女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

Rozen Maiden träumend (ローゼン メイデン トロイメント)
 TBS 2005/10/20〜2006/01/26 毎週木曜日 25:55〜26:25 全12話
 STAFF  CAST
原作・シリーズ監修 PEACH-PIT
(幻冬舎「月刊コミックバーズ」)
監督 松尾衡
シリーズ監修
キャラクター原案
PEACH-PIT
シリーズ構成 花田十輝
脚本 花田十輝、岡田麿里、玉井☆豪
キャラクターデザイン 石井久美
イメージデザイン 春日井浩之
美術監督 柴田千佳子
色彩設定 勝沼まどか、井上英子
撮影監督 岸克芳
編集 武宮むつみ
音響監督 鶴岡陽太
音響制作 楽音舎
音楽 光宗信吉
音楽制作 Mellow Head
アニメーション制作 ノーマッド
製作 TBS・薔薇乙女製作委員会
真紅 沢城みゆき
桜田ジュン 真田アサミ
雛苺 野川さくら
翠星石 桑谷夏子
薔薇水晶 後藤沙緒里
金糸雀(カナリヤ) 志村由美
水銀燈 田中理恵
桜田のり 力丸乃りこ
柏葉巴 倉田雅世
蒼星石 森永理科
くんくん探偵 津久井教生
ラプラスの魔 津久井教生
男子生徒
1話
山本泰輔
女狐
1話
大浦冬華
2話
小野大輔
白崎
2〜3話
櫻井孝宏
 
 
みっちゃん
5話
 
メグ
6話
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 主題歌
『聖少女領域』
 歌:ALI PROJECT/作詞:宝野アリカ/作曲・編曲:片倉三起也
『光の螺旋律』
 歌:kukui/作詞:霜月はるか/作曲・編曲:myu
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
051020
薔薇水晶 Rozenkristall
花田十輝
松尾衝
松尾衝
石井久美
第2話
051027
槐(エンジュ) Enju
花田十輝
松尾衝
鈴木利正
菊地聡延
第3話
051103
金糸雀(カナリヤ) Kanarienvogel
玉井☆豪
堀之内元
菜香ゆき
田村正文
第4話
051110
契約 
岡田麿里
松尾衡
木村寛
藤沢俊幸
第5話
051117
手紙
玉井☆豪
堀之内元
小林智樹
山内尚樹
第6話
051124
天使 Engel
花田十輝
松尾衡
土屋浩幸
菊池聡延
第7話
051201
茶会
玉井☆豪
高田昌宏
高田昌宏
田村正文
第8話
051208
人形師
花田十輝
松尾衝
松尾衝
高炅楠
第9話
051215
戒 Der Tadel
岡田麿里
大田雅広
青柳宏宜
山内尚樹
第10話
060112
巴 Tomoe
花田十輝
島崎奈々子
島崎奈々子
菊池聡延
第11話
060119
薔薇園 Rosengarten
岡田麿里
堀之内元
小林智樹
田村正文
第12話
060126
少女
花田十輝
松尾衡
松尾衡
石井久美
 キャラクターデータ
真紅 ローゼンメイデン第五ドール。ドイツ語の本を読める。くんくん探偵フリーク。
桜田ジュン  
雛苺 語尾は「〜なの」。
翠星石 卑劣毒舌ホラ吹きドール。翠星石の双子の姉で左眼が緑で右眼が赤。ジュンを「チビ人間」と呼ぶ。焙じ茶を煎れるのが得意。今シリーズではツンデレにクラスチェンジし、ジュンと契約を交わした。語尾は「〜ですぅ」
蒼星石 翠星石の双子の妹。左眼が赤で右眼が緑。
薔薇水晶 ローゼンメイデン第七ドール。眼帯ちゃん。
金糸雀(カナリヤ) 自称頭脳派で策士のドジッ娘。語尾が「〜かしら」
水銀燈 復活した黒い羽根。真紅に復讐を果たそうとするも、再会を喜ぶ真紅に戸惑う。
桜田のり メガネっ娘。ラクロス部。
柏葉巴  
みっちゃん 金糸雀のマスター。金糸雀を溺愛する、っていうかドール好き。
メグ 水銀燈のミーディアム。5歳までしか生きられないと言われていたが延命措置で辛うじて生き存えている少女で、常に死を想い、死を願っている。
 キーワード
アリスゲーム アリスに合うため、最後の一人になるまでローザミスティカを奪い合う戦い。
ローザミスティカ  
マスター 主人
ミーディアム 家来。人形に力を与える存在。
ローゼンメイデンのドール
名前
制作順
人工精霊
道具
能力
水銀燈 第一ドール メイメイ 黒羽根  
金糸雀(カナリヤ) 第二ドール ピチカート    
翠星石 第三ドール スィドリーム 如雨露 植物を操る。
蒼星石 第四ドール レンピカ  
真紅 第五ドール ホーリエ ローズテイル  
雛苺 第六ドール ベリーベル 苺わだち  
薔薇水晶 第七ドール      
くんくん探偵  
どろぼうキャット くんくん探偵のライバルの怪盗。
くんくん変身セット 懸賞で当たったそうだ。(3話)
58万時間前 =約24166日=約66年?
   
   
   
   
   
   
   
   

under the editorship of marumegane