Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-



 AT-X 2008/02/03〜2008/07/06 毎週日曜日 24:00〜25:00 全6話(各話1時間)
 スタッフ  キャスト
企画・原作 XEBEC
GENCO
監督 うえだしげる
構成 大野木寛
キャラクター原案 中央東口
キャラクターデザイン 石原満
プロップデザイン 堀たえ子、北田勝彦
サブキャラクターデザイン 堀たえ子(2〜3話)
明珍宇作(4話)
コスチュームデザイン 大洞彰子(2〜6話)
吉沼裕美(4話)
ビジュアルワーク 山岡信一(6話)
タイトルデザイン 東京レクラム
10GAUGE
美術監督 脇威志、近藤由美子
色彩設定 伴夏代
3Dディレクター 三田邦彦
ブラシワーク 桜井英朗
2DCG 中野剛
3DCG キュー・テック(5話)
三田邦彦、上野洋樹(5話)
テロップ 馬場恭子
撮影監督 広瀬勝利
編集 大竹弥生
編集助手 小野寺絵美(ジェイ・フィルム)
ビデオ編集 キュー・テック
有松正泰、深沢美津奈
音響監督 三間雅文
効果 倉橋静男(サウンドボックス)
録音 田上祐二(アオイスタジオ)
効果助手 山谷尚人(サウンドボックス)
録音助手 蜂須賀英幸(アオイスタジオ)
録音スタジオ アオイスタジオ
音響制作 テクノサウンド
嶌村京子
音楽 根岸貴幸
音楽制作 バップ
音楽制作協力 イマジン
企画  
企画協力 鈴木誠二(エスウッド)
プロデゥーサー 紅谷佳和、植田泰生、大澤信博
アシスタントプロデゥーサー 川上竜太郎
製作プロデゥーサー 山崎史紀、二瓶茂人、畠山拓郎
アニメーションプロデゥーサー 千野孝敏
制作デスク 長谷川映子
設定制作 松村ゆかり
3D制作 李相眞(1話)
長井靖之(2〜4話)
システム管理 廣田剛
プロデュース GENCO
制作協力 銀画屋(3話)
南町奉行所(4話)
アニメーション制作 XEBEC
製作 ユグドラシル管理委員会
 VAP
 AT-X
 ショウゲート
 創通
 ジェンコ
オープニングアニメーション
作画監督 石原満、山岡信一、堀たえ子
原画 本橋秀之、大浪太、羽原信義、岡勇一、加藤初重、近岡直、世良悠子,平牧大輔、中野拓也、鶴窪久子、小野和美、内野明雄、武智敏光、松川雅美、岡辰也
エンディングアニメーション
作画監督 石原満
原画 大木賢一、大洞彰子、田島直、花井宏和、尾形雄二、武智敏光、松田雅美、小野和美、竹谷今日子、乗田拓茂
麻生祇燐(あそうぎりん) 能登麻美子
ミミ 釘宮理恵
エイポス
2〜6話
石田彰
前埜光輝(まえのこうき)
1〜3話
檜山修之
榊原保
1〜4話
松本保典
ローラ
1〜2,4〜6話
大原さやか
山之辺沙耶羅
1,3話
田中理恵
前埜輝紀
4〜6話
平川大輔
前埜美汐
5〜6話
名塚佳織
若頭
1話
いずみ尚
中山専務
1話
志村知幸
めがね屋の店主
1話
園部啓一
1話
飯山浩志
森伸
井田国男
ウェイトレス
1話
藤本教子
受付嬢
1話
寒川ほのか
矢作敦
2話
四宮豪
島崎有紀/前埜有紀
2〜4話
鷹森淑乃
島崎省吾
2話
石川英郎
センセイ
2話
小室正幸
女情報屋(グラスホッパー)
2〜3話
笠原留美
矢作淳
2話
四宮豪
2話
廣瀬仁美
清水芳江
3話
寺内よりえ
轟陽子
3話
園崎未恵
喜多井政五郎
3話
宮澤正
メリー
3話
志村和幸
前埜輝紀
3話
加藤英美里
女情報屋・助手/女情報屋
3〜4話
中島絵美
研究員A
3話
松原大典
看護士
3話
渡辺浩司
神山瑠音
4話
生天目仁美
神山克行
4話
上別府仁資
スーさん
4話
松本大
老天使
5〜6話
田中正彦
イヒカ
5〜6話
小山力也
多島桂
5話
川島得愛
尼僧
5話
日野未歩
共助
5話
室園丈裕
ハンナ
5話
増田ゆき
ロナ・クローデル
5話
百々麻子
秘書
5話
杉山大
OL
5話
永木貴依子
岩村琴美
イワン
6話
室園丈裕
秘書
6話
杉山大
女情報屋
6話
永木貴依子
職員
6話
増田隆之
女性
6話
大竹みゆ
門田幸子
藤本教子
 主題歌
『ALSATIA』
ALSATIA/CAUSE DISARRAY
 歌:Galneryus/作詞:YAMA-B/作曲:Syu
『CAUSE DISARRAY』
ALSATIA/CAUSE DISARRAY
 歌:Galneryus/作詞:YAMA-B/作曲:Syu
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
#1
080203
猫は笑わない
大野木寛
うえだしげる
うえだしげる
石原満
#2
080302
天使は啼かない
大野木寛
うえだしげる
うえだしげる
山岡信一、堀たえ子
#3
080406
花は涙を流さない
大野木寛
榎本明広
うえだしげる
赤尾良太郎
#4
080504
幽霊は叫ばない
大野木寛
アミノテツロ
うえだしげる
明珍宇作、山崎正和、松浦力
#5
080601
聖夜は輝かない
大野木寛
うえだしげる
うえだしげる
石原満、高橋晃
石本英治、山岡信一
#6
080706
そして王国の扉へと…
大野木寛
うえだしげる
うえだしげる
石原満、高橋晃、堀たえ子
※第1話 作監協力:前田明寿  ※第2話 作監協力:高橋晃
※第3話 作監協力:金紀杜、崔慶碩、石原満/作画協力:上田久美子、中野仁誠  ※第4話 作画協力:スタジオバベル
※第5話 演出助手;孫承希/作監協力:掘たえ子/作画協力:スタジオダブ、AICスピリッツ
※第6話 演出助手;孫承希/作画協力:スタジオダブ
 キャラクターデータ
麻生祇燐(あそうぎりん) 不死者。外観は20代半ばに見えるが実年齢は不明。麻生祇コンサルティングの経営者。暗器と体術を得意とする。
第4話でジェット機のエンジンに突っ込んでバラバラとなって再生に20年以上もかかり、5年前に海岸に打ち上げられていた。記憶までは完全に再生
ミミ 不死者。外観は10代後半に見えるが実年齢は不明。ロシア人の少女。
エイポス 非時香果を食す存在。宿主の記憶で味が濃くなるという理由で、人に非時香果を与えて不死者にしては、やがてこれを実を奪い取り食す。
前埜光輝(まえのこうき) 新宿で猫探しをしていた燐が、偶然に助けた自分の記憶に実感がもてない男。山之辺沙耶羅によって生み出された前埜光輝のクローン人間。研究所壊滅後は燐に生きるか死ぬかの選択を問われるが、探し物が得意。
前埜輝紀 前埜光輝の息子。東京商業大学経済学部在籍。
前埜美汐(みしお) 前埜輝紀
ローラ プロの殺し屋。燐の殺害を依頼され、1度は殺害に成功するも2度目には燐の反撃を受けて敗北。死の寸前、エイポスによって脳髄のみの状態で不死者にされ、以降サイボーグのボディに脳髄を移植されて生き長らえている。
榊原保 刑事。通称たもっちゃん。
山之辺沙耶羅(さやら) 愛称は「さーや」。青山製薬狭山研究所の所長。専門は細菌で、偶然にある細菌のRNAがヒトのDNAに作用して爆発的に増殖させることを発見し、不老不死の研究をしている。前埜光輝のクローンを作り出し、化学的な方法で脳内データを転写することで前埜光輝のコピーを生み出した。サディスティックな性格で、捉えた燐を拷問にかけて殺した(蘇ったが)。青山製薬の火災で行方不明に。エイボスに非時香果を与えられるが、被験者(失敗作)の群れに襲われ、全身に火傷を負った状態だったため、行動できるようになるまでに20年の歳月を要した。
タジマモリ  
島崎有紀 天使になってしまった兄の省吾を探しており、声をかけてくれた前埜光輝に捜索を依頼。兄は死んでしまうが、その縁で第3話では前埜光輝と結婚して一児をもうけていた。
女情報屋(グラスホッパー) 変態的な嗜好で、代価に燐やミミとの性交を要求する女情報屋。
瑠音(ルオン) 5年前に仮想空間【2.0】に現れたヴァーチャルアイドル。初めはAI搭載だったが、版権フリーだったために3Dデータは誰でも使用できるようになっている。実の父である神山克行に16歳で殺されている。
神山克行 「現代のフォン・ノイマン」と言われ、様々な分野で活躍している男で、ヴァーチャルアイドル瑠音の作者といわれている。
 キーワード
物語の舞台
話数
状況
第1話
1990年
前埜光輝が麻生祇コンサルティングに入社。
第2話
1991年
前埜光輝が麻生祇コンサルティングに入社して約1年後。
第3話
2011年
20年後、前埜光輝は中年になっており、結婚して子供もいる。榊原保はデカ長補佐になっている。
第4話
2025年
14年後、東京都は大震災で大きな打撃を受け、復旧前埜光輝の子の輝紀は大学生になっている。榊原保は大震災で家族を失い、刑事を引退して仮設住宅で一人暮らしをしている。
第5〜6話
2055年
30年後、燐は5年前に海岸に記憶喪失状態で打ち上げられ、今では普通のOLとなっている。前埜輝紀は企業グループのCEOになり、大学生の娘がいる。ミミは京都の尼寺で今八百比丘尼と呼ばれ予言者のようなことをしている。
麻生祇コンサルティング 探偵事務所。
ユグドラシル 世界を司る大樹。天使と不死者にのみ見える。止むこと亡く胞子を飛ばし続け、歴史を記憶し続ける地球のデータベース。
非時香果(ときじくのみ) ユグドラシルから飛ばされる胞子の内、何千万分の一の確率で、男が摂取すれば天使、女が摂取すれば不老不死になる事が生る実で、天使も不死者も実なしでは生きられず、抜き取られると灰と化して崩れ落ちてしまう。
エイポスが言うには、胞子は本来、生命の体を通ることでその生命の記憶を写して地表に落ち、ユグドラシルの根を通して記憶を蓄積するためものであり、非時香果は希に出現するバグ的なものらしい。血を吸った非時香果は赤く染まる。
不死者 非時香果を与えられた女がなる存在。不死となった時の姿から永遠に変わることがなく、その姿を永遠に再生し続けるため、不死者になる前の傷などはそのまま残ってしまう。天使に対し性的に魅了され、その欲求を抑えられなくなる。
天使 非時香果を与えられた男がなる存在。不死者の天敵。超人的な力と背中に赤い6枚の翼を持ち、外見から「天使」と呼ばれている。天使となると理性は失われ、本能のまま行動するようになる。本能とは不死者への性的衝動と食欲で、天使となると不死者を探し出しては抱いて喰い尽くすという行動をはじめる。天使となってからは2〜3週間しか生きることができない。
守人 悠久の昔より代々ユグドラシルを守る天使で、不死者と契り子供が産まれることによりその座を譲り、やがて「ユグドラシルの種」へ取り込まれる宿命を背負っている。
ゲンタ ミミの飼っている犬。メス。不死。
株式会社ウエヤマエステート 表向きは優良中小企業だが、その本質はフロント企業。特に繋がりが強いのは不動産業。(1話)
青山製薬 株式会社ウエヤマエステートと関連がある製薬会社。(1話)
サザーランド切手 シネマ興産社長秘書。麻生祇コンサルティングが新宿在住のオーナー探しを依頼された特殊な切手。1870年サザーランド商会によって発行されたと言われている。全国で数十枚前後しか確認されていない。(2話)
彼岸病 死人島の風土病。記憶障害、妄想がヒドくなり、羨望状態に陥ることになる。共通する幻想して患者は一様に「赤い花が咲く」というようなことを口にする。全身に花のような鬱血が浮かび、これが「彼岸病」の由来である。助からないから「彼岸に行く病」との説もある。感染力は弱い。死人島は戦後GHQの命令により全島民が本土に移住させられ、地殻変動により消滅したとされていたが、実際には今だに存在し続け、米軍の生物兵器工場となっていた。(3話)
クドル 武器を取り扱う組織。メンバーはイービル・アイの紋章を体に刻んでいる。(3話)
【1.0】 現実世界。(4話)
【2.0】 インターネット上の仮想空間。(4話)
【1.5】 大震災後に生きる希望を失った人々が、依存して長時間接続し続け、廃人状態になったり、餓死者が出るなど社会問題となっている。(4話)
イコン 【2.0】で使用される3Dアバター。(4話)
イマース (4話)
プロジェクト・リラダ (4話)
前埜グループホールディング 前埜輝紀がCEOを勤める企業グループ。(5話)
James & Will 燐が斉藤珠樹という名前で勤めていた企業。(5話)
ムネモシュネ ギリシア神話に登場する「記憶」を神格化した女神。

■ Amazonで『Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-』の商品を探す