AYAKASHI



AT-X 2007/12/02〜2008/02/20 毎週水曜日 11:00〜11:30 全12話
チバテレビ 2008/01/06〜2008/03/23 毎週日曜日 24:30〜25:00 全12話
tvk 2008/01/06〜2008/03/23 毎週日曜日 25:30〜26:00 全12話
TOKYO MX 2008/01/08〜2008/03/25 毎週火曜日 25:30〜26:00 全12話
テレ玉 2008/01/11〜2008/03/28 毎週金曜日 25:30〜26:00 全12話
 スタッフ  キャスト
原案 CROSSNET、APRICOT
監督 高田淳
シリーズ構成 鴻野貴光
キャラクター原案 TOMA、浮月たく
キャラクターデザイン 小林多加志
キャラクター総作画監督 小林多加志、宮前真一
アヤカシデザイン原案 鳥取砂丘
アヤカシデザイン
アヤカシ総作画監督
滝川和男
タイトルロゴデザイン クボタタカシ
美術監督 東厚治
美術監督補佐 門間幸一
背景 St.ちゅ−りっぷ
色彩設計 今瀬智子
撮影監督 久保博志
編集 柳圭介
VTR編集 グッドジョブTOKYO
村中康太郎、河村圭太
音響監督 飯田里樹
音響効果 川田清貴
録音調整 田中直也
録音助手 宮林良太
録音スタジオ スタジオマウス
音響制作 ダックスプロダクション
音響制作担当 稲葉順一
音楽 細井聡司(hosping)
音楽プロデューサー 室井浩太郎
音楽制作 5pb.
エグゼクティブプロデューサー 赤松智、岩崎篤史、志倉千代丸、榎善教、三上康博、木村健吾、武村哲司、池上寛明
チーフプロデューサー 池田義宏
プロデューサー 佐久間大介、吉沼忍、北澤幸子、山崎明日香、田所達也、越田昌樹
アニメーションプロデューサー 青木清光
制作デスク 岩本祥伯
協力 安積由緒(APRICOT)
桜井めぐみ(CROSSNET)
浅妻為皓(CROSSNET)
アニメーション制作 東京キッズ
製作 「AYAKASHI」製作委員会
 ガンホー・ワークス
 メディアファクトリー
 5pb.
 エノキフイルム
 エー・ティー・エックス
 東京キッズ
 東京電化
 オーガニック
オープニングアニメーション
絵コンテ・演出
アヤカシ作画監督
滝川和男
作画監督 小林多加志
原画 渡辺義弘、松原豊、石川健介、猪瀬富士夫、内野明雄、岩井優器、杉江敏治、内納健治、吉川徹、中澤勇一、滝川和男、石井ゆみ子
エンディングアニメーション
絵コンテ・演出 高田淳 
作画監督 宮前真一
原画 冨澤佳也乃
久坂悠 岸尾だいすけ
夜明エイム 水樹奈々
パム・ウェルヌ・アサクラ
2〜3,5〜12話
清水愛
薬師寺陽愛(ひめ)
1〜5,8,10〜12話
松来未祐
夏原織江
4,7〜12話
野川さくら
“彼”
1〜12話
杉田智和
夜明アキノ
1〜12話
雪野五月
前川彰男
2〜3,7,10〜12話
浪川大輔
梶原平馬
1〜2,4,7,10〜12話
寺井智之
牧原和泉
1,5〜6話
野川さくら
花井のり子
1〜4,8話
真堂圭
及川千夏
1,11〜12話
村田あゆみ
真田恭平
1〜3話
山川敦也
柳鉄也
1,3話
寺井智之
金井昌介
1,3話
川原慶久
小島先生
1〜3,8話
松岡大介
永淵剛史
1話
山根剛
男子生徒
1話
寺島拓篤
教頭先生
2,4話
松井真城
長尾完太
2,9,11話
小林ゆう
赤間美佳
2,9,11話
平松真奈美
乃木慎平
4話
小川久史
角屋昭吾
4〜5,10話
大谷秀一郎
夏原
6話
高垣彩陽
堀正義
7〜8話
坂本正吾
久坂武
7,11話
川原慶久
薬師寺愛子
7〜8,10〜11話
鍋井まき子
狐火使い
8〜9話
松井真城
市民
9話
波多野和俊
子供
9話
五十嵐裕美
自警団
10話
越田直樹
 主題歌
『Cloudier sky』
TVアニメ「AYAKASHI」オープニング主題歌「Cloudier Sky」【初回限定盤】(DVD付) TVアニメ「AYAKASHI」オープニング主題歌「Cloudier Sky」【通常版】
 歌:彩音/作詞・作曲:志倉千代丸/編曲:磯江俊道
『篝火』
TVアニメ「AYAKASHI」 エンディングテーマ「篝火(かがりび)」【初回限定盤】(DVD付) TVアニメ「AYAKASHI」エンディングテーマ「篝火(かがりび)」【通常盤】
 歌:KAORI
 作詞:奥井雅美/作曲:Monta/編曲:市川淳
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
シナリオ
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
071212
はじまりの血
鴻野貴光
高田淳
高田淳
渡辺伸弘
第2話
071219
覚醒
鴻野貴光
高田淳
高田淳
松岡秀明、高梨光
第3話
071226
代償
鴻野貴光
高田淳
横田和善
箕輪悟
第4話
080102
アヤカシ使い
金子ツトム
小林浩輔
小林浩輔
佐々木敏子、森田岳士
第5話
080109
“彼”
鴻野貴光
高田淳
星野真
坂巻貞彦
第6話
080116
和泉
鴻野貴光
高田淳
津田義三
福島豊明、田中保
第7話
080123
孤立
金子ツトム
高田淳
廣川集一
高乗陽子、水谷麻美子
第8話
080130
エイム
金子ツトム
藤原良二
星野真
坂巻貞彦
第9話
080206
決意
金子ツトム
柳瀬雄之
柳瀬雄之
朴商鎬
第10話
080213
ふたり
金子ツトム
山田一豊
小林浩輔
山田一豊、朴商鎬
第11話
080220
戻れぬ道
鴻野貴光
高田淳
廣川集一
朴商鎬、T.K Animation
第12話
080227
共生
鴻野貴光
高田淳
高田淳
小林多加志、佐々木敏子
水谷麻美子、朴商鎬

※第1〜2話は2007年12月2日24:00〜25:00に先行放送された。
※第7,11話 演出助手:崔富京
 キャラクターデータ
久坂悠 幼少時は正義の味方になって弱い者を助けたいと願う正義感溢れる少年だったが、2年前に幼馴染みの牧原和泉が死んでからは、人が変わったように無気力で怠惰な毎日を送るようになってしまっていた。イジメられている後輩を見捨て、手を触れずにものを曲げたり折ったりできる能力を見せ物にして小遣い稼ぎをしてもいた。
夜明エイム アヤカシ使い。サトリと悪路王という2体のアヤカシを持つ。アヤカシを使う代償で左目がほとんど見えず、人が死ぬのを見ても心が動くことがなくなったという。悠のことは「悠さん」と呼び、言葉も丁寧語。感情の起伏も乏しくほとんど無表情。悠のクラスに転校してきてアヤカシを使って強引に悠の隣の席(窓際後ろから3番目の席)を分捕った。前後のセリフから、転校時に間に合わなかったものではなく、“彼”の指示による一時的な転校のために前の学校の制服を着て通学していたようだが、“彼”の勧めでその後も悠の学校に通うことになり、第5話から新しい制服を着て通学し始める。また、フィールドホッケー部にも入り、人が変わったように以前は見せなかった笑顔も見せるようになった。しかし第8話からはまた元の制服に戻ってしまう…何故?
2年前に和泉を殺すが、和泉にサトリで侵入されている最中に彼女の肉体が死んでしまったため、和泉の心が残ってしまい、
薬師寺陽愛(ひめ) 悠の幼馴染。ツインテール。フィールドホッケー部。悠のことは「悠ちゃん」と呼んでいる。和泉の死後、変わってしまった悠を見守り続けてきた。
パム・ウェルヌ・アサクラ フランス人とのハーフのゴスロリ少女。アヤカシ使い。“彼”の命令で悠を捕らえに来るも、エイムの悪路王に敗れ大怪我を負う。怪我の回復後は“彼”には従わずに悠に懐き行動を共にする。アヤカシによる影響なのか、人を殺すことへの罪悪感が希薄。悠の仲間になった後は、悠の言い付けに従い、人を殺すことはしなくなった。口癖は「ピース」。
夏原織江 何か探し物をしている少女。実はアヤカシの化け猫で、マスターを失って彷徨っていた。
牧原和泉 悠と陽愛の幼馴染。2年前に死亡。幼少時に夏の雪を浴びてアヤカシ使いになり、人や動物の考えていることがわかる能力を持つようになった。すべてのアヤカシ使いを救うという“彼”の言葉を信じ、アヤカシ使いを探す手伝いをしていたが、生きた竜の力のために、その宿主を犠牲するという考えに賛同できず、“彼”と袂を分かち、悠を“彼”から救おうとするも、エイムの悪路王によって殺される。サトリでエイムの心に侵入中に肉体が死んでしまったために心だけがエイムの中に残った。
“彼” 身体を壊して車椅子生活を送っているアヤカシ使い。アヤカシ使いとしての力もほとんど使えなかったが第7話で復活。かつては肉体や精神に変調を来してしまうアヤカシ使いを救うために竜の力を求めていたが、今ではアヤカシ(オロチ)の影響で人が変わり、竜を暴走させて完全体となった竜を喰らってその力を我がものにしようと目論むばかりか、アヤカシの能力を得るために全てのアヤカシ使いを喰らおうとしている。さらに自らの食欲を満たすため、街の住人全員をアヤカシ使いにする計画まで実行する。
夜明アキノ エイムの姉。“彼”のおかげで自分と妹が生きて常に“彼”の側にあって“彼”の考えに賛同しない過激なアヤカシ使いたちから“彼”を守っている。
前川彰男 元警部補。“彼”の考え(変調前の)に賛同し、警察を辞めて彼に協力していた。
花井のり子 陽愛の親友。メガネッ娘。
梶原平馬 悠の学校の先輩。関西弁。アヤカシ使い。“彼”の命令で悠を監視していた。病気の妹がおり、“彼”の変化に身の危険を感じ、いち早く
堀正義 5年前の女子高生連続殺人事件の犯人で、死刑が確定していたが拘置所を脱獄。
乃木慎平 悠の学校の同級生。アヤカシ使い。精神の変調が進行した挙げ句、イワナに喰われてしまう。
真田恭平 悠の学校の不良。アヤカシ使い。精神の変調が進行し理性を失っており、悠を追い詰めた。
 キーワード
アヤカシ 人間に寄生し、その精神を喰らう事によって具現化する生命体。寄生された人間は強大な力を持つが、代償として精神や肉体に変調を来す。精神的に不安定な大人や発育途中の子供に取り憑きやすい。取り憑かれてからアヤカシが目覚めるまでの期間には個人差がある。宿主を補助するためか、宿主となった者は驚異的な肉体の再生回復力を持つ。
アヤカシ
アヤカシ使い
備考
久坂悠 破滅と再生のアヤカシ。公式サイトには竜の最終形態として「共生竜」なる記述もあるが、本編では特に言及はない。
サトリ 夜明エイム
牧原和泉
侵蝕のアヤカシ。クラゲのような外見で、人の精神に干渉をする能力の他、索敵能力、攻撃能力も持つ
悪路王 夜明エイム 剛胆のアヤカシ。青鬼。屈強な腕力と頑強な身体を持つ。
阿照流為
(あてるい)
夜明アキノ 閃光のアヤカシ。赤鬼。
オロチ “彼” 悪喰のアヤカシ。巨大な大蛇のような外見で、他のアヤカシを食うことで、その能力を奪うことができる。
- 無限のアヤカシ。アヤカシが混ざり合った存在。アヤカシを喰らい続けたオロチが変化した姿。全てを飲み込み無限に広がり続ける最悪のアヤカシ。
テング パム 瞬纏のアヤカシ。空間転移能力を持ち、相手の肉体の一部を含む空間を転移させてしまう攻撃の他、自らもパムをその身に包んで空間転移する移動方法を用いる。パムは「テン」と呼んでいる。
ケバタケ 前川彰男 不幸のアヤカシ。宿主にもその姿が見えず、ただ近寄る者に様々な不幸を与える。宿主に対する敵意に反応して
化ける猫
(化猫)
夏原 様々なものに化ける能力があり、他のアヤカシと違って意思を持ち人語を話すことができる。
夜叉丸 - 破断のアヤカシ。千年生きたアヤカシの完全体で、最強の剣。“彼”が自分がオロチに喰われた時に自分を倒してくれるようアキノに託した。
ヌリカベ 梶原平馬 岩塊のアヤカシ。
デイダラボッチ - 巨躯のアヤカシ。すでに寄生した人間を喰い尽くして完全体となっており、ビル程もある巨体で街を破壊して回った。
キジムン 堀正義 操作のアヤカシ。複数の小人のような外見を持ち、口から体内に侵入して寄生し、命令に従わせることができる。(7話)
枕返し - 幻夢のアヤカシ。夢の中を覗く能力を持つ。元の寄生者はオロチに喰われたと思われ、“彼”がその能力を使っていた。(6話)
イワナ 乃木慎平 虚無のアヤカシ。クジラのような外見で地面を水中のように移動し、喰われたものは存在そのものが消え、周りの人間の記憶さえもなくなってしまう。(4話)
ショウケラ 角屋昭吾 隱形のアヤカシ。カメレオンのような外見で、姿を消して隠密行動をし、長く伸びる舌で攻撃する。(4話)
カマイタチ 真田恭平 疾風のアヤカシ。蛇のような細長い外見で、姿を消して空中を泳ぐように移動しては、あらゆるものを切断する。(1〜3話)
アヤカシ使い アヤカシに寄生され、様々な能力を持った人間。
完全体 寄生した人間を喰い尽くしたアヤカシ。
夏の雪 彗星の接近周期に合わせてミヤカシ市に振る雪で、アヤカシ生み出す源である竜の欠片。竜の欠片を受け入れた者はアヤカシ使いとなる。
修正 地上波放送では、残酷なシーンや入浴シーンに修正が施されたものが放送された。(4話)
未祐とさくらのAYAKASHI R 2008年1月5日〜にメディファクラジオとアニスタ.TVで配信されてたインターネットラジオ。パーソナリティは松来未祐と野川さくら。
『AYAKASHI』 CROSSNETから2005年10月28日に発売された伝奇バトルアドベンチャーゲーム。
『AYAKASHI H(エイチ)』 CROSSNETから2006年9月29日にに発売されたアドベンチャーゲーム。『AYAKASHI』の後日談が描かれている。18禁。

■ Amazonで『AYAKASHI』の商品を探す