女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

プレイボール
 ちばテレビ 2005/07/06〜2005/09/28 毎週水曜日 25:35〜24:05 全13話
 テレビ埼玉 2005/07/07〜2005/09/29 毎週木曜日 25:30〜26:00 全13話
 tvk   2005/07/09〜2005/10/01 毎週土曜日 25:00〜25:30 全13話
 STAFF  CAST
原作 ちばあきお
総監督 出崎哲
監督 四分一節子
脚本 大浜誠、末永光代、植田浩二
キャラクターデザイン   清水恵蔵、泉保良輔
総作画監督 桝井一平
美術監督  
色彩設計  
撮影監督  
音響監督 壺井正
編集  
音楽 和田薫
アニメーション制作 エイケン
製作 エイケン・プレイボール製作委員会
オープニングアニメーション
絵コンテ・演出  
作画監督  
原画    
エンディングアニメーション
絵コンテ・演出  
作画監督  
原画    
谷口タカオ 前田賢一朗
丸井 浅野雄
イガラシ 佐藤ミチル
田所 河野裕
中山 呉本圭崇
山本 疋田高志
佐々木 竹谷和樹
太田 福井信介
山口 南田親彦
松本 山田浩一
村松 谷口祐貴
横井 柴崎幸一
戸室 窪田亮
相木 神谷浩史
今野 荻原秀樹
谷口の父 佐々木梅治
谷口の母 つかもと景子
   
タイヤキ屋のおやじ
梨田昌孝
(元近鉄バファローズ監督)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 主題歌
   
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
050706
伝説のキャプテン        
第2話
050713
未来への第一歩        
第3話
050720
ふたたび野球部へ        
第4話
050727
意外なピンチヒッター        
第5話
050803
執念のバックホーム        
第6話
050810
希望のバウンドボール        
第7話
050817
友情のマウンド        
第8話
050824
孤独なチャレンジ        
第9話
050831
悪夢のビハインドゲーム        
第10話
050907
気迫のピッチング        
第11話
050914
熱闘のグラウンド        
第12話
050921
再会のドリームゲーム        
第13話
050928
僕達のレインボウ        
 キャラクターデータ
名前
 
谷口タカオ 墨谷高校1年生。墨谷二中の野球部キャプテンとしてチームを引っぱり、全国優勝校・青葉学院に勝利した過去を持つ。だが試合中、怪我をした指での無理な投球が原因で、大好きな野球を断念せざるをえなくなってしまう。高校に入ってからはサッカー部に入部、異例の1年生レギュラーの座を獲得するも、彼自身の野球への想いは深く、投げられないと知りながらも、野球部へと戻る決心をする。元々不器用で、才能に恵まれているわけではないが、常に人一倍の努力と、決してあきらめない心で、目の前の様々な壁を克服していく。その姿は周りの部員たちをも巻き込むほどの影響力を持つ。好きな食べ物はタイヤキ、カレーライス
田所 墨谷高校3年生・野球部キャプテン。大柄で、乱暴なものの言い回しや、言動がコロコロ変わる所があるが、面倒見が良く、チームメイトの気分を盛り上げ、まとめている。くじ引きで選別されたキャプテンではあるものの、新参者の谷口のアドバイスを積極的に取り入れるなど、決断力(横暴さ?)もある。基本的には楽しく野球ができればよく、勝ち負けにはこだわらないタイプで、その事で谷口との食い違いも。自宅は田所電気商会で、高校卒業後は手伝う予定なので、帰宅後は免許取得に向けて勉強中。
中山 墨谷高校2年生・野球部エースピッチャー。球速・球威・スタミナは並レベル、球種はストレートとカーブ。負けん気が強く、墨高にピッチャーは自分しかいないため、ある程度のプライドもある。 基本的にコントロールは問題ないが気分屋で、調子に乗りやすい反面、打たれ始めると精神的にもろい。投手という事もあり、投げられない谷口を試合に出す事を一番反対していた人物。
佐々木 墨谷高校3年生・野球部部員。墨高唯一人の左投げ・左打者。バッティングに関しては、カーブ打ちが得意(本人談)。京成戦において谷口に打席を奪われ一時関係が悪化するも、ひたむきな谷口の姿に打たれ、彼を認めるようになっていく。あまり目立たないが、守備はソツなくこなす。
松本 墨谷高校3年生・野球部部員。団子鼻が特徴。江戸っ子気質で威勢が良く、すぐカッとなる所はあるが、のんびりした一面もある。守備は時折ミスがあるものの、持ち前の気風の良さでうまくさばく事も。
山口 墨谷高校2年生・野球部部員。谷口入部当初は、サードを守っていた。おだてに弱くおっとりした性格で、やや天然ボケな所がある感激屋。チャームポイントは右頬のホクロ。打撃では墨高内でもトップクラスのパワーの持ち主。
太田 墨谷高校2年生・野球部員。100メートル11秒台の俊足と、強肩を誇る。その高い運動性を生かした守備は範囲が広く、墨高内野陣でも高水準の実力。冷静で口数が少ないが、時折言いにくい事をサラリと言う事も。
村松 墨谷高校3年生・野球部部員。ガッチリした体格でチームのバックを守る熱血漢。京成戦時、打ちたいのに2度もバントをやらされる等、指示した谷口に対していい印象を持っていなかったが、次第に変わっていく。多少自分勝手な所があり、隣のポジションと守備範囲でケンカする事もある。
山本 墨谷高校2年生・野球部部員。出っ歯が特徴的な墨高ムードメーカー。おっちょこちょいでお調子者、気遣いがうまくなく、思ったことをすぐ口にして、田所にいつも怒鳴られる。口癖は「しぃましぇん」。トップバッターとなることが多く、打撃は並レベル。
横井 墨谷高校1年生・野球部部員。谷口入部当初は、レフトを守っていた。部員が足りない墨高で、谷口入部前でレギュラーだった唯一の1年生。両頬のウズマキが愛くるしい外見で、気の小さい所が欠点と言えば欠点。打撃は得意ではないようだが、京成戦時に4番打者だった事もあり、その実力は不明。
戸室 墨谷高校1年生・野球部部員。谷口入部前の唯一人の補欠。小柄ながらもレギュラー全員がポジションについての練習ではノッカーを務めるが、狙った方向へうまく飛ばない事もしばしば。調子に乗り田所の真似をしてレギュラーを怒鳴る事もあるが、1年生という事もあり、基本的には目立たない
丸井 墨谷二中3年生・野球部キャプテン。谷口がいた中学の後輩。前キャプテン・谷口を崇拝し、野球ができなくなった卒業後の彼を心配して顔をよく出す。 短気で単純、さらに涙もろい。谷口の野球復帰を誰よりも喜び、墨高入学を決意するが…。
イガラシ 墨谷二中2年生・野球部部員。丸井と共に谷口の心配をする。理論派で、言いにくい事もハッキリ言う性格。それ故に孤立しがちだったが、谷口や丸井の影響を受け、チームプレイの重要性を知る。その後は丸井の跡を継ぎ、次期キャプテンとなる。
谷口の父 いつも谷口に努力の大切さを教えてきた大工を営む下町の江戸っ子親父。野球中継を含めた一切の話題をシャットアウトして野球を断念した谷口を気遣う。 谷口がサッカー部から野球部に戻った時も心の底から祝福するも、よもや再びレギュラーになるなどとは夢にも思わなかったはずである。母ちゃんとの息の合った掛け合いは健在。
谷口の母 常に息子の事を心配していて、その事が父ちゃんとのケンカの原因となっている。 サッカー部に入部したと聞けばお祝いし、決戦となればスペシャル弁当を用意するといった息子想いの下町のおふくろ。父ちゃんとの息の合った掛け合いは健在。
   
 キーワード
墨谷高等学校  
墨谷第二中学校  
青葉学院  
   
   
   

under the editorship of marumegane