女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

女王陛下のプティアンジェ
 テレビ朝日 1977/12/13〜1978/06/27 毎週火曜日 19:30〜20:00 全26話
 STAFF  CAST
企画 日本アニメーション
製作 本橋浩一
監督 黒川文男
脚本・構成 山本優
キャラクターデザイン 高橋資祐
オープニングアニメーション作画 スタジオZ( 金田伊功、他)
音楽 筒井広志
プロデューサー 大場伊紘
協力 葦プロダクション
制作 日本アニメーション、朝日放送
アンジェ・アイリントン 潘恵子
ジャクソン警部 永井一郎
マイケル刑事 曽我部和行
バーバラ 麻生美代子
フランク 中野聖子
ポピンズ 菊池紘子
ベンジャミン 肝付兼太
アルフレッド 水鳥鉄夫
ロジャー 青野武
ジミー 西尾徳
ヘレン 麻上洋子
 主題歌
『アンジェにおまかせ』
 歌:広美和子/作詞:千家和也/作曲:小林亜星/編曲:小六禮次郎
『マイネーム イズ プティアンジェ』
 歌:広美和子/作詞:千家和也/作曲:小林亜星/編曲:小六禮次郎
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
771213
女王さまのペンダント
山崎巌
玉川真知子
安濃高志、中村清
田中保
第2話
771220
きよしこの夜
山本優
玉川真知子
安濃高志
田中保
第3話
771227
二人でお茶を
山本優
玉川真知子
西本健一
田中保
第4話
780110
オルゴール人形の秘密
新井光
玉川真知子
安濃高志
田中保
第5話
780117
消えたダービー馬
山本優
八尋旭
西本健一
田中保
第6話
780124
呪いの黄金仮面
合戸陽
八尋旭
安濃高志
田中保
第7話
780131
狩りの日のブーツ
山本優
柳弘通
西本健一
田中保
第8話
780207
舞踏会の夜の泥棒
新井光
八尋旭
安濃高志
田中保
第9話
780214
ロンドンの赤い謎?!
八田朗
柳弘通
西本健一
田中保
第10話
780221
暴走!金塊列車
新井光
八尋旭
安濃高志
田中保
第11話
780228
恐怖のゴリラ事件
八田朗
八尋旭
玉川真知子
田中保
第12話
780307
霧の夜の亡霊
新井光
八尋旭
安濃高志
田中保
第13話
780314
古城の怪事件
八田朗
柳弘通
玉川真知子
田中保
第14話
780328
凶悪の逃亡犯
八田朗
柳弘通
安濃高志
田中保
第15話
780404
怪盗Xを追え!
山崎巌
玉川真知子
玉川真知子
田中保
第16話
780411
ハロルド王子さらわる!
新井光
柳弘通
安濃高志
田中保
第17話
780418
炎の館
八田朗
八尋旭
案納正美
田中保
第18話
780425
盗まれた仏像のゆくえ
新井光
柳弘通
安濃高志
田中保
第19話
780509
嵐のハイジャック!
山本優
八尋旭
山田真也
田中保
第20話
780516
唄う幽霊船の謎
山本優
八尋旭
安濃高志
田中保
第21話
780523
黒ユリの挑戦
白井はじめ
新田義方
新田義方
田中保
第22話
780530
ニセ札犯はだれだ!
大森俊治
横田和善
安濃高志
田中保
第23話
780606
謎のビクトリア金貨
新井光
八尋旭
小鹿英吉
田中保
第24話
780613
オペラ・ハウスの怪人
山本優
柳弘通
高木厚炎
田中保
第25話
780620
ドーバーコネクション
山本優
八尋旭
安濃高志
田中保
第26話
780627
インドからのプレゼント
山本優
柳弘通
玉川真知子
田中保
 キャラクターデータ
アンジェ・アイリントン 好奇心旺盛で才気溢れる12歳の女の子。ヴィクトリア女王陛下の許可を得て、スコットランドヤードに協力して事件を解決する。
ジャクソン警部 スコットランドヤードの腕利き警部。
マイケル刑事  
バーバラ  
フランク アイリントン家の使用人一家の息子。
ポピンズ  
ベンジャミン  
アルフレッド  
ロジャー  
ジミー  
ヘレン  
 キーワード
19世紀ヴィクトリア朝時代の英国ロンドン、英国名門貴族であるアイリントン公爵家の一人娘アンジェ・アイリントンは、出席した園遊会で起きたヴィクトリア女王陛下の指輪盗難事件を、持ち前の推理力で解決に導いた功績によって、女王陛下から「プティ」という称号と、ヴィクトリア女王陛下の直々の捜査官としてスコットランドヤードと共に事件解決にあたる許可を受ける。
ペンダント ヴィクトリア女王陛下の直々の捜査官の証として、ヴィクトリア女王陛下から拝領したもの。
   
オープニングアニメーション スタジオZが作画を担当しており、金田伊功氏が参加しているとのこと。

女王陛下のプティアンジェ DVD-BOX

女王陛下のプティアンジェ VHS(第1話+最終話)
under the editorship of marumegane