女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

銀牙 流れ星銀
 テレビ朝日 1986/04/07〜1986/09/29 毎週月曜日 19:30〜20:00 全21話
 STAFF  CAST
原作 高橋よしひろ
(集英社「週刊少年ジャンプ」)
脚本 馬嶋満、寺田憲史
シリーズディレクター 勝間田具治
演出 棚橋一徳、芹川有吾、西沢信孝
キャラクターデザイン 柳瀬譲二
美術デザイン 伊藤岩光
現像 東映化学
編集 吉川泰弘(タバック)
録音 波多野勳(タバック)
音響効果 今野康之
選曲 宮下滋(ビモス)
キャスティング協力 青二プロ
音楽 淡海悟郎
企画 横山和夫、加藤守啓
製作担当 武田寛
プロデューサー 課長守啓(テレビ朝日)
アニメーション制作 テレビ朝日、東映動画
山田栄子
リキ 銀河万丈
富士 梨羽由起子
ベン 田中秀幸
クロス 藤田淑子
グレート 屋良有作
スミス 頓宮恭子
テリー 佐藤正治
ジョン 堀秀行
スナイパー 矢田耕司
ハイエナ 松田重治
黒虎 田中亮一
中虎 塩屋浩三
赤虎 戸谷公次
モス 郷里大輔
ジャガー 塩屋浩三
ロイド 平野正人
赤目 池水通洋
霧風 佐藤正治
陣内 小林通孝
早土 大谷秀芳
ウィルソン 橋本晃一
武蔵 岸野一彦
ビル 柴田秀勝
紅桜 青野武
オリバー 広中雅志
如月 速水奨
ヒグマ殺しの白狼 田中亮一
黒邪鬼 中田浩二
魔矢 広中雅志
大輔 坂本千夏
秀俊 鈴置洋孝
武田五兵衛 渡部猛
縦二連の重 田中亮一
信男 江森浩子
ナレーター 野田圭一
 主題歌
『流れ星銀』
 歌:宮内タカユキ/作詞:寒太郎/作曲:木森敏之/編曲:矢野立美
『TOMORROW』
 歌:宮内タカユキ/作詞:寒太郎/作曲:木森敏之/編曲:矢野立美
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
860407
小さなヒーロー銀の誕生!
馬嶋満
-
勝間田具治
柳瀬譲二
第2話
860414
銀よ努力の向こうに明日がある
第3話
860421
命を賭けた銀の友情
第4話
860428
巨大熊赤カブトへの挑戦!
第5話
860505
壮絶!傷だらけの勝利
第6話
860519
吠えろ!山が呼んでいる
馬嶋満
-
棚橋一徳
遠藤晴
第7話
860526
胸に刻め!熱き男の誓い
馬嶋満
-
芹川有吾
永木龍博
第8話
860602
今!男たちの旅立ち
寺田憲史
西沢信孝
堀川和政
長谷川憲生
第9話
860609
魔犬!甲斐の三兄弟
馬嶋満
-
勝間田具治
青木哲朗
第10話
860616
怪物!霞岳のモス軍団
寺田憲史
芹川有吾
堀川和政
金子勲
第11話
860623
忍犬!伊賀の里に黒い影
寺田憲史
明比正行
堀川和政
永木龍博
第12話
860630
危うしベン!忍者屋敷の対決!!
馬嶋満
-
勝間田具治
長谷川憲生
第13話
860707
正義!リーダーへの条件
馬嶋満
-
勝間田具治
佐々門信芳
第14話
860714
進め!小さな若大将
馬嶋満
明比正行
棚橋一徳
遠藤晴
第15話
860721
紅桜!地上最強と呼ばれる男
寺田憲史
-
勝間田具治
柳瀬謙二
第16話
860728
熱き涙!仲間の死をのりこえて
馬嶋満
-
明比正行
青木哲朗
第17話
860804
今、集結の時!総大将のもとへ!!
寺田憲史
東野竜夫
堀川和政
長谷川憲生
第18話
860825
死闘!男が命を捨てる時!!
第19話
860901
悲愴!真紅に咲いた紅桜の最期
第20話
860908
燃えよ銀!今こそ見せろ男の勇気!!
第21話
860922
銀よ!新たなる男の旅立ちへ!!
馬嶋満
-
勝間田具治
柳瀬譲二
 キャラクターデータ
奥羽野犬軍団二代目総大将の秋田犬。
リキ 銀の父親で奥羽野犬軍団初代総大将だったが、赤カブトに倒される。彼の父シロもまた赤カブトに倒されている。
富士 銀の母親。
ベン 奥羽野犬軍団第一班小隊長のグレートデン。
クロス 雌でありながら唯一、漢と認められたサルーキー。ベンの妻となる。
グレート 奥羽野犬軍団第二班小隊長。
スミス 奥羽野犬軍団第三班小隊長。
テリー 奥羽野犬軍団第五班小隊長。
ジョン 銀のライバル。シェパード。
スナイパー 奥羽野犬軍団司令官のドーベルマン。総大将の座を虎視眈々と狙う奸臣。
黒虎 魔犬・甲斐三兄弟の三男。幼少時にテンに右目を噛み潰されて片目となっている。
中虎 魔犬・甲斐三兄弟の次男。幼少時にテンに左耳を喰いちぎられている。
赤虎 魔犬・甲斐三兄弟の長男。
モス 霞岳の閻魔大王と呼ばれる怪力のマスチフ。
赤目 伊賀忍犬軍団総帥の紀州犬。「雷花剣」「螺旋水車」といった伊賀忍法を使う。
黒邪鬼 甲賀忍犬軍団総帥。伊賀の赤目とは敵対関係。
 キーワード
赤カブト  
   
   
   

under the editorship of marumegane