女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

ぼのぼの
 テレビ東京 1995/04/20〜1996/03/28 毎週木曜日 19:15頃〜19:30(24話以降:19:00〜19:15)(『アニメ缶』枠内) 全48話
 STAFF  CAST
原作 いがらしみきお
(竹書房「月刊まんがライフ」「月刊まんがくらぶ」)
監督 難波日登志
シリーズ構成 やすみ哲夫
キャラクターデザイン
総作画監督
保谷有香
美術監督 渡部孝
撮影監督 吉田光伸
編集 古川雅士
音響監督 明日川進
録音 上林信芳
効果 倉橋静男
選曲 明田川仁
録音スタジオ アオイスタジオ
音響制作 マジックカプセル
タイトル 片山悟
ネガ編集 松尾編集室
現像 IMAGICA
音楽 三宅一徳
音楽プロデューサー 松崎澄夫
音楽協力 テレビ東京ミュージック
企画 桜井尚、田代敦巳
プロデューサー 岩田圭介(テレビ東京)
兼坂勝利
アニメーションプロデューサー 川人憲治郎
アニメーション制作協力 スタジオ・マーチ
シャフト
スタジオ・ジュニオ
アニメーション制作 グループ・タック
制作協力 B2プロダクション、竹書房
製作 テレビ東京、アミューズ
ぼのぼの 渡辺久美子
シマリスくん 吉田古奈美
アライグマくん 藤原啓治
ぼのぼののお父さん
1,5,20,28,32〜33,42,48話
長嶝高士
クズリくん
1,27,36〜38,41,43,46〜48話
雨蘭咲木子
ハエ
1話
戸部公爾
アライグマくんのお父さん
1,6,8,13,16,20,22,25,28
,31,34〜36,38,43,45〜48話
梅津秀行
スナドリネコさん
2,6,12.15,20,22,29,34,38〜39,41,43,48話
小杉十郎太
ヒグマさん
5話
萩森侚子
コヒグマくん
5話
石津彩
フェネックギツネくん
7,26,42話
柳沢三千代
ボーズくん
9,28,33,44話
中沢みどり
ビーバーさん
9,23,33,44話
安西正弘
ボーズくんのおかあさん
9,23,33,44話
水原リン
ショーねえちゃん
11,14,24,31,44〜48話
田中真弓
ダイねえちゃん
11,14,31,45〜48話
ならはしみき
しまっちゃうおじさん
14,16,23,33,35,37,48話
飛田展男
ミンミン
18話
矢島晶子
ナンナン
18話
遊佐浩二
カエルくん
19話
上田敏也
木のオバケ
20話
佐藤智恵
オオサンショウウオさん
21話
上田敏也
夜魔王
25話
上田祐司
フェネックギツネくんのお父さん
26話
キートン山田
げぶげぶ
26話
飛田展男
生き物
26話
上田祐司
アライグマくんのおかあさん
30話
潘惠子
シマリスくんのお父さん
31話
茶風林
シマリスくんのおかあさん
31話
横尾まり
子クジラくん
33話
石津彩
子クジラくんのおかあさん
33話
真柴摩利
流れ星くん
34話
石河寛美
ラビにいいちゃん
39話
檜山修之
チィラビちゃん
39話
荒木香恵
ちびすけ
40話
瀧本富士子
たまごのキミくん
40話
雨蘭咲木子
おケラくん
41話
瀧本富士子
クズリくんのお父さん
43,45話
田の中勇
カシラ/ゴンゾ
43話
石井康嗣
ヒグマの大将
43話
梁田清之
 主題歌
 - 『近道したい』 (1〜23話)
 歌:須賀響子/作詞:須賀響子/作曲・編曲:山川恵津子
『Love,Two Love』 (24〜話)
 歌:須賀響子/作詞・作曲:須賀響子/編曲:米光亮
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
950420
ぼのぼのと遊ぼうよ
やすみ哲夫
三條なみみ
大畑清隆
今野淑子
第2話
950427
ボクもお家が欲しい
小松崎康弘
三條なみみ
池端隆史
志村泉
第3話
950504
うまいんだなっデココの実は
やすみ哲夫
ワタナベシンイチ
ワタナベシンイチ
大河原晴男
第4話
950511
あの音はなんだろう?
小松崎康弘
三條なみみ
山崎たかし
山崎たかし(作画)
第5話
950518
まねっ子コヒグマくん
やすみ哲夫
ときたひろこ
ときたひろこ
鈴木大司
第6話
950525
オナラがプープーぷーッ
やすみ哲夫
ワタナベシンイチ
ワタナベシンイチ
大河原晴男
第7話
950601
歌うたいフェネギーくん
小松崎康弘
鈴木大司
鈴木大司
鈴木大司
第8話
950608
シマリスくんの歯が抜けた
小松崎康弘
岡嶋国敏
岡嶋国敏
丸山泰英(作画)
第9話
950615
泣きむしボーズくん
やすみ哲夫
福本潔
福本潔
石黒育
第10話
950622
火ってどんなもの?
やすみ哲夫
佐山聖子
佐山聖子
西山里枝(作画)
第11話
950629
シマリスくんのおねえさん
小松崎康弘
大畑清隆
大畑清隆
アベ正己
第12話
950706
新しい石が欲しい!
小松崎康弘
三條なみみ
青野昌
杉山東夜美
第13話
950713
夜はどこから来るのかな?
小松崎康弘
ワタナベシンイチ
ワタナベシンイチ
大河原晴男
第14話
950720
ダイねえちゃんの土ダンゴ
やすみ哲夫
三條なみみ
大畑清隆
工藤裕加
第15話
950803
カゼひきシマリスくん
やすみ哲夫
池端隆史
池端隆史
高崎由利
第16話
950810
ボクらの怖いもの?
やすみ哲夫
矢吹勉
渡辺哲哉
畑良子
第17話
950817
顔がのびたんでぃす
西園悟
牛草健
渡辺哲哉
鈴木大司
第18話
950824
恋するアライグマくん
やすみ哲夫
福本潔
福本潔
石黒育(作画)
第19話
950831
滝下りは楽しいぞ!
小松崎康弘
山崎たかし
山崎たかし
山崎たかし
第20話
950907
ホタルの森でドッキリ!
やすみ哲夫
大畑清隆
大畑清隆
アベ正己
第21話
950914
ハイ!ハイ!俳句おじいさん
やすみ哲夫
ワタナベシンイチ
ワタナベシンイチ
大河原晴男
第22話
950921
やさしいアライグマくん
西園悟
池端隆史
池端隆史
尾鷲英俊(作画)
第23話
950928
しゃっくりが止まらない
米村正二
井上修
井上修
平岡正幸(作画)
第24話
951005
くっついてゴメンナサイ
やすみ哲夫
佐山聖子
佐山聖子
西山里枝(作画)
第25話
951019
アライグマくんの家出
小松崎康弘
三條なみみ
池端隆史
杉山東夜美
第26話
951026
その名はげぶげぶ
西園悟
大畑清隆
大畑清隆
工藤裕加
第27話
951102
おひさま仮面参上!
やすみ哲夫
ワタナベシンイチ
ワタナベシンイチ
大河原晴男
第28話
951109
嵐が森にやって来た!
ごうどかずひこ
山崎たかし
山崎たかし
第29話
951116
変身?ぼのぼの!
小松崎康弘
浅見隆司
浅見隆司
前田康成(作画)
第30話
951123
お久しぶりネッおチビちゃん
北条千夏
福本潔
福本潔
入江篤(作画)
第31話
951130
オネショしてゴメン
やすみ哲夫
ワタナベシンイチ
ワタナベシンイチ
大河原晴男
第32話
951207
アライグマくんの誕生日
ごうどかずひこ
米谷良知
米谷良知
畑良子
第33話
951214
まいごのクジラくん
米村正二
佐山聖子
佐山聖子
西山里枝
第34話
951230
流れ星さんのお引っ越し
北条千夏
牛草健
渡辺哲哉
鈴木大司
第35話
951230
雪がコンコン!
やすみ哲夫
山崎たかし
山崎たかし
山崎たかし
第36話
960104
氷の世界でドボン!
ごうどかずひこ
池端隆史
池端隆史
末吉裕一郎(作画)
第37話
960111
洞くつの恐怖
西園悟
大畑清隆
大畑清隆
アベ正己
第38話
960118
さいみん術でぃす!!
やすみ哲夫
池端隆史
池端隆史
杉山東夜美
第39話
960125
雪ウサギの伝説
北条千夏
大畑清隆
大畑清隆
工藤裕加
第40話
960201
ぼのぼのとちびすけ
やすみ哲夫
ワタナベシンイチ
ワタナベシンイチ
大河原晴男
第41話
960208
あしたが見えーる
やすみ哲夫
米谷良知
米谷良知
畑良子
第42話
960215
あやしい湖
西園悟
久米一成
久米一成
久米一成
第43話
960222
だれが一番!?
やすみ哲夫
池端隆史
池端隆史
末吉裕一郎(作画)
第44話
960229
ボーズくんの小さな冒険
北条千夏
ワタナベシンイチ
ワタナベシンイチ
大河原晴男
第45話
960307
ぼのぼの猛レース!
小松崎康弘
篠幸裕
渡辺哲哉
畑良子
第46話
960314
犯人はだぁれ?
ごうどかずひこ
井上修
井上修
丸山泰英(作画)
第47話
960321
遊べないアライグマくん
やすみ哲夫
鈴木大司
鈴木大司
鈴木大司
第48話
960328
毎日が楽しかったら?
やすみ哲夫
大畑清隆
大畑清隆
保谷有香
 キャラクターデータ
ぼのぼの ラッコ。家は海だが、いつも陸で遊んでいる。のんびり屋さん。夢想癖あり。ネガティブシンキンガー。
シマリスくん 首を傾けて「いぢめる?」と聞く。アライグマくんにいぢめられるも、めげずにやり返すこともしばしば。カナヅチ。
アライグマくん いぢめっこでシマリスくんをいぢめる。お父さんにはめっぽう弱い。
アライグマくんのお父さん アライグマくんのお父さんだけあって、やっぱり怒りっぽい性格。
スナドリネコさん 物知りで、ぼのぼのたちがいつも相談に行く頼りになるお兄さん。
ショーねえちゃん シマリスくんの乱暴者のお姉さん。次女。アライグマくんとは犬猿の仲。
ダイねえちゃん シマリスくんのお姉さん。長女。
クズリくん いつも「にこにこ」と言ってう◯ちをしている。

under the editorship of marumegane