女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

プラネテス
 NHK BS2  2003/10/04〜2004/04/17  毎週土曜日  08:06〜  全26話
 NHK教育  2004/07/14〜2005/01/26  毎週水曜日  24:25〜24:50  全26話
 スタッフ  キャスト
原作 幸村誠
監督 谷口悟朗
脚本 大河内一楼
コンセプトデザイン
設定考証
小倉信也
キャラクターデザイン   千羽由利子
メカニカルデザイン 高倉武史、中谷誠一
デザイン協力 工藤昌史、斎藤久、熊川明久
美術監督 池田繁美
美術ボード 丸山由起子
色彩設計 横山さよ子
特殊効果 干場豊(たくらんけ)
撮影監督 大矢創太
編集 森田清次森田編集室
HD編集 キュー・テック、山手実、白井基記
音響監督 浦上靖夫
音響制作 オーディオ・プランニング・ユー
録音スタジオ APU MEGURO STUDIO
ミキサー 田中章喜
アシスタントミキサー 田口信孝
音響効果 庄司雅弘(フィズサウンドクリエイション)
音楽 中川幸太郎
音楽プロデューサー 石川吉元
音楽制作 ビクターエンタテインメント
音楽制作協力 サンライズ音楽出版
企画 内田健二、上埜芳被、松本寿子
プロデューサー 河口佳高、湯川淳、植原智幸
協力 講談社
取材協力 JAXA(宇宙航空研究開発機構)
製作 サンライズ
バンダイビジュアル
NHKエンタープライズ21
オープニングアニメーション
演出 北村真咲、谷口悟朗
作画 斉藤英子、橋本敬史、木村貴宏、中田栄治、松井章、栗尾昌宏、斎藤久
エンディングアニメーション
演出 北村真咲、谷口悟朗
作画 吉田健一、高野和史、橋本誠一
ハチマキ(星野八郎太) 田中一成
タナベ(田名部愛) 雪野五月
フィー・カーマイケル 折笠愛
ユーリ・ミハイロコフ 子安武人
課長(フィリップ・マイヤーズ) 緒方愛香
アルヴィンド・ラビィ 後藤哲夫
エーデル(エーデルガルド・リヴェラ) 伊藤舞子
クレア・ロンド 渡辺久美子
カオ・チェンシン(高正盛) 檜山修之
リュシー・アスカム 倉田雅世
ドルフ・アザリア部長 加門良
ハキム 大友龍三郎
ギガルト・ガンガラガッシュ 若本規夫
ウェルナー・ロックスミス 石塚運昇
星野ゴロー 飯塚昭三
星野ハルコ 藤田淑子
星野九太郎 保志総一朗
ノノ こおろぎさとみ
ヴァンリ まるたまり
シャポウ 永澤菜教
キース 沼田祐介
ナレーション 小林恭治
 主題歌
『Dive in the Sky』
Dive in the sky
 歌:酒井ミキオ/作詞・作曲:酒井ミキオ
『Wonderful Life』 (1〜25話)
Dive in the sky
 歌:酒井ミキオ/作詞・作曲:酒井ミキオ
『PLANETES』 (26話)
 歌;Hitomi/作詞・作曲:黒石ひとみ
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
総作画監督
作画監督
Phase 1
031004
大気の外で
大河内一楼
谷口悟朗
北村真咲
谷口悟朗
-
千羽由利子、中谷誠一
Phase 2
031011
夢のような
大河内一楼
大橋誉志光
大橋誉志光
千羽由利子
中谷誠一
寺岡巌
Phase 3
031018
帰還軌道
大河内一楼
山本恵
山本恵
千羽由利子
中谷誠一
Phase 4
031025
仕事として
大河内一楼
谷口悟朗
五十嵐達也
千羽由利子
中谷誠一
斉藤久
Phase 5
031101
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
大河内一楼
杉島邦久
石踊宏
千羽由利子
中谷誠一
竹内進二
Phase 6
031108
月のムササビ
大河内一楼
米たにヨシトモ
北村真咲
-
工藤昌史、坂本修司
Phase 7
031115
地球外少女
大河内一楼
大橋誉志光
大橋誉志光
-
中田栄治、千羽由利子
Phase 8
031122
拠るべき場所
大河内一楼
山本恵
山本恵
中谷誠一
米山浩平、池田有
中村プロダクション
Phase 9
031129
心のこり
大河内一楼
笹木信作
五十嵐達也
-
斉藤久
Phase 10
031206
屑星の空
大河内一楼
北村真咲
村田和也
千羽由利子
中田栄治
しんぼたくろう
高瀬健一
中村プロダクション
Phase 11
031213
バウンダリー・ライン
大河内一楼
大橋誉志光
大橋誉志光
-
工藤昌史、坂本修司
Phase 12
031220
ささやかなる願いを
大河内一楼
須永司
吉村章
-
中谷誠一
Phase 13
040110
ロケットのある風景
大河内一楼
村田和也
古川政美
千羽由利子
中谷誠一
竹内進二
Phase 14
040117
ターニング・ポイント
大河内一楼
須永司
五十嵐達也
-
米山浩平、池田有
中村プロダクション
Phase 15
040124
彼女の場合
大河内一楼
杉島邦久
北村真咲
千羽由利子
斉藤久、工藤昌史
Phase 16
040131
イグニッション
大河内一楼
村田和也
村田和也
-
千羽由利子、中田栄治
Phase 17
040207
それゆえの彼
大河内一楼
須永司
大橋誉志光
千羽由利子
しんぼたくろう
高瀬健一
中村プロダクション
Phase 18
040214
デブリ課、最期の日
大河内一楼
山本恵
山本恵
千羽由利子
中谷誠一、植田洋一
Phase 19
040221
終わりは いつも…
大河内一楼
須永司
五十嵐達也
千羽由利子
米山浩平、池田有
中村プロダクション
Phase 20
040228
ためらいがちの
大河内一楼
北村真咲
北村真咲
千羽由利子
斉藤久、工藤昌史
しんぼたくろう
高瀬健一
中村プロダクション
Phase 21
040306
タンデム・ミラー
大河内一楼
村田和也
村田和也
-
千羽由利子、中田栄治
Phase 22
040313
暴露
大河内一楼
須永司
吉村章
千羽由利子
しんぼたくろう
高瀬健一
中村プロダクション
Phase 23
040320
デブリの群れ
大河内一楼
大橋誉志光
大橋誉志光
千羽由利子
中谷誠一
Phase 24
040403
大河内一楼
谷口悟朗
山本恵
山本恵
千羽由利子
米山浩平、池田有
中村プロダクション
Phase 25
040410
惑い人
大河内一楼
五十嵐達也
五十嵐達也
千羽由利子
斉藤久、工藤昌史
Last Phase
040417
そして巡りあう日々
大河内一楼
谷口悟朗
北村真咲
谷口悟朗
-
千羽由利子、中田栄治

 ※第1〜2話 作画監督補佐:中田栄治 ※第3話 作画監督協力:中田栄治 ※第5話 演出補佐:山尾志郎、豪徳寺まりえ、仁須太
 ※第7話 作画監督協力:工藤昌史 ※第13話 演出協力:三好正人、村田和也
 キャラクターデータ
名前
血型
生年月日
年齢
備考
ハチマキ(星野八郎太)
B型
2050年10月20日
25歳
千葉県出身。自分の宇宙船を手に入れるのが夢だが、3年現実との格差に焦りと苛立ちを感じている。
タナベ(田名部愛)
O型
2054年7月7日
20歳
北海道出身。デブリ課の新入社員で、ハチマキの後輩。熱血漢。まっすぐな性格で、すべてを愛や正義で解決できると信じている。
フィー・カーマイケル
B型
2039年5月8日
35歳
米フロリダ出身。トイボックスの船長。ヘビースモーカー。地球に夫と子供がいる。その経験と実力は現場の人間たちには一目置かれており、ドルフ事業部長に管制下係長への昇進を誘われるも現場にいたいとデブリ課に留まる。
ユーリ・ミハイロコフ
A型
2038年7月27日
36歳
露ウラジオストク出身。トイボックスの副船長。8年前、高々度旅客機のデブリ衝突事故で妻(日本人)を亡くし、有給休暇もまったく取らずに妻の形見のコンパスを探していた。それまでは自分のことを「私」と呼び、丁寧な言葉で話していたが、第13話以降、フランクになり、自分もことも「オレ」と呼ぶようになる。
エーデル
(エーデルガルド・リヴェラ)
AB型
2049年11月4日
26歳
独ハンブルク出身。テクノーラ社の派遣契約社員。そばかすにメガネをかけた地味で無口な女。黙々と仕事をこなして時間が来ると退社し、他の社員とはあまりコミュニケーションを取らない。でありながら私服は意外に派手で、
フィリップ・マイヤーズ課長
AB型
2015年1月16日
59歳
米ニューヨーク出身。第2事業部(ISPV-7)デブリ課の課長。
アルヴィンド・ラビィ課長補佐
A型
2032年8月8日
42歳
印ニューデリー出身。離婚した奥さんとの間に7人の子供がいて、養育費を払っている。デブリ回収船のアーム操作資格を持っている。
クレア・ロンド
A型
2050年7月17日
25歳
米ニューヨーク出身。管制課所属。生まれは中米の小国エルタニカ。8歳でアメリカに亡命するまで文字も読めなかったが、弛まぬ努力の結果、テクノーラ社の第二事業部にまで昇りつめ、さらなる昇進を目指して、かなりの無理を押して仕事をこなしていた。しかし第11話以降彼女の心に変化が生じる。
高正盛(カオ・チェンシン)
AB型
2051年4月8日
24歳
台湾台北出身。ハチマキの親友。旅客宇宙船のパイロット。タナベに気があり、モーションをかけていた。
リュシー・アスカム
O型
2054年9月3日
20歳
仏トゥールーズ出身。航宙課。タナベの友達で、チェンシンに気があるが、チェンシンがタナベのことを好きだという理由から、タナベとハチマキの恋を応援する。
ドルフ・アザリア部長
A型
2036年7月8日
38歳
米テキサス出身。第2事業部事業部長。
ギガルト・ガンガラガッシュ
O型
2021年7月12日
53歳
ハチマキの師匠。二年前までデブリ課にいたが、現在は軌道保安庁勤務。保安指導員の一人としてテクノーラ社にやって来た。癌に犯され余命短いながらも、それをおくびにも出さない。
ハキム・アシミード 軌道保安庁所属のエリート隊長。ハチマキと同じギガルトの弟子。内乱が続く中東の貧困国マナンガの出身。
星野ゴロー ハチマキの父。ギガルトとは火星開拓以来の旧友。従来のサーキットコイル型核融合エンジンの機関長として火星と地球を5回も往復した伝説的な宇宙飛行士。かなりマイペースな性格。
星野ハルコ ハチマキの母。ほとんど家にいない夫の留守を守り、女手一つで息子を二人も育て上げた肝っ玉母さん。落語好き。
星野九太郎 ハチマキの弟。エンジニア志望で、火星日帰り旅行の実現が夢。
ウェルナー・ロックスミス博士 ロケット至上主義の変人。タンデムミラーエンジンの開発者。フォン・ブラウン号の担当官。
ノノ 世界で4人しかいないルナリアン。12歳ながらハチマキより背が高い。イルメナイト採掘プラントの技師をしている両親が月で働いていて、彼女は月の病院で暮らしている。
 キーワード
時は西暦2075年。人類は宇宙開発を推し進め、巨大な宇宙ステーションや月面都市を建設するまでになっている。地球、ステーション、月面の間には旅客機や貨物機が行き交うようになり、人々にとって宇宙は、遠い世界ではなく日常の世界になりつつある。
 この時代、大きな問題となっているのは、宇宙開発にともなって発生するゴミ(デブリ)。使われなくなった人工衛星、ステーション建造時に出た廃棄物などのデブリは、地球周回軌道上を高速でまわっている。2068年に起きた高々度旅客機アルナイル8型とデブリの衝突事故は、多くの死傷者を出す惨事となり、デブリ問題が注目されるきっかけとなった。
デブリ space debris。宇宙空間にあって役割を果たさない人工物体の総称。 地球周回軌道上を飛翔している宇宙ゴミ。使われなくなった人工衛星、ステーション建造時に出た廃棄物など、宇宙開発にともなって発生したこうしたゴミ(デブリ)は、地球周回軌道上を高速で回っており、2068年に起きた高々度旅客機アルナイル8型とデブリの衝突事故は、多くの死傷者を出す惨事となり、デブリ問題が注目されるきっかけとなった。
テクノーラ社 宇宙産業の大手企業。
デブリ課 第2事業部(ISPV-7)に所属する、デブリ回収の任に当たっている課。計画が滞っていて、予定の半分しか人員がいないために社内での通称は「半課」(他にも半人前・半端者・反公的・反省しない……等々の理由があるらしい)。
ToyBox DS-12。テクノーラ社のデブリ課が使用しているデブリ回収船。30年以上も使われているオンボロ船。第12話でフィーがISPV-7を救うために大破させてしまう。
EVAスーツ 船外活動をするための宇宙服。
フィッシュボーン ToyBoxに搭載されている小型デブリ回収艇。
アイコピー 「了解」の意。確認を促す「ユーコピー」に対しての応答として使われる。
宇宙防衛戦線 宇宙開発に反対するテロ組織。ケスラー・シンドロームを起こして人類の宇宙開発を阻止せんとしている。
ノーランドくん テクノーラ社のマスコットキャラクター。ピンクの毛むくじゃらの雪男?
スモーカーズシート 喫煙するためのカプセル。
フォン・ブラウン号 人類初の木星往還船。ウェルナー・ロックスミスにより設計され、彼の開発したタンデムミラーエンジン搭載している。7年間の木星間航行を行う。(17話)
メゾン・ド・ヤシキ [MAISON DE YASHIKI] 7人の忍者オタクが住む月のアパート。(6話)
ルナリアン 月で生まれ育った人々の総称。世界でまだ4人しかいない。生まれながらに心肺障害を抱えており、低重力下で成長したため背が高いが、骨や筋肉、心肺機能が地球の重力下では耐えられないために地球では生きてられない。月の病院でハチマキが出会ったノノという少女は、生まれてから12年間、病院で治療及び検査を受けており、このデータが今後の宇宙生活や宇宙病の研究に役立てられている。(7話)
静かの海月面宇宙港 ハチマキが足を骨折して入院した静かの海総合病院がある、月面最大の都市である静かの海市の宇宙港。(7話)
ギガルトのあだ名 本人曰く、名前を覚えるのが苦手であだ名をつけて覚えるのだという。ただし、このあだ名が定着したのはハチマキだけだった。(9話)
本名
あだ名
 
本名
あだ名
星野八郎太
ハチマキ
クレア
白鳥
田名部愛
エンジェル
課長
マシュマロ
フィー
ターボライター
ラビィ
ひまわり
ユーリ
ノノ
アルテミス
エーデル
砂時計
 
ハキム
-
トラオム宇宙開発社 ドルフとフィーたちと設立した会社。10年前にテクノーラ社に吸収合併された。(8話)
Please save Yuri. 高々度旅客機アルナイル8型のデブリ衝突事故で死んだユーリの妻の遺品であるコンパスに刻まれていた文字。(10話)
エルタニカテクニカ 宇宙服の売り込み企業。(11話)
ケスラー・シンドローム デブリ同士の衝突で破片が生成されるとデブリクラウドが発生し、衝突が連鎖的に発生して宇宙開発が最後にはできなくなってしまうという破滅的な理論。(12話)
HOTEL spica ISPV-7にあるホテルで、テクノーラ社社員のデート場所でもある。(15話)
空間喪失症 船外作業員に希にみられる症状で、血圧上昇、過呼吸、パニック症状、方向感覚の喪失、さらに症状がひどい場合には幻覚や幻聴も起こる。音信不通の宇宙空間でたった一人漂っていた時の恐怖を身体が覚えていて、暗闇に置かれた時にこの症状に襲われる。(16話)
乗組員採用試験 木星往還船フォン・ブラウン号の乗組員採用試験。すでに決まっているメンバーやミッションスペシャリストを除いた、わずか18名の定員を競って約2万人の応募者が参加した。(19話)
連合最高評議会 クリストファー・クリフォードを議長とする連合政府の最高評議会。(23話)
陽昇町商店街 ハチマキの実家近くの商店街。町出身の宇宙飛行士が二人もフォンブラウンに乗るとあって、祝賀バーゲンを実施していた。(25話)
しりとり ケスラー・シンドローム→無重量用軸受け→ケレス→スピン抜け→計器飛行→ウインドウ開け→ケネディー宇宙センター→アナンケ→鍵盤ハーモニカ→髪の毛→結婚しよう→うん

under the editorship of marumegane