏明
織岐一寛
杉藤さゆり
第20話
080817
お稲荷さま。再び旅行する
吉田玲子
小坂春女
慰斗谷充孝
鳥宏明
中本尚
北條直明
第21話
080824
お稲荷さま。治療する
大知慶一郎
徳本善信
徳本善信
空流辺広子
仁井学
第22話
080831
お稲荷さま。パーティーにのりこむ
山田由香
えんどうてつや
浅利藤彰
柴又十哉
佐藤天昭
山崎正和
第23話
080907
お稲荷さま。だいえっとする
吉田玲子
川崎逸朗
渡部穏寛
空流辺広子
都竹隆治
北村友幸
渡部穏寛
織岐一寛
第24話
080914
お稲荷さま。初詣に行く
吉田玲子
岩崎良明
徳本善信
新田靖成
斉木タロヲ
杉本智子

※第5話 総作画監督補佐:須永正博、仁井学  ※第9,15話 演出助手:駒屋健一郎
 キャラクターデータ
天狐空幻 三槌家の守り神。やりたい放題の行状が祟って三槌の祠に封ぜられてから数百年を経て、透の危機を救わせるために解封された。一人称は「俺」。人間の姿に化けるが、性別選択は自由(本来の性別は長き年月を生きる間に忘れてしまったという)。透からは「クウちゃん」と呼ばれている。
高上透 11歳。三槌の血に連なる高上家の次男。小学6年生。
高上昇 16歳。高上家の長男で三槌家の当主。透の兄。高校2年生。男子バドミントン部所属。高上家の家事を一手に引き受けており、料理は主婦顔負けの腕前。透と違って潜在的な霊力はほとんどない。天狐とコウが来てからというもの、家計が苦しく難儀している。携帯電話でスーパーの安売り情報をチェックする主婦高校生。体重55kg。恋愛事には疎く、佐倉や宮部にあからさまに想われていながら、ちっとも二人の気持ちに気づかない鈍感振り。
コウ 三槌家に仕える「護り女(まもりめ)」。透と昇のことは「透様」「昇様」と呼んでいる。生真面目で正義感や責任感が強く、こと護り女の技に関しては優秀だが、家事は破壊的に苦手。お茶一杯まともに入れることができないダメッ娘振りで、彼女の失敗が高上家の家計に与えるダメージは大きい。世間知らずも甚だしい。彼女の名前は漢字では「蛟」と書いて「コウ」と読む。体内に蛟を飼っており、感情の高ぶりに合わせて顔や手足に龍閃紋が浮かぶ。
高上春樹 昇と透の父親。バスの運転手。大学時代に出会った美夜子と結婚。妻が他界した後は、残された2人の息子を男手一人で育ててきた。昇たちが空幻や妖怪を連れて来ても一向に動じない度量を持っている。
高上美夜子 昇と透の母親。
恵比寿 鈴ノ瀬地区の土地神。若い青年の姿をしてコンビニを経営している。いつもにこやかな表情で人当たりも良いが、コンビニの売上を上げるために空幻たちを利用したりする腹黒さを持っている。
光牙、影牙 恵比寿の従者。恵比寿が祭られている神社の狛犬。恵比寿には忠実だが、食べ物や女の誘惑に弱く、少々頭も弱い。
六瓢(むびょう) 赤城市の土地神。言葉より先に手が出る。真夏に白いコートにマフラーという出立ちで、両手に狼と羊のパペットを付けている。実は彼女は北海道にいる本物の六瓢の形代で、首から下は人形の身体。マフラーやパペットは肌を隠しすために着けていたものだった。普段は喫茶店でお茶を飲んでいたりする。
佐倉美咲 4組。昇の友達。 女子バドミントン部所属。昇のことが好きだが、気づいてもらえていない。妄想癖があり、わずかな情報から暴走気味な想像を巡らしては自滅してしまう。昇とは別のクラスだが、友達の矢野めぐみに会いに来るという建前で昇のクラスにちょくちょく顔を出している。
宮部紅葉(もみじ) 赤城高校のアイドル的存在の美少女。昇とは1年の時に同じクラスで面識がある。文化祭ではステージで歌を歌った。宮部家は保管係のパトロンをしている。美咲に恋のライバル宣言をした。
拝一刀 住んでいた山が人間に伐り開かれたために住む所を失い、天狐を頼って鈴ノ瀬にやって来た。六瓢の探していた貝を持っていった恩賞として、六瓢の計らいで赤城高校の住み込み用務員として働くことになる。親子共に名無しだったが、『子連れ狼』から天狐が名付けた。
大五郎 拝一刀の息子。まだ子供で人に変化することができない。
シスター槐(えんじゅ) 鬼。赤城高校の近くにある教会のシスター。
玉燿(ぎょくよう) 空幻と同じ天狐。同胞。透から「玉ちゃん」という不本意なあだ名を付けられてしまう。空幻とは気が合う時はつるむし、気が合わない時はつるまないといった仲。
白鬼(びゃっき) 呪符で全身をぐるぐる巻きにされた女の子。白い肌に白い髪で「白ちゃん」と呼ばれている(春樹命名)。唯一無二の角のない白き鬼。生気を吸い取る。その攻撃力の高さに比べ、防御力が極めて低い。一度神族の土地で死んだが、白鬼が死ぬと力場が崩れ、一帯の境界がこじ開けられ、その土地は半永久的に混乱するため、月読の手で蘇生された。白鬼の主食は他の生命体の生気だが、自分では生気を生成できないため、常に腹を減らし、生気を欲している。知能があまり高くなく、事の善悪を判断できないため、「親」と呼ばれる司令塔が必要。目を覚ました時に初めて見た者を「親」と思い込む。
槐(えんじゅ) 鬼たちの頭。鬼たちの復権のために活動している。
月読 神族の保管係。死んだ白鬼を生き返らせるという禁忌を犯したため、未来永劫病を背負うことになってしまっている。泪羅から「班長」と呼ばれている。
泪羅(べきら) 保管係第一班専属呪医。月読の主治医。メガネッ娘元は人間だったらしい。白鬼に刺青を彫ったのも彼女。
 キーワード
美津川(みつかわ)  
鈴ノ瀬 高上家が居を構える土地。土地神は恵比寿。
赤城高等学校 昇が通う公立高校。赤城市。
鈴ノ瀬小学校 透が通う小学校。
赤城市 鈴ノ瀬の東隣にある街。
三槌家 代々水気を守ってきた種族。司祭になった者は短命で、空幻が知る限り30歳まで生きた者はいない。
E,MART 恵比寿が経営しているコンビニ。
羽柴神社 恵比寿が祀られている神社。
バド部 バトミントン部の略称。
スーパーメレンゲ堂 鈴ノ瀬町唯一のスーパーマーケットで、高上家も買い物はほとんどここでしている。(5,7話)
カツノミヤ書店 赤城市にある大型書店で、昇は学校帰りに寄ることもある。(6話)
御霊送り この世と死者の世界との境界をこじ開け、死者の魂を行き来させる禁忌の術。高い呪力を持った者が持てる力のほとんどを費やして行う至難の術。境界が開くと、地脈等の調律が乱れてしまい、神族が力を行使する妨げになるため、この術を行おうとする者は土地神の怒りに触れることになる。かつてこの禁忌を犯した者は、恵比寿に左腕を取られたという。(5話)
厄除けのお守り 第5話で恵比寿が禁忌を犯した天狐への制裁として没収した髪の毛で作ったお守りで、「三槌の空幻狐の毛から作った厄除けのお守り」と称してコンビニのレジ横で売っていた。(7話)
水刃(すいじん) 水に土気を込めて念じることで金気を帯びさせ、さらにその上に木気を込めてカマイタチと化した水の刃。コウが、透の夢の中で介虫を撃退した技で、コウと拝を襲った介虫もこの技を使った。(7話)
サカサエン 木→火→土→金→水の順に巡っている五行相生の循環を逆に辿ることができる秘宝。(8話)
喫茶 赤城茶屋 コウと天狐がバイトをした甘味処。店員は袴。コウは食器を落としまくり、天狐は品物を食べまくって一日でクビになった。(8話)
DOMOハンバーガー コウと男の姿になった天狐がバイトをしたハンバーガー屋。超イケメンの店員がいると女子高生が殺到したが、やっぱりクビに。(8話)
サンステロア教会 槐がシスターをしていた教会。(15話)
鏡返しの術 天狐を閉じ込めた部屋の壁に仕込まれていた術式。インターネット通販で購入したものらしい。(15話)
人間ホイホイ♪ インターネットの闇マーケットで購入した人間の方向感覚を狂わす効果がある術式。価格1万円。昇を閉じ込めた屋敷の壁にくまなく描かれていた。(15話)
霊力も自分たちの土地も持たない流れ者。頭に小さな角が一対生えている。(15話)
保管係 無知な人間や物の怪の手に渡ると危険なものや人間の世にあること自体が危険なものを霊属的に管理する。もしくは封印または処分する。六瓢のサカサエンのように適任者に一任する場合もある。(17話)
呪医 霊的な病状を呪術的手段によって治療する医者。(17話)
泥目(デーマ) イナモチが槐に売った商品。魂はなく、戦う本能だけを吹き込まれた簡易の式神。(17話)
クロネコタクシー 黒猫が運転していたタクシー。空から落ちて来た泥目に潰され、白鬼に消去されてしまった。ナンバープレートは390 あ・185。(16〜17話)
神様'sコミュニティ 神様が書き込む掲示版。(19話)
貧乏神 白い仮面に白いマントが特徴。不幸を齎すわけではなく、幸運を食べてしまうために不幸になってしまう。(19話)
旅館しらかば パンフレットの内容とは裏腹におどろくほどやつれた旅館。ちなみに天狐と昇の2人が泊まったのは「藤袴の間」。(20話)
   
   
   

■ Amazonで『我が家のお稲荷さま。』の商品を探す