マクロス FRONTIER



 TBS 2008/04/04〜2008/09/26 毎週金曜日 25:55〜26:25 全25話
 スタッフ  キャスト
原作 河森正治、スタジオぬえ
総監督/ストーリー構成
バルキリーデザイン
河森正治
監督 菊地康仁
シリーズ構成 吉野弘幸
キャラクターデザイン 江端里沙、高橋祐一
メカニックデザイン 石垣純哉、高倉武史
バルキリーデザイン 河森正治
コンセプチュアルデザイン 宮武一貴
モニターグラフィックス 笹倉逸郎、HIBIKI
メカニカルアート 天神英貴
美術設定 塩澤良憲、平澤晃弘
セットデコレーター BRUNET STANISLAS
娘々CMデザイナー 都田崇之
タイトルデザイン 鎌田誠(ガロプロダクション)
美術監督 吉原俊一郎
色彩設計 中山久美子
色彩設計補佐 竹澤聡
CGIディレクター 高橋将人、原田丈、井野元英二
CGIテクニカルディレクター 八木下浩史
CGIプロデューサー 橋本トミサブロウ
CGIデザイナーチーフ 町田政彌、森野浩典
メインバルキリーモデリング 池田幸雄
ビジュアルエフェクト 笹倉逸郎
撮影監督 高橋なおみ
編集 定松剛
ビデオ編集 菊地美和
ビデオ編集補佐 深沢美津奈
編集スタジオ キュー・テック
音響監督 三間雅文
音響効果 倉橋静男
音響効果助手 山谷尚人(サウンドボックス)
録音調整 内田誠
録音助手 林淑恭(アオイスタジオ)
山口博美(トライスクルスタジオ)
録音スタジオ アオイスタジオ
トライスクルスタジオ
音響制作 テクノサウンド、嶌村京子
音楽 菅野よう子
音楽プロデューサー 佐々木史朗、太田敏明
音楽制作 flyngDOG/JVCエンタテインメント
ボーダーライン
音楽ディレクター 井上裕香子
企画協力 笹川健二
エグゼクティブプロデューサー 大西加紋、竹田菁滋、国崎久徳、佐藤道明
プロデューサー 平井伸一、諸冨洋史、丸山博雄、長谷部大樹
アソシエイトプロデューサー 里吉純
アシスタントプロデューサー 渋谷俊子、松家雄一郎、松井千夏
アニメーションプロデューサー 葛西励
制作デスク 小菅秀徳
設定制作 村井美紀
スペック設定 千葉昌宏
編成 藤井睦子
作画協力 飯田文乃
アルバム制作 杉田萌(24話)
予告協力 齋藤あずさ(24話)
制作協力 スタジオライン(5話)
KMU(6話)
スタジオガゼル(11,16,23話)
アクタス(17話)
横田守(18話)
Avalon Media Suplly(24話)
制作担当 横田守(5話)
アニメーション制作 サテライト
製作 ビックウエスト
マクロスF製作委員会
毎日放送
オープニングアニメーション( 1〜16,19話)
絵コンテ・作画監督 高橋裕一
演出 間島崇寛
原画 入江篤、江端里沙、小倉典子、岸田隆宏、窪岡俊之、鈴木信吾、佳本悦子、関口雅浩、高橋裕一、戸倉紀元、松本憲生
CGIデザイナー 高橋将人、町田政彌、畑秀明、鈴木洋平、長嶺義則
オープニングアニメーション(17話)
デザイナー 竹内康晃
協力 I was a balierina co.ltd.
振付け 佐々木洋平(PaniCrew)
オープニングアニメーション(18〜24話)
絵コンテ 黒河影次
演出 田中孝行
作画監督 高橋裕一
原画 東出太、室谷幸稔、丸藤広貴、横田守
CGIデザイナー 高橋将人、町田政彌、畑秀明
ビジュアルエフェクト 笹倉逸朗
エンディングアニメーション(1,7話)
CGIデザイナー 八木下浩史
エンディングアニメーション(2〜6,8〜9,,13話)
デザイナー 笹倉逸朗
エンディングアニメーション(11話)
デザイナー 高橋なおみ
イラスト 高橋裕一、江端里沙
エンディングアニメーション(16〜18,22〜24話)
スタッフ てる坊主
  猪又匠、佐々木政広、東なだ雄、天谷裕樹、下平章
八木下浩史
衣装協力 BALDEAUX
振り付け Junko☆(GALAXXXXY★)
エンディングアニメーション(21話)
デザイナー 高橋なおみ
イラスト 江端里沙
アイキャッチ
デザイナー 高橋なおみ(2,6話)
八木下浩史(3〜5話)
齋藤めぐみ(8,11,13,18〜19話)
佐藤洋(9,12,16話)
石川寛貴(10.14話)
韓東潤(17話)
守田なつ子(21話)
早乙女アルト 中村悠一
ランカ・リー 中島愛
シェリル・ノーム 遠藤綾
オズマ・リー
1〜25話
小西克幸
ミハエル・ブラン
1〜4,6〜14,16〜20話
神谷浩史
ルカ・アンジェローニ
1〜14,16〜25話
福山潤
グレイス・オコナー
1〜3,6〜25話
井上喜久子
キャサリン・グラス
1〜8,10〜25話
小林沙苗
ハワード・グラス大統領
1〜2,6〜7,9,11〜12,14〜16,18〜20話
西村知道
ジェフリー・ワイルダー艦長
1〜4,6〜7,12,14,16〜18,20〜25話
大川透
クラン・クラン
4〜5,7,9,11,13〜14,16〜25話
豊口めぐみ
松浦ナナセ
1〜2,4〜6,8〜13,16〜17,19〜20,25話
桑島法子
レオン・三島
1〜25話
杉田智和
ボビー・マルゴ
1〜4,6〜7,9〜10,12,14,16,18〜25話
三宅健太
モニカ・ラング
2〜4,6〜7,12,14,16〜25話
田中理恵
ミーナ・ローシャン
2,4,6〜7,10,12,14,16〜22,24〜25話
平野綾
ラム・ホア
2,4,6〜7,10,12,14,16〜22,24〜25話
福原香織
カナリア・ベルシュタイン
3,7,9,16,18,21〜22,24〜25話
桑島法子
ブフラ・スターン
7,9〜10,13〜25話
保志総一朗
ナレーション 大川透
ヘンリー・ギリアム
1話
大原崇
ケータイ君
1,4〜5話
金野潤
パイロット
1話
柿原徹也
館内放送
1話
大村香奈子
ダンサー
1話
足立友
福原香織
女生徒
1話
西野陽子
スタッフ
1話
坂熊孝彦
オペレーター
2話
足立友
男子生徒
2話
坂熊孝彦
3話
金野潤
3話
西野陽子
委員長
4話
松尾大亮
エルモ・クリダニク
5,8〜11話
大川透
ウィラン大尉
5話
松尾大亮
女子生徒A
5話
福原香織
女子生徒B
5話
西墻由香
電話メッセージ
5話
西野陽子
ステージ監督
6話
稲田徹
パイロット
6話
松尾大亮
記者
6話
金野潤
ダルフィムオペレーター
7話
松尾大亮
リチャード・ビルラー
7,15〜16,23〜24話
宮澤正
徳川一郎/徳川喜一郎
8,16話
稲田徹
あい君
8,11,25話
佐々木日菜子
三島の部下
8話
金野潤
生徒
8話
松尾大亮
坂川孝彦
西野陽子
ネネ・ノーラ
9話
平野綾
記者A
9話
金野潤
記者B
9話
坂川孝彦
新統合軍パイロット
9話
松尾大亮
サラ(ミランダ・メリン)
10話
田中理恵
監督(ジョージ山森)
10話
坂口候一
助監督
10話
稲田徹
音楽P
10話
四宮豪
秘書
10〜11話
金野潤
スタッフ
10,12話
松尾大亮
早乙女矢三郎
11,18,19,23〜24話
野島裕史
早乙女嵐蔵
11,24話
三宅健太
テムジン
12話
金野潤
隊長(オゴタイ少佐)
12話
稲田徹
副長
12〜13話
麻生智久
ランシェ・メイ
13〜14,19,23,25話
坂本真綾
レーダー手
13話
金野潤
ララミア・レレニア
14話
大村歌奈
幕僚
14話
稲田徹
オペレーター
14,16,18,21〜22,24〜25話
足立友
パイロット
14話
金野潤
老人
15話
麻生智久
中年
15話
稲田徹
青年
15話
金野潤
少女
15話
福原香織
女医
15話
日野未歩
キャスター
15話
佐々木日菜子
教師
16話
金野潤
新統合軍パイロット
17話
金野潤
整備員
17話
中西尚也
ニュースキャスター
18話
川瀬晶子
店主
18話
金野潤
キャスター
19話
金野潤
ブレラ(少年時代)
19,23〜24話
佐々木日菜子
店員
19話
我妻正崇
エディの父
20話
四宮豪
SP
20話
金野潤
女子高生
20話
佐々木日菜子
20話
松尾大亮
将校
21話
金野潤
マルヤマ准尉
22〜25話
三戸耕三
秘書官
22話
金野潤
22話
麻生智久
議員
23話
金野潤
アスカ艦長
24話
稲田徹
オペレーター
24話
金野潤
老人
25話
稲田徹
中年
25話
金野潤
青年
25話
佐々木日菜子
 主題歌
『トライアングラー』 (1〜16話)
トライアングラー
 歌:坂本真綾
 作詞:Gabriela Robin/作曲・編曲:菅野よう子
『アイモ』 (1,7話)
 歌:ランカ・リー(中島愛)
 作詞:Gabriela Robin/作曲・編曲:菅野よう子
『ダイアモンドクレバス』 (2〜6,8〜9,13〜14,20話)
ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late
 歌:シェリル・ノーム starring May'n
 作詞:hal/作曲・編曲:菅野よう子
『アイモ〜鳥のひと』 (10話)
 歌:ランカ・リー(中島愛)
 作詞:Gabriela Robin、坂本真綾/作曲・編曲:菅野よう子
『ねこ日記』 (11話)
星間飛行
 歌:ランカ・リー(中島愛)
 作詞:一倉宏/作曲・編曲;菅野よう子
『愛・おぼえていますか』 (12話)
 歌:中島愛
 作詞:安井かずみ / 作曲:加藤和彦 / 編曲:菅野よう子
『ダイヤモンド・クレパス50/50』 (15話)
 歌:ランカ・リー(中島愛)
 作詞:hal/作曲・編曲:菅野よう子
『ノーザンクロス』 (16〜18,22〜24話)
ライオン
 歌:シェリル・ノーム starring May'n
 作詞:岩里祐穗/作曲・編曲:菅野よう子
『星間飛行』 (17話)
星間飛行
 歌:ランカ・リー(中島愛)
 作詞:一倉宏/作曲・編曲;菅野よう子
『ライオン』 (18〜24話)
ライオン
 歌:シェリル・ノーム、ランカ・リー(中島愛)
 作詞:一倉宏/作曲・編曲;菅野よう子
『トライアングラー』 (19話)
トライアングラー
 歌:坂本真綾
 作詞:Gabriela Robin/作曲・編曲:菅野よう子
『蒼のエーテル』 (21話)
 歌:ランカ・リー(中島愛)
 作詞:坂本真綾/作曲・編曲:菅野よう子
『トライアングラー(fight on stage)』 (25話)
 歌::ランカ・リー(中島愛)、シェリル・ノーム(May'n)
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
#01
080404
クロース・エンカウンター
吉野弘幸
菊池康仁、河森正治
田中孝行
高橋裕一、江端里沙
#02
080411
ハード・チェイス
吉野弘幸
河森正治、菊池康仁
松田清
関口雅浩、猪狩崇
#03
080418
オン・ユア・マークス
吉野弘幸
阿保孝雄
阿保孝雄
藤川太
#04
080425
ミス・マクロス
吉野弘幸
赤根和樹
間島崇寛
江畑諒真
#05
080502
スター・デイト
吉野弘幸
菊地康仁
福田貴之
丸藤広貴
#06
080509
バイバイ・シェリル
吉野弘幸
田中孝行
土屋日
三浦珠美
#07
080516
ファースト・アタック
吉野弘幸
河森正治
松田清
大籠之仁
#08
080523
ハイスクール・クイーン
吉野弘幸
原博
金澤洪充
鈴木信吾、山中正博
#09
080530
フレンドリー・ファイア
吉野弘幸
鹿島典夫
鹿島典夫
KIM YONG-SIK
#10
080606
レジェンド・オブ・ゼロ
吉野弘幸
阿保考雄
間島崇寛
小倉典子
#11
080620
ミッシング・バースデー
吉野弘幸
原博
政木伸一
和田伸一
#12
080627
ファステスト・デリバリー
吉野弘幸
田中孝行
田中孝行
藤川太
#13
080704
メモリー・オブ・グローバル
吉野弘幸
松田清
松田清
大龍之仁
#14
080711
マザーズ・ララバイ
吉野弘幸
鹿島典夫、河森正治
鹿島典夫
KIM YONG-SIK
#15
080718
ロスト・ピース
吉野弘幸
河森正治
間島崇寛
小倉典子
#16
080725
ランカ・アタック
吉野弘幸
原博
古川政美
和田伸一
#17
080801
グッバイ・シスター
吉野弘幸
阿保考雄
奥野耕太
相坂ナオキ
#18
080808
フォールド・フェーム
吉野弘幸
福田貴之
福田貴之
KIM YONG-SIK、丸藤広貴
#19
080815
トライアングラー
吉野弘幸
田中孝行
田中孝行
入江篤、塚原元
#20
080822
ダイアモンド・クレバス
吉野弘幸
殿勝秀樹、河森正治
松田清
大塚八愛、大籠之仁
#21
080829
蒼のエーテル
吉野弘幸
殿勝秀樹、河森正治
鹿島典夫
関口雅浩、KIM YONG-SIK
#22
080905
ノーザン・クロス
吉野弘幸
阿保考雄
阿保考雄
小倉典子
#23
080912
トゥルー・ビギン
吉野弘幸
福田貴之
古川政美
和田伸一
#24
080919
ラスト・フロンティア
吉野弘幸
菊池康仁
福田貴之
丸藤広貴
#25
080926
アナタノオト
吉野弘幸
河森正治
間島崇寛
松田清
高橋裕一
※第3,6話 作画監督補佐:大塚八愛  ※第10話 脚本協力:大野木寛/special thanks:MACROSS ZERO ALL STAFF
 キャラクターデータ
早乙女アルト 17歳。美星学園高等部航宙科パイロット養成コース所属。歌舞伎は18世早乙女嵐蔵の長男。10歳で初舞台。20055年に美星学園中途部演劇部に入学するも、高等部進学と共に航宙科に転科。成績は次席の優等生。紙があると飛行機を折って飛ばす手癖がある。第16話で少尉に昇進。母親の美代は彼が12歳の頃に他界。S.M.S.に入隊(第7話時点での階級は准尉、第15話で少尉に昇進、第23話では中尉に昇進)。
ランカ・リー 15歳。2043年4月29日生まれ。身長150cm、体重42kg、血液型O型。Social Security Number:624-31-9124。ゼントラーディとのクオーター。感情の変化に合わせて頭髪が動く。娘々で働いている。11年前にバジュラによって壊滅させられた第117次大規模調査船団の生き残りで、肉親をすべて失っており、その時のショックから解離性健忘症(ディソシエイティブ・アムネジア)になっている。そのため災害当時の記憶がなく、親しい人間の死や怪我に直面すると記憶がフラッシュバックし錯乱状態に陥ってしまう。オズマが苦労してお嬢様学校に通わせていたが、芸能事務所に所属して仕事をするようになったために、美星学園の芸能コース1年に試験を受けて転入。映画『鳥の人』のマオ役及び主題歌で一躍「「超時空シンデレラ」」と呼ばれてスターダムのし上がった。
シェリル・ノーム 17歳。ストロベリーブロンド。ギャラクシー・ネットワークにて絶大な人気を博し、「銀河の妖精」と呼ばれるギャラクシー船団出身のトップアイドル歌手。発信器がインプラント(フロンティアでは違法)されていて所在地がわかるようにしてある。ツアーで訪れたフロンティアで、自分を芸能人扱いしないアルトと出会い惹かれていく。孤児で顔も知らない母の形見のイヤリングを幸運のお守りだと言って大事にしていたが、片方をアルトに預ける。ツアーを終えてギャラクシーに帰る予定が、バジュラによる襲撃でギャラクシー船団の所在が不明となったため、突如、美星学園のパイロットコースに転入。幼少時にスラム街でグレイス・オコナーに拾われた孤児だが、実はDr.マオ・ノーム(『マクロスゼロ』の登場人物)の娘。
ミハエル・ブラン 愛称はミシェル。階級は少尉。メガネ。幼少の頃に両親を亡くし、年の離れた姉ジェシカ(2032〜2055)に育てられた。ジェシカは優秀なスナイパーだったが、ある作戦で味方を撃ってしまい、それが浮気相手であったことと別れ話でもめていたことから、軍法会議にかけられた挙げ句に自殺。大事な人が死ぬという過去の体験から、本当の恋に臆病になり、プレイボーイを気取って割り切った恋に徹していたが、実はクラン・クランへの想いを心に秘めていた。名前の由来はファッションブランド「ミッシェルクラン」からと思われる。
ルカ・アンジェローニ ナナセに惚れている。マイクロマシーンからホールド機関まで扱う大企業LAIの御曹司。LAI技術開発部特別顧問。新統合軍ではできない新型機や兵器の実験データ収集と性能評価試験をするためにSNSに所属している。自分の愛機や開発したメカに聖書系の名前を付ける。
松浦ナナセ メガネッ娘。ランカの娘々でのバイト仲間。ランカから「ナナちゃん」と呼ばれている。巨乳。絵が得意で、衣装デザインなどで参加。美術課。
オズマ・リー少佐 S.M.Sスカル小隊隊長。ランカの義兄。元新統合軍所属のエースパイロットだが、ランカを心配させないために、人事課の事務職に転属したと嘘をついていた。11年前のバジュラ襲撃でランカの家族を守れなかった禍根から、彼女を引き取り妹として養育している。携帯電話は印籠型。
クラン・クラン大尉 S.M.S.ピクシー小隊隊長。大学生。任務時にはゼントラーディ人の姿で活動するが、任務時以外はマイクローン化して生活している。マイクローン化すると何故か子供の姿になってしまう。ミシェルとは幼馴染み。ミシェルのことが好きだが、臆病になっていて想いを表に現すことができずにいる。軍人になるのは一族の伝統だったために疑問も持たずにS.M.S.に入隊した。名前の由来はファッションブランド「ミッシェルクラン」からと思われる。
ジェフリー・ワイルダー艦長 マクロス・クォーターの艦長。
ボビー・マルゴ大尉 S.M.S.総舵手。伝説のメーキャップアーティスト。
グレイス・オコナー シェリルのマネージャー。インプラントで視覚データを記録できるようにしてある。インプラント・ネットワーク理論を考案した科学者で、自らの理論とバジュラのゼロタイムフォールド通信を組み合わせれば、世界を変えられる
ハワード・グラス大統領 新統合政府大統領。キャシーの父。フロンティア船団の行政を司っている。
レオン・三島 新統合政府大統領府首席補佐官。
キャサリン・グラス中尉 2036年12月26日生まれ。愛称はキャシー。レオンの婚約者。オズマの元恋人。第8回ミス・マクロス・フロンティアで準ミスに選ばれた美人。新統合軍幕僚本部の命令で着任。一級の管制免許を持つ。
カナリア・ベルシュタイン中尉 S.M.Sスカル小隊所属。重可変爆撃機VB-6。医師免許を持ち、平時は衛生兵として勤務。エディという息子がいる。
エルモ・クリダニク フォルモでのランカのパフォーマンスを見てスカウトしたプロモーター。芸能事務所
ブフラ・スターン マクロス・ギャラクシーアンタレス小隊所属。階級は少佐。コードネームだろうか、「パープル1」と呼ばれている。
モニカ・ラング S.M.S.のオペレータの一人。艦長に想いを寄せている。ナビゲーション担当。
ミーナ・ローシャン S.M.S.のオペレータの一人。褐色の肌に紫の髪のメガネッ娘。宇宙工学の勉強をするためにS.M.S.に入隊。
ラム・ホア S.M.S.のオペレータの一人。解析担当。
早乙女矢三郎 18世早乙女嵐蔵の一番弟子で、アルトの兄弟子であるためアルトからは「兄さん」と呼ばれている。襲名筆頭の実力者でありながら、アルトの才能に惚れており、アルトを歌舞伎の世界に戻したいと考えている。
リチャード・ビルラー S.M.S.のオーナー。運輸業で財と名を成した人物で、S.M.S.はその護衛組織に端を発している。
 キーワード
西暦2059年 物語の舞台設定年代。
ちなみに第1話のシェリルの来艦コンサート初日が2059年4月2日。第11話のアルトの誕生日が同年6月21日。第17話のランカのリベンジ1stコンサートが同年8月15日。
マクロス・フロンティア 銀河播種計画の第25船団。本島となるアイランド1を中心に、居住艦、農業リゾート艦、工業艦などから成る第五世代型巨大移民船団。バイオプラントを採用し、大気や水、全ての物質が船内で循環し、有機物の一片までもが無駄なくりようされることで最小限の補給で長距離の航行を可能とする設計となっている。法律では17歳で成人。フロンティア大統領府、フロンティア行政府などの行政機関が存在する。
美星学園高校 伝統文化や技術の習得、継承を主眼に置いたフロンティアきってのスペシャリスト養成校。設置されているのは芸能科、総合技術科、情報科、航宙科など8コース。すべてが完全単位制を取っており、所属している学科、学年とは別に任意の教養科目クラスに所属することになる。
CTC  
新統合軍 VF-171のコールサインは「ダイヤモンドリーダー」。
S.M.S. Strategic Military Services。民間軍事プロバイダー。
マクロス・クォーター コールサインは「デルタ1(ワン)」。
バルキリー ヴァリアブル・ファイター。主力戦闘機。
形式番号
備考
VF-25
試作戦闘機YF24を、マクロス・フロンティアの先端企業LAIが独自に発展開発させた性能評価中の機体。
VF-27
ギャラクシー所属の機体。ブレラ機のコールサインは「パープル1」。
VF-25S
オズマ機。コールサインは「スカル1(スカルリーダー)」。
VF-25G
ミハエル機。コールサインは「スカル2」。
RVF-25
ルカ機。コールサインは「スカル3」。
VF-25F
アルト機。コールサインは「スカル4」。
VF-171
 
VF-171EX
VF-171にキャノン砲とMDE弾搭載ミサイルランチャーを装備したタイプ。アルト機のコールサインは「サジタリウス1」。
クァドラン・レア ピクシー小隊の搭乗機体。
ケーニッヒモンスター カナリア・ベルシュタイン中尉の乗る機体。形式番号はVB-6。カナリア機のコールサいnは「ラビット1」。
EX-ギア(エクスギア) バルキリーにはギアの動きをトレースさせる「コネクトスレイヴ」機能もある。
S.M.S.スカル小隊 オズマ・リー少佐が隊長を務める小隊。
S.M.S.ピクシー小隊 クラン・クラン大尉が隊長を務める小隊。隊員はネネ・ローラ、ララミア・レレニア。
バジュラ 19年前に初めてその存在が確認された謎の生物兵器。11年前には第117次大規模調査船団を襲い殲滅させた(公式発表ではフォールド断層事故とされている)。外格はバルキリーと同じエネルギー転換装甲で、単体にてフォールドが可能、ミサイル様の物体を個体内で漸次生産し続けるが、それを制御する脳が存在しない。
一個体が受けた損傷情報は群全体に蓄積され、新たな個体にフィードバックされるため、ある程度繰り返し攻撃を受けるとやふぁてその攻撃手段は通用しなくなる。
フォールド波を放つ腸内細菌のネットワークで情報伝達を行う。そのネットワークはバジュラの群れ全体にも拡大され、一個体が一つのシナプスのような位置付けになっている。
スペース・フォールド 人類の銀河進出を可能にした夢の超空間航行。フォールド断層と呼ばれる障害や、距離に伴う幾何級数的なエネルギー消費の増加というリスクも存在する。
シェリルのイヤリング マオ・ノームがシャリルに与えたイヤリングで、『マクロスゼロ』のBlueray Disc版第1巻では、伏線とするためにノーム姉妹が言い争う場面で、写真立ての前に描き加えられている。
娘々(ニャンニャン) ランカがアルバイトをしている中華料理店。
あい君 ランカの部屋のあい君用の籠には「愛KUN」と記載されていた。ランカが拾って飼っている謎の生物。勝手に飼うことは禁じられていて、見つかると生態系保護法違反で強制ボランティア処分になってしまう。
ベクター・プロモーション ランカが所属することになった芸能事務所。
マクロス・ギャラクシー フロンティアに先立つこと数年前に旅立った21番目の巨大移民船団。大企業が企画立案し、先進技術を惜しみなく投入したギャラクシーは、大航海の間にも技術発展を続け、サイバネティクスやインプラント技術など他に類を見ない高度なテクノロジーを持つ船団となった。密閉式のケミカルプラント採用。バジュラの大軍の襲撃を受けて壊滅。
ケータイ君 ランカの持っている緑の生物型携帯電話。電源を切ると死んだようにぐったりしたり、ディスクを丸飲みして音楽プレイヤーとなり、両腕を伸ばしてステレオイヤホンになるなど多機能。モデルはオオサンショウウオ。
「突撃ラブハート」 オズマが車の中でかけていた『マクロス7』のFIRE BOMBERの名曲。(2話)
助六由縁江戸桜 街のビルに飾られていた18世早乙女乱造の公演の巨大広告。(3話)
ミス・マクロス・フロンティア ランカが参加するも敢えなく落選。出場が学校にバレて停学になってしまう。(3話)
「私の彼はパイロット」 ランカがミス・マクロス・フロンティア・コンテストで歌った歌。大分アレンジ(保刈久明、菅野よう子)されているが、まぎれもなく『超時空要塞マクロス』のリン・ミンメイの名曲。(4話)
バジュラの絵 おそらくクラン・クランが描いたと思われる絵。「Kill」「(・д・)<チネ」「(・▽・)つ (∪)」などの他、ゼントラーディ文字で「TINKO」「UNKO」、さらに巻きグソの絵まで描かれている。
フォルモ ゼントラーディモール。ゼントラーディがマイクローン化しない姿のまま楽しむことができるショッピングモール。(5話)
S.M.S.入隊契約特例B項 S.M.S.が主契約を結ぶ政府が、戦争、もしくはそれに準ずる状態となった場合、命令拒否権および危険修了までのの脱退の自由を喪失する。(6話)
マクロスキャノン 重量子反応砲。
サムソン ルカが自分のEXギアにつけていた名前。(8話)
銀河の妖精、故郷の為に銃を取る シェリルがS.M.S.の協力で撮影しているドキュメンタリー番組。(9話)
ねこ日記 ランカのデビュー曲。(9話)
パープル1 ブフラ・スターンの搭乗機体のコールサイン。『マクロスゼロ』の冒頭で主人公工藤シンのコールサインとして使われていたものと同じ。(9話)
鳥の人 ランカがマオ役で出演し、一躍人気者となった映画。ストーリーは『マクロスゼロ』(コンテもほぼまんま)。ジョージ山森監督(モデルは河森正治と思われる)は第9話でランカがティッシュ(PVディスク入)配りをしているシーンに登場し、ティッシュを受け取っている。(10話)
ガリア4 シャリルが慰安公演に赴いた惑星。人類が呼吸できる大気はあるが、公転周期と自転周期が一致しており、赤色惑星であるガリア1に常に同じ面を向けているために昼の面と夜の面の温度差が激しく居住には適さない。派遣されているのは統合軍第33海兵部隊。(11話)
第33海兵部隊 ゼントラーディー第一次星間大戦の際に真っ先に人類に味方についたゼントラーディーの末裔と、大戦後に仕方なく人類に下ったゼントラーディーの末裔が常に歪み合っていて隊として機能していない新統合軍の鼻つまみ者。(11話)
83-603-8562 アルトの電話番号。(11話)
639 WITCH CRAFT グレイスがシェリルに与えていた薬。V型感染症(血液・体液感染型で余程のことがない限り人には移らない)の対症療法薬として期待されている受容体ブロッカー。根治性は期待できないが症状を緩和する。ただし、引き換えに発熱や嘔吐、悪寒といった副作用がある。
「639」は『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』 の「ミリア639」が元ネタと思われる。(12話)
AMPBOOSTSYSTEM ミシェル機が搭載していたサウンドシステム。おそらくLAL製。(12話)
グローバル 第一世代型マクロス級4番間。第117次調査船団の旗艦。(13話)
ディメンション・イーター (13話)
シオン、ヨハネ、ペテロ RVF-25(ルカ機)に付随する3機の無人攻撃機(専用ゴースト)の名称。(14話)
リトルクィーン (14話)
オペレーション・カニバル フェアリー9の銀河横断ツアーという形で開始。先行する18ヶ月の調査で作戦対称として第25船団マクロス・フロンティアが選定され、ツアーの最終公演地としてスケジューリングされた。選定の主な理由は環境の揺らぎに弱いバイオプラント船であること、そして最近では珍しくインプラントとサイボーグが禁じられていたこと。さらには船団の予定進路が作戦目的に最適だったため。付帯要素として11年前に死亡したと考えられていたコードQ1がこの船で生存しているらしいことも考慮されたが、この時点での優先度は低かった。
作戦進行に従い、バジュラ対フロンティアの戦端は開かれるも、S.M.Sの戦力を低く見誤っていたことなどから、この時点での作戦の目標達成率は72%。さらに第二次防衛戦でコードQ1の存在が確定されたために作戦は大幅な修正を図られた。 (15話)
プロジェクト・フェアリー オペレーション・カーニバルに連なるフェアリー9の作戦名。失敗と判断されて破毀される
フェアリー9(ナイン) オペレーション・カーニバルにおけるシェリル・ノームのコードネーム。(15話)
コードQ1(キューワン) オペレーション・カーニバルにおけるランカのコードネーム。(15話)
ランカ・アタック 特殊なフォールド波を出すランカの歌をバジュラに聞かせる作戦名。(16話)
フォールド・クォーツ バジュラの体内にのみ生成される物質。紫の水晶体で、シェリルのイヤリングや、ミスタービルラーの指輪に使われているもので、レオンがグレイスから受け取っていたのも同じ物質。(16話)
シンデレラの角笛 マクロス・クォーター。ルカ発案の作戦名。(18話)
アイモ記念日 ランカの歌による第七次超長距離フォールドの成功を記念して制定された祝日。(19話)
バトル・フロンティア  
LDイーター フォールド・クォーツの波動特性を解析して作った新型弾。ディメンション・イーターを汎用・小型化したもの。(19話)
MDE弾 バジュラの死骸から抽出したフォールド鉱石の微粒子を使用した新型ミサイル。(21話)
マクロス・クォーター  
第117次大規模調査船団 11年前にバジュラの強襲を受けて壊滅した船団。団長はDr.マオ・ノーム(プロトカルチャー研究の第一人者で「鳥の人」でランカが演じたマオ本人)。(24話)
フォールドクォーツとインプラント技術による超時空ネットワークの可能性について グレイス・オコナーの論文草稿のタイトル。自ら提唱したインプラントネットワーク理論(おそらくインプラントにより個人の人格や知識を広大なネットワークと接続できるという構想で、簡単に言えば「電脳」ということになろうと思われる)に、バジュラの持つゼロタイムフォールド通信(フォールド波を利用することで、フォールド断層にも影響を受けずにタイムラグなしで行える通信手段)を組み合わせることで可能となるであろう、全宇宙的な規模のネットワーク構想。(24話)
Your Grand Daughter,Sheryl グローバル船内にあった写真に書かれた文字。(24話)
バトル・ギャラクシー (25話)
ゴーストV9(ブイナイン) 人工知能による自律制御を行う無人戦闘機。『マクロスプラス』に登場した試作機のゴーストX9の正式採用機と思われる。人工知能の暴走などの危険要素があるために採用が見送られたハズだが…。(25話)
ユダシステム 自律AIシステム。モニターには「AUTNOMY」と表示されたが、「AUTONOMY」の誤植かとも思われるが、誤植ではなく「AUTNOMY」は誤表記が定着して使われるようになった単語だとも…。(25話)
マクロスF ギャラクシーツアーFINAL 2008年10月13日にパシフィコ横浜国立大ホール、同年10月22日に大阪厚生年金会館大ホールの2会場にて行われたライブコンサート。
マクロスF ギャラクシーツアーFINALこんなサービスめったあにしないんだからね in ブドーカン☆ 2008年11月5日に日本武道館で行われたライブコンサート。出演は菅野よう子、May'n、中島愛の他、中村悠一、神谷浩史、三宅健太が登場して役になりきってランカ・リーを応援にきたという態で中島愛との掛け合いを演じ、さらに坂本真綾が「トライアングラー」を披露。さらにさらに河森正治総監督他井上喜久子や豊口めぐみたちスタッフ・キャスト陣も応援に現れた。
RADIO MACROSS 2008年1月より3月まで文化放送とMBSラジオにて放送されたラジオ番組で、インターネットでは音泉にて再配信されている。全13回。パーソナリティは中島愛と三宅健太。
マクロスF○※△ 2008年4月より『RADIO MACROSS』の後番組。インターネット配信は番組公式サイトで行い、音泉での配信は行われていない。パーソナリティは中村悠一、神谷浩史、中島愛。タイトルの「○※△」の部分は中村、神谷が毎回勝手に決めて叫んでいる。
マックロッスfufonfia 2008/05/27から公式サイトで配信されている約1分30秒のショートアニメ。全20話。ゲームソフト会社(フロンティア・ソフトウェア)の新入社員OLランカと、先輩OLシェリルを軸に繰り広げられるオフィスドラマ。
絵:空彩晃一、STS/音:タカナシキヨシ/シナリオ:オオオケマコト/MA:シノハラマサヒロ(三友VTC)/MAアシスタント:オオウラタカシ(三友VTC)/ディレクター、モーション、加工、CG:カネコンブ/ディレクター、プロデューサー:ワタナベトモヒロ/制作:I was a ballerina.co.Ltd. coorporated by BANDAIVISUAL
話数
配信開始日
サブタイトル
#01
080527
ランカ、入社初日、シェリルに呼び出される
#02
080603
暴走!? ……VF-25P
#03
080610
憧れのグッドテイストライン
#04
080617
新種・ハト○○茶!?
#05
080624
社内合コン DE 謝謝
#06
080702
クランにくらくら
#07
080709
ランカ、路上デビュー…… キラッ!?
#08
080716
ムチはオフィスの必需品
#09
080723
MISSON CODE:VICTOR 3 発令!?
#10
080730
おにいちゃん、さむいよ〜
#11
080806
バジュラウイルスの対処法
#12
080813
なんでそんな方法がありえるわけ? オズマ。
#13
080820
ランカ、燃ゆ。
#14
080827
なんなんだ……その修行。
#15
080903
ランカ! そんなんだったら手品だろ(T_T)
#16
080910
シェリル、ランカ……、修行している場合だったのかっ!
#17
080917
先生って!? ―どこへ行くのか、バジュラ虫―
#18
080924
先生って…… ―どうしてバジュラ虫なのか―
#19
081001
先生って…… ―どんな体質なのか? ―親子愛編
#20
081015
必殺! ジェラシーのマクロス・キャノン

■ Amazonで『マクロス FRONTIER』の商品を探す