桜 蘭高校ホスト部



 オウランコウコウホストクラブ
 日本テレビ 2006/04/04〜2006/09/26 毎週火曜日 24: 50〜25:20 全26話
 スタッフ  キャスト
原作 葉鳥ビスコ
(白泉社「LaLa」)
監督 五十嵐卓哉
シリーズ構成 榎戸洋司
キャラクターデザイン
総作画監督
高橋久美子
メインデザイン 福地仁
プロップデザイン 宮豊
衣装デザイン 小森かおり(6〜7,9〜10,12,14〜16,19,21〜26話)
矢崎優子(8,17話)
小栗寛子(8話)
斉藤英子(11話)
倉島亜由美(13話)
美術監督 中村典史
色彩設計 中山しほ子
撮影監督 瓶子修一
編集 西山茂
音響監督 若林和弘
音楽 平野義久
企画 大澤雅彦、大島満、内山晴人
企画協力 柳沢仁、近藤多喜子
プロデューサー 中谷敏夫、田村学、南雅彦、山下雅弘
アシスタントプロデューサー 小林三紀子
制作協力 XEBEC M2(3,8,15,20話)
マジックバス(12話)
M・S・C(17話)
アニメーション制作 ボンズ
製作 桜蘭高校ホスト部製作委員会
 日本テレビ
 バップ
 ボンズ
 白泉社
オー プニングアニメーション
絵コンテ/演出 紅優
作画監督 高橋久美子
原画 西村博之、佐々かなこ、小栗寛子、今宮雅子、橋本浩一、大塚八愛、佐藤道雄、中井準、押山清高
CGI 竹山篤志、南條楊輔、rarahu(DNA)、福士直也(DNA)、小森稲穂(DNA)
背景 スタジオ風雅、渋谷麗子、永井一男、森川篤、グリーン
エ ンディングアニメーション
イラスト 葉鳥ビスコ
演出/撮影 ちゃっぴぃ
藤岡ハルヒ 坂本真綾
須王環 宮野真守
鳳鏡夜 松風雅也
常陸院光
1〜23,25〜26話
鈴村健一
常陸院馨
1〜23,25〜26話
藤田圭宣
埴之塚光邦
1〜23,25〜26話
齋藤彩夏
銛之塚崇
1〜23,25〜26話
桐井大介
宝積寺れんげ
4〜7,9,11〜12
,17〜19,21〜23,25話
吉住梢
藤岡淳二/蘭花
10,13,19,25〜26話
子安武人
(綾小路)
1話
根谷美智子
桜塚希美子
1〜5,8,22〜23,25話
浅井清己
倉賀野百華
1〜5,8,21〜22話
渡辺智美
烏丸瑠璃
1〜4,8,23話
石塚さより
夷川栞
1〜6,8,12,21〜25話
三瓶由布子
上賀茂椿
1〜4,6,8,14,21〜24話
高垣彩陽
君和田ほのか
1〜4,8,22〜23話
小野涼子
北御門梢
1〜6,8〜9,14,23話
成田紗矢香
宇佐美陽菜
1〜6,8〜9,14,25話
椿理沙
春日崎奏子
2話
桑谷夏子
珠州島亨
2話
田坂秀樹
野武
3話
目黒光祐
れんげの父親
4話
沢木郁也
男子生徒A
4話
原田正夫
男子生徒B
4話
伊丸岡篤
猫澤梅人
5,11,21話
うえだゆうじ
和馬麗子
5話
小野涼子
鷹凰子嗣郎
6話
竹内順子
神城惟
6話
門脇舞
メイドA
7,15〜16話
小野涼子
メイドB
7,15〜16話
渡辺智美
鳳家プライベートポリスA
7話
白熊寛嗣
鳳家プライベートポリスB
7話
伊丸岡篤
男A
8話
杉山大
男B
8話
近藤隆
天草紅緒
9,19話
斎賀みつき
舞原千鶴
9,19話
山田美穂
石蕗雛子
9,19話
笹本優子
藤岡琴子
10,19話
土井美加
前園シマ
10,26話
羽鳥靖子
須王家のメイド
10話
成田紗矢香
大家
10話
渡辺智美
酒店のおじさん
10話
ふくまつ進紗
猫澤霧美
11話
間宮くるみ
呉竹
11話
川上とも子
門松
11話
岩尾万太郎
すみれ
12話
阪田佳代
三鴨茉莉花
12,18,22話
石塚さより
宗像亜弓
12,18話
浅井清己
ハルヒ(藤岡ハルヒ)
13話
坂本真綾
帽子屋(須王環)
13話
宮野真守
芋虫(鳳鏡夜)
13話
松風雅也
チェシャ猫A(常陸院光)
13話
鈴村健一
チェシャ猫B(常陸 院馨)
13話
藤田圭宣
三月兎(埴之塚光邦)
13話
齋藤彩夏
眠りネズミ(銛之塚崇)
13話
桐井大介
公爵夫人(宝積寺れんげ)
13話
吉住梢
ハートの王(藤岡淳二)
13話
子安武人
ハートの女王(藤岡琴子)
13話
土井美加
豚児(猫澤梅人)
13話
うえだゆうじ
豚児の妹(猫澤霧美)
13話
間宮くるみ
料理女(綾小路)
13話
根谷美智子
ネズミ(鷹凰子嗣郎)
13話
竹内順子
ドードー鳥(春日崎奏子)
13話
桑谷夏子
小松澤明
14話
鳥海浩輔
右京千影
14話
梶裕貴
左京智親
14話
小林和矢
美鈴
15〜16話
長島雄一
荒井
15〜16話
竹谷和樹
お客A
15話
三瓶由布子
お客B
15話
成田紗矢香
鳳敬雄
17,24〜26話
立木文彦
御婦人
17話
さとうあい
陶器売り
17話
魚建
少年
17話
浅井清己
ファーストフード店の店員
17話
椿理沙
女子大生
17話
高垣彩陽
店内放送の声
17話
渡辺智美
埴之塚靖睦
18話
渡辺啓
光邦の父
18話
郷里大輔
空手部員
18話
澤田将考
紅薔薇の会幹部A
19話
渡辺智美
紅薔薇の会幹部B
19話
小野涼子
紅薔薇の会幹部C
19話
三瓶由布子
紅薔薇の会幹部D
19話
石塚さより
紅薔薇の会幹部E
19話
椿理沙
紅緒のファン
19話
高垣彩陽
幼等部時代の女の子
20話
浅井清己
常陸院家の世話係
20話
石塚さより
女性
20話
渡辺智美
中等部時代の女子生徒A
20話
椿理沙
中等部時代の女子生徒B
20話
三瓶由布子
中等部時代の男子生徒
20話
笹田貴之
相賀和清
21話
山崎樹範
倉賀野百華
21話
渡辺智美
男子生徒
21話
太田哲治
笠野田律
22〜23話
羽多野渉
千堂鉄也
22〜23話
浪川大輔
律の父親
22話
仲野裕
舎弟
22〜23話
長嶝高士
男A
22話
原田正夫
男B
22話
伊丸岡篤
(少年時の笠野田律)
22話
三瓶由布子
州脇梓
23〜24話
椿理沙
鳳芙祐美
24話
井上喜久子
秋庭百合子
24話
成田紗矢香
男子生徒A
24話
小澤豊
男子生徒B
24話
浅沼晋太郎
男子生徒C
24話
笹田貴之
男子生徒D
24話
増田裕生
須王譲
25〜26話
井上和彦
エクレール
25〜26話
田村ゆかり
環の祖母
25〜26話
京田尚子
生徒の母親
25話
渡辺智美
業者
25話
杉山大
執事
26話
星野充昭
プライベートポリス
26話
伊丸岡篤
  主題歌
『桜キッス』
桜キッス(DVD付)
 歌:河辺千恵子
 作詞:渡辺なつみ/作曲:M.RIE/編曲:shinya
『疾走』
DAZE&HOPE
 歌:LAST ALLIANCE
 作詞:安斉龍介/作曲:安斉龍介/編曲:LAST ALLIANCE
  サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
060404
今日から君はホストだ
榎戸洋司
五十嵐卓哉
五十嵐卓哉
長谷部敦志
第2話
060411
高校生ホストのお仕事
榎戸洋司
佐藤イチ
安斎剛文
菅野宏紀
第3話
060418
身体検査に御用心
榎戸洋司
岡村天斎
飯村正之
本橋秀之
第4話
060425
女子マネージャー襲来
榎戸洋司
中津環
中津環
斉藤英子
第5話
060502
双子ケンカする
榎戸洋司
角田一樹
角田一樹
工藤裕加
第6話
060509
小学生ホストはやんちゃ系
榎戸洋司
福田道生
森山雄治
もりやまゆうじ
第7話
060516
ジャングルプールSOS
榎戸洋司
石平信司
安斎剛文
矢崎優子、長谷部敦志
第8話
060523
太陽と海とホスト部
榎戸洋司
五十嵐卓哉
飯村正之
飯村正之
本橋秀之
第9話
060530
ロベリア女学院の挑戦
榎戸洋司
金子伸吾
金子伸吾
菅野宏紀
第10話
060606
藤岡家の日常
榎戸洋司
桜井弘明
信田ユウ
鍋田香代子
第11話
060613
お兄ちゃまは王子様
榎戸洋司
石平信司
松尾慎
斉藤英子
第12話
060620
ハニー先輩の甘くない三日間
榎戸洋司
福田道生
熨斗谷充孝
鈴木伸一
第13話
060627
不思議の国のハルヒ
榎戸洋司
五十嵐卓哉
五十嵐卓哉
倉島亜由美
第14話
060704
噂のホスト部を取材せよ
榎戸洋司
菱田正和
安斎剛文
工藤裕加
第15話
060711
軽井沢さわやかバトル
榎戸洋司
石平信司
中村里美
本橋秀之
第16話
060718
ハルヒと光の初デート大作戦
榎戸洋司
角田一樹
角田一樹
長谷部敦志、菅野宏紀
第17話
060725
鏡夜の不本意な休日
榎戸洋司
福田道生
犬川犬夫
鍋田香代子
第18話
060801
チカ君のハニー打倒宣言
榎戸洋司
石平信司
信田ユウ
小平佳幸
第19話
060808
ロベリア女学院の逆襲
榎戸洋司
金子伸吾
金子伸吾
斉藤英子、矢崎優子
第20話
060815
双子があけた扉
榎戸洋司
京田知己
中村里美
本橋秀之
第21話
060822
いつかカボチャになる日まで
榎戸洋司
数井浩子
石平信司
佐藤育郎
桑名郁郎、板垣敦
第22話
060829
モリ先輩に弟子入り志願
榎戸洋司
安斎剛文
安斎剛文
工藤裕加
第23話
060905
環の無自覚な憂鬱
榎戸洋司
松尾慎
松尾慎
長谷部敦志、菅野宏紀
第24話
060912
そして鏡夜は出会った
榎戸洋司
京田知己
京田知己
小平佳幸
第25話
060919
ホスト部解散宣言
榎戸洋司
石平信司
金子伸吾
斉藤英子、工藤裕加
第26話
060926
これが俺たちの桜蘭祭
榎戸洋司
五十嵐卓哉
五十嵐卓哉
高橋久美子
※第1話 レイアウト作画監督補佐:高橋久美子、伊藤嘉之  ※第2話 作画監督補佐:稲留和美
※第3話 レイアウト監修:石川健介、松岡秀明、西澤晋  ※第4話 作画監督補佐:稲留和美、菅野宏紀、高橋久美子
※第8話 レイアウト監修:古田誠  ※第9話 作画監督補佐:長谷部敦志、稲留和美、竹内旭、木村友美
※第11話 作画監督補佐:稲留和美、菅野宏紀、高橋久美子  ※第14話 作画監督補佐:板垣敦
※第15,20話 レイアウト監修:古田誠  ※第18話 作画監督補佐:稲留和美、菅野宏紀、高橋久美子
※第19話 絵コンテ協力:矢崎優子
※第21話 レイアウト作画監督:安田京子、小谷杏子、逢坂浩司、織田広之、金田尚子、山本尚志
※第22話 作画監督補佐:石田可奈  ※第23話 作画監督補佐:矢崎優子、高橋久美子
※第24話 作画監督補佐:稲留和美、木村友美、菅野宏紀、竹知仁美
※第25話 絵コンテ協力:矢崎優子/作画監督補佐:稲留和美
※第26話 作画監督補佐:斉藤英子、矢崎優子、長谷部敦志、稲留和美、小森高博
  キャラクターデータ
藤岡ハルヒ 高等部1年A組。2月4日生まれ。身長155cm。O型。Aカップ。学年主席で校内一貧乏な特 待生。弁護士であった亡き母に憧れ、桜蘭学院を受験。かなりの天然。間違って入ってしまったホスト部の部室で、誤って800万円のルネの花瓶を割ってし まったために、ホスト部の傀儡(犬=雑用係)となってしまう。指 定制服(制服一式30万円)も買えずダサい格好をしていたために環から「ダサ岡」と呼ばれていたが、眼鏡(入学式にコンタクトを失くしたため)を外すと美 形であることが発覚したため、ホスト向きだと制服を与えられ、正式なホスト部員にさせられてしまう。そして環の指導を受け、100人(綾小路と揉め事を起 こしたためにノルマ1000人が追加された)の指名客を集められたら800万円の借金をチャラにする約束を一方的にさせられる。
10年前に母を病気で亡くしている。一人称は「自分」。
入学前は長い髪で女の子らしい外見だったが(鏡夜の調査によれば、中学時代はほぼ月1度の頻度で誰かに告白されていた)、入学前日に近所の子供にガムをつ けられたため、面倒になってバッサリと髪を切ってしまった。服装にも無頓着で男物を好む傾向があるため、校内ではパンツにシャツ姿。その上、ホスト部に入 るまで他生徒との交流はほとんどなく、さらに体育は選択制で取っておらず、出席番号も男女混合なので、彼女が女であることを知るのはホスト部部員のみ。
ホスト部では優等生天然系を担当。第2話には借金1/3カットを条件に春日崎奏子とキス(ファーストキス)をした。甘いものは好きではない。贅沢や金銭的 なものへの欲望はほとんどないが、食べ物(御馳走)には心が動く。虫とかも平気でムカデも手掴みできる。ホスト部のメンバーが弱点を探すも、オバケや心 霊、閉所暗所、先端恐怖なども平気、ホスト部の美少年にドキドキすることもなく、男に対しても無防備で恐れなしと、弱点なしに見えたが、唯一雷が苦手。音 楽の成績だけは悪くて音痴。
家は木造2階建アパートの2Kの部屋。
須王環
(すおうたまき)
17歳。高等部2年A組。4月8日生まれ。身長183cm。A型。ホスト部部長。指名率7割の キング。桜蘭学院理事長の子息。ハーフ(日本人×フランス人)で金髪。お気楽な性格のナルシスト。お人好しで情に流されやすく、いじ けやすい。藤岡ハルヒにべた惚れ中。演技力や、甘いセリフなどホストとしての能力はピカイチだが、それ以外は概ねダメ男。ホスト時以外は何故か殿様口調。 ハルヒに女らしくして欲しいと望 み、女らしくない行動や態度に対しては「お父さんは悲しい」とお父さん設定(母親役は鏡夜)でハルヒを窘めるも概ね聞いてもらえない。事あるごとにハルヒ との妄想恋愛にふけるが、意外にも保守派で(原作が少女マンガだから)、専らプラトニック・ラブな内容。ハルヒへの想いを理解できず、「お父さんの娘に対 する愛情」という自己解釈をしている。
桜蘭学院には中学3年の春から編入。本妻の子ではなく、須王譲が外国で生ませた子供。離縁した本妻との間に子供がいなかったため、苦慮の末に後継者にすべ く14歳の彼を引き取った。母親は行方不明。春菊が苦手。子供の頃は、病気の母が心配で外に出 れず、母を元気づけるためにピアノを弾いたりしていた。
須王家は古くから金融業を基盤にホテルや劇場、学校経営(桜蘭学院)なども手掛けている。
鳳鏡夜
(おおとりきょうや)
高等部2年A組。11月22日生まれ。身長181cm。AB型。ホスト部副部長。クール系。メ ガネ男。ク ラス委員長。常に打算的で、情報収集に長け、ホスト部の財政を一手に担っている。低血圧魔王(寝起きが悪い)。
医療機器メーカーで医療関係を中心に多角経営をしている鳳グループの御曹司。鳳家は由緒ある侯爵家の血筋で、財閥体制の昔から医療分野に進出して頭角を現 し、現在も病院経営を核として「ヘルスビジネス界の雄」と呼されている。三男で上に兄が2人いる。2人の兄は無難に父親の期待に応えられる程度には優秀 で、三男である彼には兄以上が求められている。実力なら兄にも負けない自信はあったが、三男という立場を理解し、器用にその期待に応えようとしていたが、 三男というだけで超えることが許されない枠がある悔しさも感じていた。環が桜蘭学院に編入してくると、鳳家は須王財閥とは多くの事業関係が深く、で競合、 敵対しているビジネスも多いために、良き友人となっておくメリットがあると近づいた。
人を見抜くこと、人に見抜かれないことには自信があったが、環に本心を見抜かれた。第17話のデパートの一件以来、無自覚なハルヒへの想いが芽生えたらし い。
常陸院光
(ひたちいんひかる)
高等部1年A組。6月9日生まれ。身長178.2cm。B型。ホスト部部員。小悪魔系+BL 系。茶髪。光の双子の兄。ハルヒと同じクラス。環のことは「殿」と呼んでいる。母親はファッションデザイナー。
唯一の違いである前髪の右分け左分けを隠されると、誰にも2人の見分けがつかなくなってしまうが、唯一ハルヒだけは2人の見分けがつく(ハルヒ曰く「光の 言動の方が馨より1割増性格悪い」)。第6話以降、そのことを知り、馨と共にハルヒへの恋心が芽生える(ただし、まだはっきりとした恋愛感情にまでは育っ ていない)。
中等部の頃は、2人きりで誰も寄せ付けない雰囲気 をつくり、学校も好きじゃないようだったが、ホスト部が出来てからは他の生徒とも口を利くようになり、特にハルヒが入部してからはクラスメイトの誰とも親 しく話をするようになった。他人にどう思われようと気にしないで育ったために、好き勝手な性格になってしまった。特に光は感情的で、子供っぽい感情を振り回すことし か知らず、他人との付き合い方がまだ下手。
常陸院馨
(ひたちいんかおる)
高等部1年A組。6月9日生まれ。身長178.2cm。B型。ホスト部部員。小悪魔系+BL 系。茶髪。光の双子の弟。ハルヒと同じクラス。環のことは「殿」と呼んでいる。母親はファッションデザイナー。馨の方が光より大人で、常に光を慮ってい る。光同様ハルヒに惹かれてはいるものの、光を気にかける方を優先している。冷静な分析家で一人の時には割と良識ある態度を取る。
埴之塚光邦
(はにのづかみつくに)
17歳。高等部3年A組。2月29日生まれ。身長148cm。AB型。ホスト部部員。天真爛漫 なロリ ショタ系。通称「ハニー」。好きなものはケーキとチョコとウサギさん。埴之塚家は代々武道の名門(警察や自衛隊だけではなく、海外の軍隊にも指導をする 程)で、小学生のようなかわいい外見とは裏腹 に、彼は埴之塚家はじまって以来の猛者と呼ばれ(同じく彼は埴之はじまって以来の天才と呼ばれた父親を病院送りにする程)、中等部時代に空手と柔道の大会 で全国制覇をしている。埴之塚家は、華族でありながら古来武術に秀で、あら ゆる武術を取り入れた独自の武術を編み出し「埴之塚流」と呼ばれている。埴之塚家の男子は外では空手や柔道を学びつつ、家では埴之塚流を極めることに務 め、いかなる時も気を抜かぬよう、一門相まみえる時には切り結べと教えられてきた。次期当主の期待い応えるべく、かわいいものグッズを封印し、スイーツも 我慢していたが、環に本当に好きなものを認めるのが本当の強さだと諭され、空手部を辞めホスト部に入った。
閉所暗所恐怖症。いゆも持ち歩いているウサギのぬい ぐるみは、亡き祖母のお手製。低血圧怪獣(寝起きは悪いが早起き+昼寝必須)。毎晩夕食後にホールケーキ3個を平気で食べてしまう大食漢。週に一度は一晩 中ケーキを食べ続けるスペシャルケーキナイトがある。
銛之塚崇
(もりのづかたかし)
高等部3年A組。5月5日生まれ。身長192cm。O型。ホスト部部員。寡黙さが売りのワイル ド系。称「モリ」。掛け持ちで剣道部にも所属している。中学時代に剣道大会で全国制覇している腕前。銛之塚家は代々埴之塚家に仕えてきた家柄だが、二代前 の婚姻で親戚となり、光邦とは従兄に当たる。すでに両家には主従関係はないが、それでも彼は、光邦にいつもつき従っている。不器用。
宝積寺れんげ
(ほうしゃくじれんげ)
高等部1年A組。極度のゲームオタクで、恋愛シミュレーション「うきドキメモリアル」の登場人 物である一条雅にそっくりな鏡夜の写真をパリ在住時に見て一目惚れ。即時帰国し桜蘭高校に転入。鏡夜の性格も一条雅と同じ慈愛に満ちた性格であるはずであ り、自分は鏡夜の許嫁だと言い張る妄想娘。鏡夜にべた惚れで環のことは「ニセ王子」と邪険に扱う(他のメンバーにも当たりが厳しい)。押しかけ女子マネー ジャー になり、ホスト部をひっかきまわすも、ハルヒに諭され改心。今度は一転、ハルヒに惚れる。その後は事ある毎に、守備範囲の広いマニアックな解説役として床 から強力モーターを使った回 転昇降台に乗ってコスプレ姿で登場。
藤岡淳二 35歳。ハルヒの父親。オカマバー勤務。源氏名は「蘭花」。超親バカで、環と同じキャラ。本人 曰く、元々バイだが、琴子と恋に落ちてからは琴子一筋で、オカマも店で働くために作っているだけ。
藤岡琴子 ハルヒの亡き母親。弁護士。
鳳敬雄 鏡夜の父親。鳳グループ代表。
鳳芙祐美 24歳。鏡夜の姉。天然。
須王譲(ゆずる) 環の父親。須王財閥総帥(実権は会長職の母親が握っている)。桜蘭学院理事長。20数年前、父 親が早く亡くなったために、母親の決めた相手と政略結婚して須王家を継いだ。しかし、数年後フランスで出会った女性と本物の恋に落ち、環を生ませる。妻と 離婚して環の母親と再婚を望むも譲の母親は大反対。環の母親が病弱で日本で暮らすには支障があったこともあり、母子ともフランスで暮らさせていた(環14 歳まで)。ところが、須王家の後継者不在を焦り始めていた譲の母親は、環の母親の実家の事業が失敗して多額の負債を抱えると、環を須王家(日本)に引き取 ることと、二度と会わないことを条件に、環の母親に援助を提案。環の母親は断る術もなく提案を飲むも、その後身を隠すようにどこかへ移り住み行方不明。
埴之塚靖睦
(はのにづかやすちか)
ハ ニーの弟。通称「チカ」。中等部3年。空手部主将(柔道部兼部)。メガネ少年。甘いものは嫌い。埴之塚流の基本は、私心を戒め、無我を目指すことにあり、 快楽や欲望を貪るのはもっての外。そのため、強いくせに、ぬいぐるみやケーキに現を抜かしている兄を認めず、「光邦」と呼び捨てにしている。でも実は、常 に優れた兄と比較されてきたために、ひどいコンプレックスを抱いていた。
前園シマ 須王第二邸使用人総括。82歳。
エクレール・ト ネール 伯爵家の家柄であるフランス有数の名家トネール家の三女。トネール家は、昨今日本の企業を次々に買収している外資系企業として、経済界で騒がれているグラントネール社のオーナーでもある。環の祖母が、環に母親と会わせることを条件に彼女との婚約を命じた。アニメオリジナルキャラクター。
猫澤梅人(うめひと) 高等部3年。 黒魔術部部長。本当は金髪の美少年だが、明るい光が大の苦手で、黒装束に身を包んでいないと明るさに耐え切れず倒れてしまう。金髪だが、その明るい髪色さ えもカツラで隠さないといけない。代々猫を象ったものを崇拝してきた。その体質(実は体質ではなく)のために妹に近づくことができず(黒装束姿だと怖がっ て逃げられてしまうため)、悩んでおり、ホスト部のキャラ設定改革計画(れんげの特訓)を受ける。
猫澤霧美(きりみ) 3歳。幼等部1年。梅人の妹。金髪ツインテール+青い目。兄とは逆に暗いところが大嫌い。その 正反対の体質のために兄妹でありながら、兄 に会ったことがなく、肖像画でのみ知るおとぎ話の王子様のような兄に恋い焦がれ、高等部に在学中であることを知ると、時折高等部の校舎を兄を捜して彷徨っ ている。黒装束の実の兄を怖がって兄とは信じず、肖像画の兄と同じ金髪の環を「あにちゃま」と呼ぶ。動物が苦手で、特に生きた猫が一番怖い。
呉竹 猫 澤家のメイド。ツインテール。霧美のお迎え役。正反対の体質のために兄妹でありながら、愛しみ合えない梅人と霧美の悲劇性から、「猫澤家のロミジュリ」と いうキャッチコピーを考え、「猫澤家はロシアのトカレフ王朝の系譜に属する由緒正しき家系」「猫澤家には、何百年かに一度闇に魅入られた運命の子が生まれ るという言い伝えがあったりなかったりする」などの虚言癖とも取れる言動をする。寝床で王子様ネタの童話を読み聞かせ、ネタがつきると王子キャラの登場す る少女マンガまで読み聞かせて、変な知識を植え込んだ張本人。
門松 猫澤家の秘書。スキンヘッドで左目の横にこめかみから頬に至る大きな縫い傷がある。霧美のお迎 え役。
天草紅緒 聖ロベリア女学院高等部2年。白百合の会。通称「紅薔薇の君」。悪名高きホスト部を潰すために 襲来した。宝塚で言うところの男役。タコさんウィンナーが好き。ハルヒが女であることを一目にで見抜き、ロベリア女学院に編入させようと口説く。母親もロ ベリアの卒業生で、「男装の麗人」として語り継がれる白 百合の会の大先輩。
舞原千鶴 聖ロベリア女学院高等部2年。白百合の会。通称「鈴蘭の君」。
石蕗雛子 聖ロベリア女学院高等部1年。白百合の会。通称「雛菊の君」。
笠野田律 高等部1年D組。関東圏最大勢力のヤクザである笠野田組三代目の跡取り息子。弟子入り。赤髪。 生まれつき凶悪な目つきで、幼少時から極道の英才教 育を受けてきたが、そのおかげで舎弟さえも恐れて彼に近づかず、孤独に悩んでいた。環からは「ボサノバ」と呼ばれている。高等部から桜蘭学院に入学。ハル ヒの着替えを見てしまい、ハルヒが女であることを知ってしまう。と同時にハルヒに惚れてしまう。ハルヒ目当てでホスト部の客となると、本物のBLとして女 子の注目を浴び、さらにハルヒに振られた時の態度の立派さから、女子の支持を得、その後は人気者となった。
千堂鉄也 千堂組関東支部組長の息子。千堂組の手段を選ばぬやり方に反発して、笠野田律と出会って人柄に 惚れ、笠野田組に入った。
鷹凰子嗣郎
(たかおうじしろう)
初等部5年A組。突如、クラシック音楽部を退部し、ホスト部に入部志願して環の弟子となる。し かしそれは、想いを寄せるクラスメイトで同じクラシック音楽部の神城惟(かみしろひな)が、家の都合でドイツへ引っ越してしまうことになったのが理由だっ た。それを知った環に間違いを諭され、ピアノを大特訓。神城惟を招待し、課題曲であったモーツァルトのソナタ連弾を一緒に弾くことができ、彼女の心を掴む ことに成功。
春日崎奏子
(かすがさきかなこ)
2年B組。ホスト部常連客。珍しく定期的にお気に入りを変える傾向がある。国内シェアトップの 食器輸入メーカーの御曹司珠洲島享(すずしまとおる)の幼馴染みで許嫁。両想いながら、今はお互いの想いが行き違ってしまっていた。ホスト巡りも彼の気を 引こうとする行為だったが、彼はそれに気付かないでいた。
綾小路 ホスト部常連客で須王環のお得意様だったが、嫉妬心からハルヒを陥れようとして環に看破され、 事実上ホスト部出入禁止になった。
小松澤明 新聞部部長。高等部3年。小松澤出版社長の息子。出来の良い弟がおり、父親も弟に会社を継がせ るつもりでいるため、激しいコンプレックスを抱えている。父親に後継者候補を再考させるために実績をアピールしたいと望んでいる。ホスト部の人気に嫉妬 し、環に逆恨みを抱いている。
右京千影 新聞部部員。高等部2年。小松澤出版社の下請会社の息子。
左京智親 新聞部部員。高等部2年。小松澤出版社の下請会社の息子。
園田美鈴 42歳。ペンションみすずのオーナー。本名は園田イサオ。オカマ。蘭花の昔のお店仲間。2年前 からペンションを経営。
荒井 ハルヒの中学時代の友人。中学3年の夏にハルヒに告白するも、告白だと気づかずスルーされ失恋 した。
桜塚希美子 ホスト部常連客。
倉賀野百華 ホスト部常連客。
烏丸瑠璃 ホスト部常連客。
夷川栞 ホスト部常連客。
上賀茂椿 ホスト部常連客。
君和田ほのか ホスト部常連客。
北御門梢 ホスト部常連客。
宇佐美陽菜 ホスト部常連客。
相賀和清 高等部1年A組委員長。メガネ少年。暗所・ホラー映画・怪談話・いきなりバーンと脅かされるの 恐怖症。倉賀野百華に惚れている。
倉賀野百華 高等部1年A組副委員長。相賀和清の幼馴染み。ハルヒのファン。
 キーワード
私立桜蘭学院 家柄もよく裕福な家の子息が通う名門学校。須王家が経営しており、理事長は環の父親が勤めてい る。ちなみに作品タイトルは「桜蘭高校」だが、作中では「桜蘭学院高等部」。
桜蘭ホスト部 暇を持て余す美少年たちが、同じく暇な女生徒たちをもてなし潤わす華麗なる遊戯を活動とするク ラブ。また、女の子の幸せのために存在するということから、お節介を焼くこともある。南校舎の最上階にある使用されていない第三音楽室 が部室。設立2年目(環が高等部に昇級する際に創設)。ホームページは常陸院光& 馨が管理運営している。部のホームページでのネットオークションのお買い上げ額によるポイント制で優先待遇が受けられるシステム(第9話ではハルヒの使用 済みシャープペンが3万円で落札されていた)。ちなみに作品タイトルは「ホストクラブ」だが、作中では「ホストブ」と呼ばれている。
特待生 桜蘭高校の学生は、家柄と財力で入学するのが基本なため、特待生とはつまり庶民。桜蘭高校は庶 民とは隔絶した特殊な世界が形成されていて庶民には敷居が高く、桜蘭高校にとって特待生は、とても珍しい存在。
呼称

藤 岡ハルヒ 須 王環 鳳 鏡夜 常 陸院光 常 陸院馨 埴 之塚光邦 銛 之塚崇
藤 岡ハルヒ 自分 環先輩 鏡夜先 輩 ハニー 先輩 銛 先輩
須 王環 ハルヒ オレ 鏡夜 ハニー 先輩 銛 先輩
鳳 鏡夜 ハルヒ オレ ハニー 先輩 銛 先輩
常 陸院光 ハルヒ 殿 鏡夜先 輩 オレ ハニー 先輩 銛先輩
常 陸院馨 ハルヒ 殿 鏡夜先 輩 ハニー 先輩 銛先輩
埴 之塚光邦 ハル ちゃん たま ちゃん 鏡ちゃ ん ヒカ ちゃん カオ ちゃん
銛 之塚崇 ハルヒ 鏡夜 光邦 オレ
ハルヒの借金
話 数 借 金額・備考
第1話 ルネの花瓶を割って800万円の借金発生
第2話 春日崎奏子とのキスを条件に1/3カット
第3話 533万3,332円
第6話 鷹凰子嗣郎のせいでティーセットを割ってしまい、-10万円
第8話 旅行参加の女の子たちへの、不良との諍い事件で不快にさせたお詫びの花束5万 ×12=60万円
ホスト部のコスプ レ
話 数 コ スプレ、サービス
話 数 コ スプレ、サービス
第3話 和服(袴)/ギャルソン(花見の宴) 第14話 平安貴族
第4話 浴衣+着物 第21話 ハロウィン
第6話 アラビアンナイト
第22話 幕末(新撰組、坂本龍馬)
第9話 騎士 第23話 炬燵団欒サービス
第11話 ポリス 第25話 学園祭一般公開
第13話 不思議の国のアリス 第26話ヨーロッパ貴族
バナナの皮 本作品では、多くの場面でバナナの皮で滑るシーンが描かれている。なぜ至る所にバナナの皮が放 置されているのか全く不明だが、作中では重要なアイテムとなっている。
うき❤ドキ★メモ リアル 宝積寺れんげがハマっている女性向け恋愛シミュレーションゲーム。(4話)
れんげのテコ入れ 案 鏡夜以外のホスト部部員は総じてキャラが温いとして、バカみたいなノリだけでは、客に飽きられ るのは時間の問題として、マネージャー権限でキャラクター設定の一新を提案。勢い余って、れんげ脚本による映画撮影にまで及んだ。(4話)

設 定
須王環 外見ばかりを評価され、実はコンプレックスを抱える学園のアイドル、孤独な王子。
藤岡ハルヒ 優等生だけど激しいイジメにあっている。
常陸院光& 馨 2人きりの世界に閉じこもるバスケットボール選手。
埴之塚光邦 外見も中身も可愛いだけなら幼児と同じなため、可愛い顔して実は鬼畜。
銛之塚崇 幼馴染みの子分。
flower mifuka simokawa10代最後の写真集。ホスト部の公式サイトに掲載したハルヒのアイコラヌード写真に対し、環がどうせやるならと持ち出したアイドルの写真 集。(5話)
ベルゼネフ 猫澤梅人のも持つ呪い人形。というか手にはめるパペット。(5話)
熱帯アクアガーデン 鳳グループが手掛けるテーマパーク。(7話)
れんげのコスプレ 胸部から腹部にかけて紋様を描き込んだコスプレで登場。元ネタは『ラーゼフォン』第8話の如月 久遠(ただし、元ネタの水着はれんげの着ている黒ではなくピンク)。同作品に 出演している坂本真綾つながり。(7話)
鳳家プライベートポリス SWATのような特殊部隊で、日本なのに大型の銃器を装備している。(7話)
インスタントコーヒー 第1話でハルヒが間違えて(認識違いで)買ってきたもので、その後、全くコクもないのに、なぜ か妙にハマってしまうと、ホスト部共通の嗜好品となっており、珍しい飲み物としてお客にも出しているという。HESCAFE SPECIAL BLEND。(9話)
聖ロベリア女学院
白 百合の会
通称「ヅカ部」。宝塚風なしぐさと口調。女性を至上のものと考える乙女の集い、創設30年を誇 る乙女の乙女による乙女のための会。その活動は乙女お茶会、乙女討論会、トップメンバーによる歌とお芝居の発表会。ちなみにロベリア女学院の制服はセー ラー服。(9話)
スーパーまるとみ ハリヒがいつも利用しているスーパーマーケット。(10話)
猫澤霧美の評した ホスト部
話 数 設 定
ホスト部 逆ハーレム、しゅちにくりん(酒池肉林)
藤岡ハルヒ がりべん(ガリ勉)
須王環 おにいちゃま(お兄ちゃま)
鳳鏡夜 めがねきゃら(メガネキャtラ)
常陸院光& 馨 きんしんそーかん(近親相姦)
埴之塚光邦 ろりしょた(ロリショタ)
銛之塚崇 すといっくけい(ストイック系)
イヴィル・ビーム れんげが特訓で猫澤梅人に浴びせた只の懐中電灯。(11話)
桜(おう)スポ 新聞部の発行している校内新聞。校内恋愛事情や、家同士の権力抗争によるクラス内分裂といった 捏造記事ばかりのスキャンダル専門のゴシップ紙のため、すでに誰も読むもののいなくなった廃部寸前の零細クラブ。(14話)
スキスキ環くんspecial  発売と同時に1000部が完売した写真集。(14話)
萌え萌え桜蘭日記Vol.8 メガネ特集号。れんげが個人的に出版している同人誌。発売と同時に完売し、増刷がかかってい る。(14話)
スターライトキック 環の必殺キック。第23話では「ハイパースターライトキック」に進化した。(14話)
ペンションみすず ハルヒがアルバイトした軽井沢のペンション。(15話)
BONMAL 庶民デパート。ホスト部は庶民研修のために、開催中の「ふるさと地方物産展」を身に行った。 (17話)
めっきー 鏡夜がハルヒに買わせた北海道限定クッキー。(17話)
桜蘭戦隊ホストレ ンジャー 庶民デパートBONMALの屋上で催されたヒーローショー。れんげが司会のお姉さんを勤めてい るホストレ ンジャーの影のリーダーと噂されるホストブラックが登場。(17話) 
アントワネット 庶民デパートBONMALのペットショップで環が買った犬。(17話)
ナデシコデー 白 百合の会創設者の誕生日を祝って毎年開催されている特別公演。ヒロインの女の子が交通事故で入院してしまったために、ハルヒに白羽の矢が立った。会場は白 百合館劇場、演目は「追憶のセニョリータ」。(19話)
THE FASHION BOOK 光&馨が見ていたファッション界の人物辞典。(20話)
斜陽 鏡夜の読んでいた太宰治の小説。(20話)
ego & unconscious 馨が読んでいたユングの「自我と無意識」の英語本。(20話)
ハロウィン 桜蘭学院では、校内模試の採点とかぶる10月の末日までは毎年授業が休みとなり、学院内での仮 装パーティーが許可されている。さらに親睦を目的に丸一日をクラスのイベントで好きに使って良いことになっている。(21話)
ハロウィンスペシャルきもだめし大会 れんげが企画したイベント。(21話)
第43回桜蘭祭 桜蘭学院の学生のほとんどは、将来のリーダーたる資質を期待され、その力をアピールすることが 要求されるため、重視されるのは企画力と統率力。設営などの実作業は業者が行う。前夜祭と本祭の2日行われ、ホスト部は、中央棟サロンにて一般公開営業を実施した。(25話)
   

■ Amazonで『桜蘭高校ホスト部』の商品を探す