女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

ワンダービートS(スクランブル)
 TBS 1986/04/11〜1986/11/19 毎週水曜日 19:30〜20:00 全24話(+未放映2話)
 STAFF  CAST
企画監修 手塚治虫
監督 出崎哲(1〜15話)
有原誠治(16〜26話)
シリーズ設定 今泉俊昭、小出一巳、田村秀敏
脚本 高屋敷英夫、吉川惣司
演出チーフ 片渕須直
キャラクターデザイン 四分一節子
メカニックデザイン 樋口雄一(サブマリン)
キャラクター・メカニック設定 阿部恒
体内設定 小野隆哉
総作画監督 清水恵蔵
美術監督 内田好之
美術設定 岡田和夫
撮影監督 藤田正明
現像 東京現像所
編集 尾形治敏
タイトルデザイン 杉澤英樹
オープニング・エンディング
アニメーション
ほんだゆきお
音響監督 明田川進
録音 橋本二三郎(アオイスタジオ)
効果 木下克己(東洋音響)
音響担当 三間雅文
音響制作 マジックカプセル
録音スタジオ アオイスタジオ
音楽 米光亮、溝口肇
科学監修 戸川達男(工学博士)
医学監修 草川三治(医学博士)
橋本大定(医学博士)
資料提供 佐藤徹
プロデューサー 伊藤叡、忠隈昌(TBS)
制作担当 安西武
制作協力 マルチボックス
青二プロダクション
アニメーション制作協力 マジックバス
製作 虫プロダクション、TBS
スギタ・ススム 田中真弓
マユミ 荘真由美
ドクター・ミヤ 永井一郎
ビオ 江森浩子
リー・メイ・ファン 小山茉美
マイケル・ヤンソン 難波圭一
ジョー・クムバ 塩谷浩三
マナカ・コウジ 塩谷翼
カトリーヌ・ドワイエ 吉田奈穂
アラマキ・テツヤ 堀川亮
ビジュラ姫 鶴ひろみ
バグー将軍 島香裕
ズダー将軍 塩沢兼人
ガボー博士 平野正人
ビジュール大王 郷里大輔
スペンサー博士 佐藤正裕
ミス・ケイト 弥永和子
テツヤの父 屋良有作
ナレーション 屋良有作
 主題歌
『瞳はコスモス』 (1〜15話)
 歌:燕奈緒美、燕真由美
 作詞:荒木とよひさ/作曲:奥慶一/編曲:大谷和夫
『ワンダービート』 (1〜15話)
 歌:燕奈緒美、燕真由美
 作詞:伊藤アキラ/作曲:奥慶一
『ワンダービート』 (16〜26話)
 歌:燕奈緒美、燕真由美
 作詞:伊藤アキラ/作曲:奥慶一
『瞳はコスモス』 (16〜26話)
 歌:燕奈緒美、燕真由美
 作詞:荒木とよひさ/作曲:奥慶一/編曲:大谷和夫
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
860416
行け体内宇宙へ!
第2話
860423
謎のスペースシップ!
第3話
860507
幻のオルゴール
今泉俊昭
富永恒雄
岩本保雄
和泉絹子
第4話
860514
10人目のナイン
高屋敷英夫
岩田六
有原誠治
川筋豊
第5話
860521
海からの呼び声
高屋敷英夫
網野哲郎
南波千浪
新田敏夫
第6話
860528
うばわれたメロディ
今泉俊昭、小出一巳
森田風太
金子隆悠季
松田芳明
第7話
860604
ライバルが泣いた
田部俊行
葛岡博
葛岡博
本木久年
第8話
860611
あこがれの上級生
荒木芳久
金子隆悠季
金子隆悠季
川筋豊
第9話
860625
星物語・小さな天文台
城山昇
葛岡博
小園元祥
新田敏夫
第10話
860702
ロボット初恋修行
高屋敷英夫
望月敬一郎
岩本保雄
和泉絹子
第11話
860716
パパは裏切り者じゃない!!
第12話
860730
異星人!その名はビジュール!!
第13話
860806
潜入!ビジュール・シップへ!!
第14話
860813
ビジュール星人の秘密
第15話
860820
急げ!新・ワンダービート号!!
第16話
860827
応答せよ!ビジュラ姫
第17話
860910
必殺のWレーザー
第18話
860924
宿命のめぐり会い
城山昇
中村隆太郎
中村隆太郎
和泉絹子
第19話
861008
雷雨の中の訪問者
荒木芳久、小出一巳
高橋資祐
南波千浪
長崎重信
第20話
861022
標準は黄金の右手
第21話
861029
嵐を呼ぶ新入隊員
第22話
861105
謎の移動要塞基地
第23話
861112
ビジュラ姫地上へ
田部俊行
奥田誠治
片渕須直、中山晴夫
小野隆哉、新田敏夫
第24話
861119
解明されるか?生命元素の謎!!
高屋敷英夫
中村隆太郎
中村隆太郎
和泉絹子
第25話
未放送
海底基地の対決
高屋敷英夫
片渕須直
有原誠治
片渕須直、中山晴夫
岩本保雄
小野隆哉、和泉絹子
第26話
未放送
永遠に輝け!宇宙の彼方に!!
 キャラクターデータ
スギタ・ススム 13歳。ナギサ・シティに住む少年。消息不明となった父が、人々に裏切者扱いされるという冷たい仕打ちにも負けない精神力と、その優れた運動神経を買われ、ドクター・ミヤの勧めによってホワイトペガサスに入隊する。
マユミ ドクター・ミヤの姪で自ら志願してミヤの秘書を務めている。ススムと同い年。
ドクター・ミヤ 総合健康科学研究所フェニックス・タワー所長。ミクロナイザーシステムの開発者。地球の世界連盟の「X23」への攻撃命令に、宇宙のあらゆる生命は共存すべきだと主張して反対したために、多くの人々が裏切者扱いするスギタ博士のとった行動を支持していた。
ビオ データ集積用ロボット。
リー・メイファン ホワイトペガサス隊長。22歳にして医学博士号を持ち、冷静な判断力でホワイトペガサスを統率する中国人。
マイケル・ヤンソン ススムと共に船外活動を担当するアメリカ人。後に技術局へ転属。
ジョー・クムバ メカニックと異星人の言語解析を担当するコンゴ人。
マナカ・コウジ メカニックとオペレーションを担当する日本人。ビオの開発者。
カトリーヌ・ドワイエ 主にオペレーションを担当するフランス人。
アラマキ・テツヤ 元は優秀な宇宙飛行士訓練生で、マイケルの後任でホワイトペガサスへ入隊してきた日本人。実は彼の父もグリーンスリーブス号の乗組員で、スギタ博士同様に消息不明となっていた。
ビジュラ姫 父であるビジュール大王の命を受け「生命元素」探査の指揮を執る女。
バグー将軍 ホワイトペガサス隊と戦う戦闘隊長だが、失敗続きで失脚する。
ズダー将軍 バグーの失脚後、副官から昇格すると共に生命元素探査の全権を掌握し、強硬路線を主張する。
ガボー博士 データ収集とメドロモンスターの開発・制御を担当している科学者。
ビジュール大王 ビジュール星の支配者で、急速に衰退する星を救うため、娘であるビジュラに「生命元素」探査を命じ、地球に派遣した。
 キーワード
西暦2119年、スギタ・イサオ博士を隊長とする宇宙生命調査隊が宇宙船グリーンスリーブス号で宇宙に旅立つ。調査隊は、他の異星人に侵略され滅亡した3つの惑星を発見し、その惑星が並んでいる直線上に移動を続ける蛍光惑星を確認。さらに惑星が太陽系に向かっていることを突き止める。地球が狙われていると知った地球の世界連盟は、「X23」と名付けたその惑星への攻撃を命令。しかし、グリーンスリーブス号は「X23」に接触した後、消息を絶ってしまう…。
ホワイトペガサス ドクター・ミヤが組織した医療救急隊。
ワンダービート号 ホワイトペガサスの隊員が乗り込んで活動する特殊潜航艇。
総合健康科学研究所 ドクター・ミヤが所長を勤める研究所で、ミクロナイザーシステムを使って活動する特務医療救急隊ホワイトペガサスが所属する機関。
ビジュール星 浮遊惑星「X23」
ビジュール(ヒュー)星人 人体への攻撃を繰り返す正体不明の異星人。やや肌色が白く、耳が尖っているだけで容姿は人間と同じ。ただし髪の毛は生えていない。
ミクロナイザーシステム ドクター・ミヤがビジュール星人に対抗するために開発した物体をミクロ化させるマシン。
メドロモンスター ビジュール星人が人体攻撃のために差し向ける怪物。
生命元素 ビジュール星人が、自らの滅亡を食い止めるために探し求めているもの。
デスゾーン 罪を負う、あるいは不要とされたビジュール星人が追放される死の砂漠で、ビジュール星人が最も恐れおののく場所。
テルモファンタジーワールド 今作品は、人体の神秘と医療をテーマとしていたため、医療機器メーカーのテルモが単独スポンサーとなり、番組タイトル前に『テルモファンタジーワールド』が付けられていた。
手塚治虫のミニミニトーク 番組の最後に放送されていた手塚治虫本人出演によるコーナーで、内容は、その回の舞台となった人体の器官について解説するというもの。
短縮放送 全26話が製作されたが、視聴率低迷のためにテレビ放映の際には、第24〜26話を1話分に再編集し、全24話という形で放映された。
ミクロの決死圏 今作品同様、人体にミクロ化して進入するという1966年制作の有名なアメリカ映画。では今作品の元ネタがこの作品なのかというと、実は『ミクロの決死圏』の方が、『鉄腕アトム』のアニメ第88話「細菌部隊」からヒントを得て製作されたのだそうだ。さすが手塚治虫だ。

under the editorship of marumegane