スカルマン THE SKULLMAN



 フジテレビ 2007/04/28〜2007/07/21 毎週土曜日 25:45〜26:15 全13話
 スタッフ  キャスト
原作 石ノ森章太郎
監督 もりたけし
シリーズ構成
スカルマン&GROデザイン
出渕裕
キャラクターデザイン
総作画監督
柴田淳
メカニックデザイン 佐山善則
セットデザイン 菊地正典
コンセプチュアルアート 草彅琢仁
デザイン総括 武半慎吾
グラフィックデザイン 草野剛
特技監督 村木靖
美術監督 近藤由美子
色彩設計 中尾総子
特技監督 村木靖
3DCGディレクター 日下大輔
3Dプロデューサー 今村幸也(竜の子プロダクショn)
マネージメントディレクター 松浦裕暁(サンジゲン)
特殊効果 星美弥子
グラフィックデザイン 野中愛
撮影監督 福士亨(T2 STUDIO)
木村俊也
編集 重村建吾
HD編集 佐藤とも子(スタジオごんぐ)
ビデオ編集 菊地美和(キュー・テック)
入山真二(キュー・テック)
音響監督 鶴岡陽太
音響効果 倉橋静男
録音 矢野さとし
録音助手 五十嵐恵美
録音スタジオ スタジオごんぐ
音響制作 楽音舎
音響制作担当 杉山好美
音楽 鷲巣詩郎
音楽制作 ジェネオンエンタテインメント
フジパシフィック音楽出版
音楽協力 伊藤克己(スワラ・プロ)
製作 熊澤芳紀
伊藤幸弘(フジテレビ)
南雅彦、萩原克治、小野寺章
編成 松崎容子(フジテレビ)
プロデューサー 森遊机
山本幸治(フジテレビ)
吉田雅尋、渡辺マコト、小山仁一郎
アシスタントプロデューサー 竹枝義典(フジテレビ)
制作デスク 田中啓一郎
設定・デジタル制作 笠岡淳平
制作事務 高絵里子
制作協力 東京キッズ(8話)
スタジオ九魔(9話)
manglobe(10話)
協力 Two Bows
アニメーション制作 bones
製作 スカルマン製作委員会
 ジェネオンエンタテインメント
 フジテレビジョン
 ボンズ
 東洋化成
 石森プロ
オープニングアニメーション
絵コンテ 樋口真嗣
演出 京田知己
作画監督 柴田淳
作画 石川哲也、石原恵治、斉藤英子、佐々木洋平、須賀正志、田中織枝、中屋了、藤澤俊幸、前田清明、矢上幸一、米澤優 渡辺敦子
グラフィックエフェクト 柴田勝紀 名倉智史
エンディングアニメーション
絵コンテ・演出 京田知己
作画監督 柴田淳
作画 阿保孝雄
背景 菊地正典、近藤由美子
スカルマン 土田大
御子神隼人 保村真
間宮霧子 川澄綾子
立木恭一郎
1〜6,8〜13話
掘勝之祐
黒潮豪蔵
1〜4,6〜13話
阪脩
黒潮真耶
2〜4,7〜10,12〜13話
折笠富美子
黒潮沙羅
7〜8,10〜12話
小宮和枝
新條剛
1〜6,8〜13話
関智一
神代正樹
2,4〜13話
森川智之
神崎芳夫
2,4〜6,8〜13話
加藤将之
真行寺麗奈
1〜3,7〜13話
根谷美智子
真行寺徹郎
2〜5,7〜10,12話
田坂秀樹
埴輪儀助
1,3,6,9,12話
辻親八
山木啓治
1,6,9,12〜13話
津田健次郎
鬼塚結衣
1〜3話
大原さやか
烏丸小夜子
1〜3話
かかずゆみ
橘ひとみ
1話
小林希唯
デスク
1話
白熊寛嗣
演説
1話
宮下栄治
車掌
1話
四宮豪
アナウンス
1話
こぶしのぶゆき
主婦
1話
木川絵里子
女子高生
1話
笠原あきら
宇佐神明
2,4〜6話
吉野裕行
若者
2話
大畑伸太郎、白熊寛嗣
原沢勝広、津田健次郎
子供
2,4,8,11〜12話
森永理科
子供
2,4,8,12話
若林直美
子供
2話
門田幸子
子供
2,12話
門脇舞以
定食屋のおばちゃん
2,6,9,13話
京田尚子
TVアナウンサー
3話
白熊寛嗣
ガードマン
3話
大原崇
弁当屋のおばちゃん
3話
織田茉実
OL
4〜5話
中尾衣里、久嶋志帆
OL
4話
斉木美帆
子供
4,8,11〜12話
喜多村英梨
4話
白熊寛嗣
看護師
5話
渡辺明乃
キャスター
5話
白熊寛嗣
レポーター
5話
斉木美帆
ナレーション
5話
吉田孝
悪役
5話
西田シャトナー
石上祐一
5話
樽見謙慈郎
宇佐神の母
5話
堀絢子
神晃一
6〜7話
松田賢二
如月奈美
6〜9話
井上喜久子
日下公彦(市長)
6話
宝亀克寿
霧島竜二
6,8話
辻谷耕史
兵藤次官
6,8話
こぶしのぶゆき
船越英明
6,9〜10,12話
秋元羊介
音響技師
6話
白熊寛嗣
受付
6話
中谷有里
司会者
7話
白熊寛嗣
DJ
7話
伊丸岡敦
ヴォグート
7,9〜13話
石塚運昇
ヘレン
7,12〜13話
雪野五月
影の声
7,9,13話
家弓家正
石動寛治少佐
8,11〜13話
大塚芳忠
馬場
9話
白熊寛嗣
信者
9話
小野塚貴志
警官
9話
長門三照
子供
9話
西野陽子
母親
9話
岩本裕美子
ガモ博士
10,12〜13話
加藤精三
サークス 01
10〜11話
森久保祥太郎
サークス 02
10〜11話
茶風林
サークス 03
10話
岩田光央
サークス 04
10話
飛田展男
サークス 05
10話
大塚明夫
神父
11話
立木文彦
子供
11〜12話
三宅麻理恵
警官
11話
白熊寛嗣、白石稔
副官
12〜13話
白熊寛嗣
荒井
12話
西前忠久
通信兵
12話
内野一
兵士
13話
田坂秀樹
BRAIN GEAR総帥
13話
若本規夫
 主題歌
『ひかりのまち』
ひかりのまち/ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)(初回限定盤A)(DVD付) ひかりのまち/ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)通常盤(初回プレス)
 歌:TOKIO/作詞・作曲:甲斐よしひろ/編曲:西村智彦
『明日は明日の君が生まれる』
明日は明日の君が生まれる(Chocolove-mix)(DVD付)
 歌:Chocolove from AKB48
 作詞:秋元康/作曲:藤末樹/編曲:斉藤真也
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
特番
070421
〜闇の序章〜
第一夜
070428
仮面が踊る街
出渕裕
もりたけし
寺東克己
柴田淳
第二夜
070505
過去から来た男
水上清資
もりたけし
室谷靖
藤澤俊幸
第三夜
070512
深紅の雨は午後に降る
大野木寛
加藤敏幸
山田宏和
中屋了、田中織枝、米澤優
第四夜
070519
散歩する幽霊
大野木寛
高柳滋仁
うえだしげる
新号靖、光田史亮、名倉靖
第五夜
070526
偽りの死角
水上清資
もりたけし
室谷靖
藤澤俊幸
第六夜
070602
死神たちの宴
出渕裕
寺東克己
寺東克己
柴田淳
第七夜
070609
人獣使い師
水上清資
南康宏
南康宏
光田史亮
第八夜
070616
月光に乙女はささやく
大野木寛
もりたけし
横山淳一
高梨光、箕輪悟、佐藤哲也
渡辺伸弘(じゃんぐるじむ)
第九夜
070623
穢れしものに祝福を
出渕裕
仁賀緑朗
山田弘和
藤澤俊幸
第十夜
070630
サークスは真夜中に嗤う
武半慎吾
もりたけし
中川聡
飯野利明
第十一夜
070707
闇よ、我が手を取りたまえ
大野木寛
もりたけし
大西景介
山田正樹
第十二夜
070714
血の聖夜
水上清資
寺東克己
寺東克己
光田史亮、藤澤俊幸
第十三夜
070721
黒い寓話
出渕裕
もりたけし
室谷靖
柴田淳
エピローグ
愛しきものは全て去りゆく
 キャラクターデータ
スカルマン 夜な夜な殺戮を繰り返す骸骨男。
御子神隼人 「トップ屋」と呼ばれるフリー記者(ルポライター)。父親の七回忌を理由に故郷の大伴市に帰郷。骸骨男のスクープを追っている。単発で記事を書いた大日本新聞社東京本社の名刺を持ち歩いている。御子神家へは養子。
間宮霧子 見習いカメラマン。御子神の押し掛けパートナー(御子神は「助手」と言っている)になる。日本国民之証(偽造)に記載された年齢は20歳。武術の心得がある。実は2年前に行方不明になった兄(実の兄ではなく兄のように慕っていた男)を探しに大伴市へやって来た。
神代正樹
(くましろまさき)
黒潮豪蔵の秘書。豪蔵の隠し子。軍部との太いパイプを持つコンツェルンの渉外部長。優秀なテクノクラート。冷徹な野心家。全てを手に入れようとしている。
神崎芳夫(よしお) 大伴聖マリア教会の若き神父。博愛主義者で、教会内にある孤児院の院長も勤める。隼人の幼馴染み。あすなろ園出身。南亜戦争では従軍神父として東南アジアに行っていたらしい。
真行寺麗奈 徹郎の双子の姉。750ccのバイクを乗り回す美女。犬型の獣人に変身する。
真行寺徹郎 麗奈の双子の弟。寡黙な男。犬型の獣人に変身する。
立木恭一郎 自称私立探偵の初老の男。人の良い振りをして抜け目ない喰えない男。大物から依頼を受けているのか、羽振りが良い。博学。その正体は埴輪儀助に逆賊の汚名を着せられ、最前線送りにされた左門寺恭一郎中尉。埴輪儀助の汚職を告発しようとした矢先に、妻も4歳になったばかり子供も収容所送りにされ獄死した。政府の諜報機関に属し、諜報員として大伴市に潜入している。
新條剛 大伴署の若手刑事。熱血漢。理想家で黒潮に牛耳られている警察組織に疑問を抱いている。
黒潮豪蔵 大伴コンツェルン会長。隼人の亡父・御子神駿の元上司。御子神隼人に対しては善人の振りをしているが、実は組織の幹部で、偽スカルマンを使って反抗分子を始末させていた。
黒潮真耶 黒潮豪蔵の娘。病弱。巫女として白鈴會教主を務めている。親に内緒で孤児院の手伝いをしている。黒潮の養子になった神楽辰男の妹。
黒潮沙羅 神楽製薬社長神楽辰之の元妻で、夫の死後に黒潮豪蔵と再婚。白鈴會の理事を勤めている。夫を裏切り神代正樹と手を結び、娘を生け贄にして新人類を創造しようとしている。
埴輪儀助 大伴警察署長。かつての憲兵大尉で「鬼憲兵」と呼ばれた男。神楽製薬社長宅火災事件の実行犯。
宇佐神明(うさみ) 大伴製薬の生化学研究所の主任研究員。「神の声」と呼ばれる特殊な音波を解析しており、解析データをネタに正樹と交渉していた。
鬼塚結衣 怪死した橘ひとみに代わって舞台の主役(マクベス夫人)に抜擢された女優。警察署長の埴輪儀助の愛人でありながら、役を勝ち取るため他の男とも関係を持っていた。
烏丸小夜子 メガネ娘。鬼塚結衣のマネージャー。あすなろ園出身。白鈴會に入信していた。鳥型の獣人に変身してしまう。
如月奈美 定食屋みなかみの店主の姪。御子神の幼馴染みで「奈美姉(ねえ)」と呼ばれている。御子神は彼女のことが好きだったらしく、東京に出る時も「いつか奈美姉に相応しい男になって帰ってくる」と告げていた。結婚して子供もいたが、離婚して一人大伴市に帰って来た。白鈴會に入信している。九尾の狐型の獣人に変身してしまう。
神晃一 反政府運動のメンバーで、2年前手負いで軍警に追われていたところを白鈴會に救われた。以降理想を失って黒潮豪蔵の命令に従って偽スカルマンを演じていた。霧子からは「神(じん)にいちゃん」と呼ばれている。霧子に写真や格闘技を教えた。
石動寛治 階級は少佐。東部軍作戦参謀。南亜戦争以来、国土を二分され同じ民族同士が引き裂かれた歪な状況を正し、日本を再び真にアジアの盟主たるべく蘇らせるという理想のため、神代正樹と手を組みクーデターを決行。
ヴォグート アルカード・ヴァン・ヴォグート。ブレイン・ギア社の幹部。南亜戦争に従軍していたこと意外の経歴は不明。モデルは『サイボーグ009』のバン・ボグートで、声は『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』にてバン・ボグートを演じた石塚運昇が担当している。
01 サークス所属のサイボーグ兵士。サークスのリーダー。武器はナイフやナックル、電磁警棒。モデルはモデルは『サイボーグ009』の002で、声は『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』にて002を演じた森久保祥太郎が担当している。
02 サークス所属のサイボーグ兵士。火炎放射器を使用し、ソナーによる索敵能力を持つ。モデルは『サイボーグ009』の006で、声は『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』にて006を演じた茶風林が担当している。
03 サークス所属のサイボーグ兵士。水中戦仕様で武器は水中銃。モデルは『サイボーグ009』の008で、声は『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』にて008を演じた岩田光央が担当している。
04 サークス所属のサイボーグ兵士。特殊車両からの砲撃による後方支援を行う。本名はジャック・グッドマン。施された改造のために精神が不安定で、現実と記憶が曖昧となり自分の名前さえ思い出すことができない。モデルは『サイボーグ009』の004で、声は『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』にて004を演じた飛田展男が担当しているが、外見は007に似ている。
05 サークス所属のサイボーグ兵士。怪力の巨漢で武器を持たずに格闘のみで戦う。モデルは『サイボーグ009』の004で、声は『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』にて004を演じた大塚明夫が担当している。
BRAIN GEAR総帥 モデルは『サイボーグ009』のスカールで、声は『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』にてスカールを演じた若本規夫が担当している。
 キーワード
物語の舞台 第二次世界大戦(作品中の呼称は「南亜戦争」)後に異なる歴史を辿ったパラレルワールドの日本。軍が存在し、右から左に書かれる文字やカセットテープなど昭和40年代的な情景。日本は敗戦により津軽海峡を境界に南北に分割されている(国名は不明)。
大伴市 津軽紛争以降のこの国を支えた経済再生工場がある大伴グループの企業城下町で「影の首都」と呼ばれている。許可証のない者の午前0時以降の外出は禁止されている。市政20周年記念事業の大伴タワーが建設中。
神楽村 大伴市前身で、現在はダムの底に沈んでいる小さな村。
白鈴會(びゃくれいかい) 大伴市最大の宗教団体。神楽村の土着信仰を礎として起こされた宗教で、創始者は番場惣吉。黒潮豪蔵の女房沙羅が理事長をしている。「社会奉仕隊」と呼ばれる人たちが街の美化運動などのボランティア活動を率先して行っている。
津軽紛争 敗戦後に南北に分割された北日本と南日本との間で起こった2度の紛争。
日本国民之証 身分証明証。大伴市の市民でない者は、この身分証がないと市内に入ることができない。
大伴製薬 かつては神楽製薬という社名であったが社長宅で火災があり、社長神楽辰之(38歳)と長男辰男(10歳)が焼死。
ブレイン・ギア 多国籍企業。秘密結社の表の顔。サイボーグ部隊や、レーザー兵器搭載の多脚型歩行兵器などを開発している。
みなかみ 御子神と霧子がカレーを食べていた定食屋。如月奈美に惚れた新條剛が通い詰めていた。(2,6〜7,9話)
帝都新聞 大伴市で読まれている新聞紙。(2話〜)
あすなろ園 大伴聖マリア教会が運営している孤児院。(2話)
オオノギ 弁当屋。鬼塚結衣出演のマクベスが公演されている大伴市民ホールに弁当を配達しており、御子神と霧子が飛び入りバイトをして市民ホール侵入を果たした。ちなみに時給450円。(3話)
名曲喫茶カサブランカ 立木恭一郎(3話)
レストランおたふく 大伴製薬のOLに聞き込みをしたファミレス。(4話)
幽霊モノレール 深夜12時過ぎに走る列車で、それを観ると不幸な死に方をするといわれている都市伝説。(4話)
ツィラトゥストラかく語りき 宇佐神明が見ていたと勘違いして御子神が買った本。ドイツの哲学者フリードリヒ・W・ニーチェの著作。「神は死んだ」という衝撃的な言葉で始まり、人々は受動的に生きずに自己確立した意思より行動すべきという超人思想を説いたもの。ただし、宇佐神明が購入したと思われるのはニーチェの死後、妹のエリーザベトが遺稿を編纂し刊行した『権力への意志』の方。(5話)
白寿園 宇佐神明の母親が暮らしている老人ホーム。(5話)
降臨祭 12月25日開催される白鈴會主催のイベント。パレードや神輿、花火大会、市やコンサートなどが行われるお祭り。
私立白鈴女子学園 黒潮真耶の通う女学校。
ガ號計画 オーパーツの研究から生み出された技術により、兵器となる改造人間を生み出す計画。
GROシリーズ 大伴コンツェルンとブレイン・ギア社が共同開発している獣人。ブレイン・ギア社は「GROシリーズ」と呼び、大伴コンツェルンでは「ガ號」と呼んでいる。終戦直後に神楽村で発掘された遺跡で発見されたオーパーツを元に開発された改造人間(生体兵器)。
ロストナンバー 南亜戦争に実験投入されたGRO。廃棄あるいは打ち捨てられたために、このように呼称されていると思われる。
ドクロの僕 骸骨男と真行寺姉弟の名乗った名前。
SIRKS(サークス) ブレイン・ギア社の私設部隊で主力商品。ガモ博士の開発したサイボーグ部隊。胸に「Brain Gear Technical Service」の文字が刻まれている。
混沌の繭 黒潮真耶を媒体にして新人類を生み出すための装置。
立木興信所 骸骨男事件の終わった後、立木恭一郎が開いたと思われる興信所。新條剛と真行寺麗奈が働いている。

■Amazonで『スカルマン THE SKULLMAN』の商品を探す