女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

円盤皇女ワるきゅーレ
 キッズステーション 2002/07/04〜2002/09/19 毎週木曜日 23:30〜24:00 全12話
 テレビ神奈川 2002/07/13〜2003/12/ 毎週土曜日 24:45〜25:15 全12話
 千葉テレビ  2003/07/14〜2003/12/ 毎週日曜日 23:30〜24:00 全12話
 テレビ埼玉  2003/07/14〜2003/12/ 毎週日曜日 24:20〜24:50 全12話
 STAFF  CAST
原作  
原作協力  
監督  
シリーズ構成  
キャラクターデザイン    
メカニックデザイン  
UFOデザイン  
アニメーションディレクター  
美術監督  
色彩設計  
撮影監督  
編集  
音楽  
音響監督  
音響制作  
録音スタジオ  
音響制作  
提供バックイラスト  
タイトルデザイン  
企画  
プロデュース  
制作  
製作  
オープニングアニメーション
絵コンテ・演出 高本宣弘
作画監督 藤井まき
原画   秋山英一、塩川貴史、大島美和、梶浦紳一郎、川口理恵、河野稔、佐々木敦子、佐々木敏子、田中基樹、中島美子、原将治
エンディングアニメーション
イラスト 介錯
『こうさぎピョン子ちゃん』
キャラクターデザイン  氷川ヘキル
ワルキューレ 緒方恵美
ワるきゅーレ 望月久代
時野和人 鈴村健一
時野リカ 南央美
ハイドラ 西村ちなみ
七村秋菜 千葉紗子
真田さん 田中理恵
白(シロッケンハイム) 西前忠久
ライネ 飯塚雅弓
メーム 篠原恵美
コーラス 桑島法子
ワルキューレ・ゴースト 緒方恵美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 主題歌
『愛しいかけら』
 歌:メロキュア/作詞・作曲:岡崎律子/編曲:西脇辰弥
『セーブ』
 歌:望月久代、田中理恵、西村ちなみ、千葉妙子
 作詞・作曲:日向めぐみ/編曲:水島康貴
『agape』
 歌:メロキュア/作詞・作曲:岡崎律子/編曲:石脇辰弥
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
総作画監督
作画監督
第1話
020704
天女のいる銭湯          
第2話
020711
変身皇女ワルキューレ          
第3話
020718
猫耳侍女長真田さん          
第4話
020725
君の羽根がめざすもの          
第5話
020801
リカちゃん歳時記          
第6話
020808
姫様メモリアル          
第7話
020815
脱線皇女ライネ          
第8話
020822
猫耳慰安旅行          
第9話
020829
秋菜小変身          
第10話
020905
通販で小惑星を買った話          
第11話
020912
時乃湯宇宙別館          
第12話
020919
ワるきゅーレ夢幻騎行          
 キャラクターデータ
ワるきゅーレ
ワルキューレ
ワるきゅーレ:8歳。身長120cm。/ワルキューレ:18歳。9月26日生まれ。身長168cm。
ヴァルハラ八大皇女の一人。政略結婚を避けるために地球に逃げてくるが、乗ってきたUFOの落下で和人を死なせてしまい、和人を救うために魂の半分を分け与えて8歳の子供の姿になってしまう。依頼時の湯に居候。8歳の姿の間は、知能や思考まで子供のそれになってしまっている。和人とのキスで元の姿に戻ることができる。
時野和人 17歳。7月23日生まれ。身長165cm。高校生。亡き祖父から受け継いだ時の湯を経営している。
時野リカ 15歳。12月2日生まれ。身長153cm。和人の妹。
ハイドラ 18歳。3月13日生まれ。身長172cm。ヴァルハラ八大皇女の一人。
七村秋菜 17歳。8月31日生まれ。身長163cm。和人の幼馴染で七狐神社の巫女。
真田さん 推定年齢22歳。2月10日生まれ。身長170cm。ヴァルハラ王家侍女長を勤めるネコミミメイド星人。
白(シロッケンハイム) 犬型宇宙人。時野家のペット
ライネ ヴァルハラ八大皇女の一人。ワルキューレをお姉様と慕う。
メーム ヴァルハラ八大皇女の長
コーラス ヴァルハラ八大皇女の一人。電波系。ハンドルネームは「森永凍らす」。
 キーワード
時の湯 一見普通の銭湯だが、実はヴァルハラ皇家が禊に使った「聖なる禊の泉」を今に伝える伝統の銭湯。
アルヴァク号 ワルキューレが乗ってきたUFO(無制限力場軌道船)。
   
   
   
   
   
   
   
   

under the editorship of marumegane