アニメ情報館

もえたん

■ スタッフ&キャスト ■ キャラクターデータ  
■ 主題歌   ■ キーワード  
■ サブタイトル   ■ アイテム  
チバテレビ 2007/07/08〜2007/09/23 毎週日曜日 25:30〜26:00 全12話
tvk 2007/07/09〜2007/09/24 毎週月曜日 23:00〜23:30 全12話
テレ玉 2007/07/11〜2007/09/26 毎週水曜日 25:30〜26:00 全12話
AT-X 2007/08/10〜2008/04/24 毎週金曜日 11:30〜12:00 全12話
BIGLOBEストリーム 2007/08/09〜2007/10/25 毎週木曜日 10:00〜10:30 全12話
 スタッフ  キャスト
原作 もえたん(三才ブックス)
ストーリー原案・原案設定 風森進
監督 川口敬一郎
シリーズ構成 長谷見沙貴
キャラクター原案 POP
キャラクターデザイン
総作画監督
西尾公伯
キーアニメーター 佐野英敏、梶浦慎一郎、我孫子守
マジックアイテムデザイン うめつゆきのり
タイトルロゴ 萩原栄一(big body)
美術設定 比留間崇
美術監督 坂本信人
美術 bic studio
色彩設計 原田幸子
CGI シフト・アール
撮影監督 阿部安彦
編集 田熊純
デジタル編集 アクタス編集部
編集助手 椎至大、中川綾子
ビデオ編集 ソニーPCL、高木磨、石井知
音響監督 松岡裕紀
音響効果 緒方康恭(サウンドボックス)
録音・調整 山田均
録音スタジオ・音響制作 神南スタジオ
音響制作担当 小泉紀介
英文制作 株式会社インタック
英語指導 許綾香
音楽 渡辺剛
音楽プロデューサー 伊藤善之、木戸健介
音楽制作 ランティス
企画 湯川淳、こんひろし(プラネットエンターテイメント)
加藤博、大野実
プロデューサー 永谷敬之、鎌倉和人、細川修
アニメーションプロデューサー 丸山俊平
制作担当 池羊禮誠
設定制作 大西貴夫
アニメーション制作 アクタス
製作 ぱすてるインク応援団
 バンダイビジュアル
 プラネットエンターテイメント
 アクタス
 博報堂DYメディアパートナーズ
オープニングアニメーション
絵コンテ・演出 川口敬一郎
作画監督 西尾公伯
原画 佐野英俊、梶浦紳一郎、我孫子守、牧内ももこ、志田ただし、相坂ナオキ
もえたんコーナー
作画 牧内ももこ
エンディングアニメーション
作画監督 西尾公伯
原画 大澤聡
虹原いんく 田村ゆかり
あーくん 小野坂昌也
手塚ナオ
1〜7,9〜12話
うえだゆうじ
黒威すみ 戸松遥
かーくん
2〜6,8〜12話
檜山修之
白鳥ありす
1〜2,4〜5,7〜12話
名塚佳織
なーくん
4,9〜12話
金田朋子
瑠璃子
2〜10,12話
森永理科
手塚澪
1〜3,5〜9,11〜12話
中尾衣里
鈴木麗美
1,3,5,7〜12話
本多陽子
田中里奈
1,3,5,7〜12話
井口裕香
いんくママ
1,5〜12話
石毛佐和
ダンディ
1〜6,8〜12話
中田譲治
親父/オヤジ
4〜8,12話
岩田光央
古田りほこ先生
1〜2,5,7〜8,11話
坂本美里
マジメロ
1話
木村亜希子
警官
1〜6,9,12話
家中宏
裁判官
1話
下崎紘史
衛兵隊長
1話
澤田将孝
黒服
2話
松岡大介
美穂
3,7話
木村亜希子
少女
3話
許綾香
観月マネージャー
4話
中尾衣里
司会
4話
永野広一
幼稚園の先生
4話
許綾香
ナオ(子供)
5〜6話
木村亜希子
美人お姉さん
6話
許綾香
6話
永野広一
店の人
7話
永野広一
来客女
7話
許綾香
射的の生徒
7話
興津和幸
脚本家
8話
金田朋子
おっさん
9話
永野広一
衛兵隊長(青い巨星)
10話
岩田光央
警備衛兵
10話
家中宏
シズク
12話
井上麻里奈
八百屋のオヤジ
12話
永野広一
女子高生1
12話
木村亜希子
女子高生2
12話
坂本美里
女子高生3
12話
許綾香
べんくん
12話
国井咲也
むにさん
12話
沖縄の比嘉
 主題歌
『魔法少女マジカルたん!』 (2〜9,11〜12話)
魔法少女マジカルたん!  歌:虹原いんく&黒威すみ&白鳥ありす
 作詞:畑亜貴/作曲:田代智一/編曲:安藤高弘
『魔法少女マジカルたん!』 (1,10話)
 歌:虹原いんく&黒威すみ&白鳥ありす
 作詞:畑亜貴/作曲:田代智一/編曲:安藤高弘
『スキップ!』 (2〜9,11〜12話)
 歌:のみこ/作詞・作曲:Hiro/編曲:quad
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
特番
070706
もえたんがアニメになっちゃった!OAいぶすぺしゃる!!
第1話
070708
マジカルティーチャー
長谷見沙貴
川口敬一郎
川口敬一郎
宮川智恵子
第2話
070715
ライバルなんていらない
長谷見沙貴
川口敬一郎
阿久たすく
木下由美子
平田卓也
第3話
070722
恐怖大作戦
長谷見沙貴
新町薫
新田義方
小峰正頼
第4話
070729
時の中のアイドル
長谷見沙貴
川口敬一郎
池畠ヒロシ
久嶋浩徳
第5話
070805
小さな思い出
長谷見沙貴
川口敬一郎
橋口洋介
秋谷有紀恵
第5.5話
070812
すみと瑠璃子のもえたんダイアリー
〜総集編キター("∀")ー!!〜
責任編集:永谷敬之
第6話
未放送
初めてのデート
長谷見沙貴
四谷光宏
中野英明
村田尚樹
西尾公伯
佐野英俊
中本尚子
佐野エリ
第7話
070819
狙われた学園祭
長谷見沙貴
中村憲由
村田尚樹
佐野恵一
小林調
第8話
070826
トラブル
長谷見沙貴
中野英明
中野英明
宮川智恵子
飯飼一幸
第9話
070902
風…流れる
長谷見沙貴
川口敬一郎
新田義方
小峰正頼
第10話
070909
禁断の時
長谷見沙貴
中村憲由
阿久たすく
佐野英敏
田辺謙司
第11話
070916
負けるな受験生!
長谷見沙貴
川口敬一郎
高橋順
梶浦伸一郎
第12話
070923
スキップ!
長谷見沙貴
川口敬一郎
橋口洋介
秋谷有紀恵
 キャラクターデータ

虹原いんく
(ぱすてるインク)

高校3年生だが、小学生(それも低学年)に間違えられる程に背の低い幼児体型。ドジッ娘だが、学校の成績は良く、特に英語はクラストップの成績。神社で出会ったあーくんからマジメロを授かり、「マジカルチェンジ」のかけ声と共にマジカルティーチャー・ぱすてるインクに変身する能力を得る。幼馴染みのナオに恋しており、一緒に大学に通うという夢を叶えるため、変身した姿で英語が苦手なナオに英語を教える。何もないところでよく転ぶ。好物はバニラアイス。
あーくん 本名:アークス・シェルダート・エルバイアス。しゃべるアヒル。魔法王国随一の大魔導士だったが、罪を犯して裁判にかけられてしまい、無罪を主張して逃走するも大王によってアヒルの姿に変えられて人間界へ追放される。極度のロリ趣味で、いんくの幼児体型は彼のロリエナジーが臨界点を突破する程どストレートなため、いつもいんくの変身をHな目で見て大量のよだれを垂らしている。カナヅチ。
黒威すみ
(てんぺらスミ)
いんくの幼馴染みでクラスメイト。いんく同様の幼児体型。小さい頃は仲が良かったが、今ではすっかりいんくをライバル視するようになってしまっている。アホ毛の毛先は気分などでハートや星などに変化する。手塚ナオに憧れている、いんくの恋のライバル。豪邸に住むお嬢様。寝間着は猫の着ぐるみ。何故か英語は小さい頃から苦手。カナヅチ。いんく同様に何もないところでよく転ぶ。語尾は「〜ですわ」。好物は芋長の芋羊羹。低血圧なのか、朝が弱く寝坊気味な上、勉強中に突然眠りに落ちてしまうこともしばしばだが、こうした時に見る夢は、大抵何かのアニメものの夢のようだ。
ぱすてるインクの変身を目撃していんくの秘密を知り、野良犬から助けたことで出会ったかーくんからマジメロを授かり、魔法少女てんぺらスミに変身する能力を得る。
かーくん 本名:カークス。しゃべる黒猫。カナヅチ。アークスに負けないロリエロ振りで、すみの変身シーンでは大量の鼻血を流す。魔法王国ナンバー2の魔法使いでアークスの同僚。無実の罪でアークス同様魔法王国を追放されるが、アークスの罪のとばっちりを喰ったと思っており、今の自分の境遇はアークスのせいだと思い恨んでいる。人間界でのあーくんとの戦いで魔法力を使い切り、野良犬に襲われていたところをすみに助けられ、あーくんといんくに対抗するという目的で共闘関係を結んですみにマジメロを与えた。
手塚ナオ 虹原いんくの幼馴染。学校の成績は良くなく、特に英語が苦手。いんくに対しては幼馴染み以上の感情は持っていない。
白鳥ありす 「恋の英単語」が大ヒット中の歌にテレビに大活躍の人気アイドル。メガネッ娘+カチューシャ。私怨からあーくんを狙っている。人間界と魔法王国を繋ぐ時の力を持つ魔法王国の番人。実はいんくやすみとは違い、魔法王国の住人で、本当の姿は巨乳美女。アークスに恋心を抱いていたが、貧乳好きのアークスに巨乳は失格だと言われ傷ついた過去を持っていた。
なーくん ありすのパートナーのしゃべるウサギ。いつも小刻みに震えている。
瑠璃子 黒威家のメイド(すみ専属)。すみの身の回りの世話をしているが、スリッパで叩くなど躾には厳しい。女子高生のころからすみの面倒を見ていたらしい。酒好き。
手塚澪(みお) ナオの妹。中学3年生。アニラジ必聴、同人誌執筆の経験もあるアニメオタク。いんくより背が高い。いんくと兄との仲を応援している。最終回では高校生になり、だーくん(ダンディ)からマジメロを授かって魔法少女まじかるミヨとなった姿が描かれてた。
鈴木麗美 いんくのクラスメイト。幼女好き。メガネ+巨乳。委員長。バストサイズは98cm。
田中里奈 いんくのクラスメイト。ボーイッシュ。英語は苦手。バストサイズは73cm。
ダンディ すべてが謎の男。赤いチューリップを胸に刺し、ロングコートに帽子という怪しい格好で唐突に現れては、いんくを助けてくれる中年男性。最終回では犬に変身し(「だーくん」と呼ばれている)まじかるミヨのパートナーペットとなっていた。変身シーンでは涎と鼻血を同時に垂れ流し、ロリエロぶりを発揮した。魔法王国の人間はみんなロリコんなのか?
 キーワード
ストーリー 小学生にしか見えない高校3年生の虹原いんくは、同級生の手塚ナオに憧れている。一緒に大学に行くという夢を持っているが、手塚ナオの英語の成績が悪いせいで大学進学が危ぶまれていることに悩んでいた。
そんな時に偶然魔法王国から追放されたアークスと出会い、魔法少女となることを頼まれる。正体を隠して変身した姿で手塚ナオに英語を教えるという目的の為に、魔法少女となることを了承した虹原いんくは、手塚ナオに英語を教えながら、日々困った人を魔法で助けることに…。
魔法王国アルファベット 異世界にある魔法の国。
マジメロ 外見は携帯電話だが、登録した任意の言葉で魔法のステッキとなる。困った人を察知するヘルプサーチマジックシステムが内蔵されている。人助けをすると、魔法更生委員会からポイントのお知らせがメールで届く。ポイントが溜まるとあーくんが魔法王国に帰えることができるという(しかし物語後半この設定は有耶無耶に…)。
マジカルフライング 魔法ステッキに変わったマジメロのテンキーのFLYと入力して決定ボタンを押すことで発動する飛翔呪文。マジメロが小さな翼に変化してお尻(腰?)に装着し、空を飛ぶことができる。
魔法異空間ダイス ドリーム&イリュージョンスペース。
3年1組 いんくたちのクラス。
萌神社 いんくが、手塚ナオが大学へ行けるようにお祈りしていてあーくんと出会った神社。(1話)
クリムゾンブラスタースマッシュ かーくんがあーくんに放った蹴り技。(2話)
恋の英単語 白鳥ありすが歌う曲。80年代を意識して作られたという。(4話)
萌樹野公園 白鳥ありすのロケが行われると見物の人集りができた公園。しかし白鳥ありすは現れなかった。(4話)
魔法タコ 魔法を吸収してしまう魔法王国のタコ。幼稚園に出現して暴れ回った。(4話)
六棟エスカルティン いんくが母と見ていたテレビのニュース番組に出演していたのは、『月面兎兵器ミーナ』の六棟エスカルティン。もっとも次の番組である『どきんちょオキリン』の放送待ちでテレビを点けていたらしいが…。(5話)
シャボンなんとか 美少女戦士セーラームーン』のセーラーマキューリーの技であるシャボンスプレーにそっくりな技(魔法)。(5話)
マジカル一本釣り 溺れたあーくんとかーくんを助けた魔法。(5話)
ぺんき 過去の世界で会った母親にいんくが咄嗟に言った偽名。(5話)
緑のテーマパーク いんくと手塚ナオが初デートをしたテーマパーク。(6話)
萌樹野祭 いんくの通う高校の文化祭。いんくのクラスの出し物は幽霊喫茶だった。(7話)
ラッキー☆ランド
天然温泉 萌湯
いんくたちが行った健康ランド。(8話)
時のパレット 人間界と魔法王国を隔てているパレットの結界。(10話)
ぽてまよ 製作が同じバンダイビジュアルである『ぽてまよ』の主人公ぽてまよのフィギュアがナオの部屋に、ぐちゅ子のシャンプー容器が虹原家の風呂場で確認できる。第12話にも八百屋にぽてまよのポスターが確認できる。ナオの部屋のぽてまよのフィギュアの横には『月面兎兵器ミーナ』水無月ミーナのフィギュアも確認できるが、こちらは何繋がりかよくわからない…。(11話)
萌杉大学 いんくたちが受験した大学。(11〜12話)
元気の家 あーくんが病気のオヤジのために薬を届けていた児童施設。11話でわざわざ人間界に再びやって来たものの出番のほとんどなかったあーくんの言い訳的エピソードとして唐突に出現した。(12話)
アニメパロディ 元々原作がアニメやマンガなどのパロディをふんだんに使った英単語本であったことから、本作品でも各所にアニメパロディが盛り込まれている。
放送開始直前特番 2007年7月6日にテレビ愛知のみで『もえたんがアニメになっちゃった!OAいぶすぺしゃる!!』というタイトルの特別番組が放送された。森永理科と中尾衣里がパーソナリティとなって番組紹介をするという内容で、7月7日からは期間限定でネット配信も行われ、DVD第1巻に収録されている。
第6話の放送中止 諸般の事情からTV放送はされずにDVD収録のみとなり、その代りに第5.5話・総集編「すみと瑠璃子のもえたんダイアリー」が放送された。

■ Amazonで『もえたん』の商品を探す
under the editorship of marumegane