女性声優とか
女性声優小典 女性声優ラジオ 女性声優サイト 女性声優アニメ 女性声優資料館
   

紅三四郎
 フジテレビ 1969/04/02〜1969/09/24 毎週水曜日 19:00〜19:30 全26話
 スタッフ  キャスト
原作 吉田竜夫(少年ジャンプ連載)
企画 鳥海尽三
プロデューサー 吉田健二
総監督 九里一平
脚本 鳥海尽三、陣野修、山崎晴哉 鈴木良武、林すみ子、他
演出 九里一平、鳥海永行、笹川ひろし、 案納正美、他
作画 田中英二、斉藤義一、内野純夫、 高橋資祐、田中保、窪詔之、他
美術設定 新井寅雄、椋尾篁、しまあきら、中村光毅
音楽 越部信義、音楽企画センター
制作 吉田竜夫、タツノコプロ
紅三四郎 西川幾雄
ケン坊 雷門ケン坊
ボケ 大竹宏
ナレーター/(その他様々な脇役) 内海賢二
まゆみ
1話
 
ミリー
2話
 
バンニ
2話
 
ギンガム伯爵の娘キャラ
3話
 
キャピタ国国境警備隊司令のアリ大佐
3話
 
ザンダ大統領
3話
 
カムラン大臣
3話
 
盲目の少女オテマ
4話
 
馬族の頭(オテマの父)
4話
加藤精三
ブーチン
4話
 
グラコン
5話
 
ヘレーネ
5話
 
カメロ
5話
雨森雅司
ジュン
6話
 
ユリ
6話
 
イーグル(ジュンとユリのの父)
6話
 
天邪教の首領
6話
 
キャシー
7話
 
ゲバルト
7話
 
ジョーじいさん(片目のハイム)
7話
 
マリー/カタリナ
8話
 
ギャビン博士
8話
 
片目の男(片目の男の弟子)
9話
 
ジェーン
9話
白石冬美
老人
9話
 
ナイル姫
10話
 
サンドリア帝国の魔王
10話
 
ナリータ
11話
池田昌子?
ラムイ
11話
 
片目の男(アフリカの奥地の格闘家)
11話
 
マサイの長老
11話
 
メアリ
12話
 
メアリの祖父
12話
 
村長
12話
 
マリー(女スパイ)
13話
北浜晴子
ポール博士
13話
 
ドンキー
14話
滝口順平
警部
14話
 
ブラック
15話
 
メリー
15話
 
ルナ
16話
 
ポール神父
16話
納谷六朗
モルガン
16話
 
ジョー
17話
青野武
ワンタンメン
17話
肝付兼太
ゲバラ
17話
 
片目将軍
17話
 
ヘレナ
18話
 
スポット伯爵
18話
 
マック
18話
 
フランセ
19話
 
ミレーヌ
19話
 
カミール
20〜21話
 
ルギア(カミールの姉)
20〜21話
 
ディック
22話
 
地底人の長老
22話
 
オリガ(長老の娘)
22話
 
ミリー
23話
 
ブラックナラーズ
23話
 
サーカス団の団長
24話
 
ナタリー(団長の娘)
24話
 
ジャンヌ(サルの群れの少女)
25話
 
ボス(ジャンヌの父)
25話
加藤精三
マリ
26話
北浜晴子
暗黒街の王カーリー
26話
 
 主題歌
『紅三四郎』
 歌:堀江美都子/作詞:関沢新一/作曲:越部信義
『紅三四郎』
 歌:堀江美都子/作詞:丘灯至夫/作曲:和田香苗
『紅三四郎』
 歌:美樹克彦/作詞:関沢新一/作曲:越部信義
『男の荒野』
 歌:堀江美都子/作詞:丘灯至夫/作曲:和田香苗
 サブタイトル
話数
放送日
タイトル
脚本
絵コンテ
演出
作画監督
第1話
690402
紅の風雲児(嵐の風雲児)
第2話
690409
摩天楼の片目
第3話
690416
猫魔族の挑戦
第4話
690423
燃ゆる大平原(燃える大平原)
第5話
690430
荒野の暴れん坊
第6話
690507
必殺!紅十字星
第7話
690514
海の虎・ハリマオ(海の虎(ハリマオ))
第8話
690521
魔の超人マシン
第9話
690528
白銀の対決
第10話
690604
幻の独眼帝王
第11話
690611
キリマンジャロの戦士
第12話
690618
夕陽の決闘(夕陽の決斗)
第13話
690625
紅脱出作戦
第14話
690702
殺し屋オリンピック
第15話
690709
決死の復讐犬
第16話
690716
地獄の三四郎
第17話
690723
片目の鬼将軍
第18話
690730
墓場をあばけ
第19話
690806
裏切りの報酬
第20話
690813
片目の白虎(前編)
第21話
690820
片目の白虎(後編)
第22話
690827
必殺マグマ流
第23話
690903
三四郎絶体絶命
第24話
690910
極意 天地崩し(極意天地崩し)
第25話
690917
狼人殺法(猿人殺法)
第26話
690924
秘剣美少女
 キャラクターデータ
紅三四郎 真紅の柔道着(上義のみ赤で下は白)をまとった格闘家。父の敵である片目の男を倒し、紅流を完成させて新流儀を世界に広めることを目標に旅を続ける。
ケン坊 孤児。紅三四郎の凄腕を見て、兄貴と呼んで慕うようになる。靴磨きをして生活していたらしい。
ボケ 帽子を被った犬。この名前ヒドくねぇ?
片目の男
 キーワード
ある日、紅三四郎の父・紅正五郎は謎の武道家と決闘をし敗れる。駆けつけた息子・三四郎が相手は誰なのかを問うも、 父は「追うな、おまえの勝てる相手ではない」と言い残して絶命。三四郎は、父の敵を討つため、そして父をも倒すその技芸を見たいと、片目の男を探して旅に出る。
紅流 かつて講道館四天王の一人と恐れられた三四郎の父・紅正五郎が、空手と柔道をミックスして創始した相手と場所を選ばない流儀。
紅号 紅三四郎の乗る赤いバイク。旅路はもっぱら徒歩で、これに乗って旅をしているシーンはほとんど見られないにも関わらず、各地で必要な時にだけ登場する。なんとケン坊が乗ってあらわれることもあった。
紅い道着 紅い上着のみ。帯は黒ではなく青。破れても次の回では元に戻っている。あるいは破れる度に修繕しているのか?
紅十字星の構え 胸の前で手を十字にクロスさせる構え。(1話)
紅渦巻星 相手をブレーンバスターのように抱え上げ、その状態で目にもとまらぬ速さで横回転して、その勢いで投げる技。(1話)
紅流隕石崩し 空中で相手の身体を捕らえ、地獄車のように回転して地面に叩き付ける技。(14話)
空中八方破り 多くの敵に対する時の技で、相手の動きが止まった一瞬を狙って放つ空中連続蹴り。「紅五段蹴り」とも言う。(6話)
紅半月崩し 相手の胴体を脚で挟んで投げるフランケンシュターナー。(16話)
紅諸刃突き 真剣白刃取りで掴んだ剣を勢いよく押し戻し、その束で顔面を突く技。(16話)
紅回転満月 相対した2人の敵に飛びかかって、腕で一人の首を抱え、脚でもう一人の首を挟んで押し倒し、そのまま回転して倒す技。(16話)
紅流隕石落とし 相手の背後に回り込み、背中合わせに相手の首を持って持ち上げ、くるりと相手を前面に投げる技。(16話)
紅北斗十字 相対した2人の敵を、開いた脚で同時に蹴る飛び蹴。(16話)
紅必殺落下蘭月 相手の一瞬の隙をついて飛び蹴りを、相手の額に命中させる必殺技。(16話)
紅十字星落とし フランケンシュターナー。(16話)
紅銀河渦巻き キン肉ドライバーのような技だが、相手の脚を頭の後ろでクロスさせて固定していることと、自分の脚をしっかり相手の胴に巻き付けているところが違う。(17話)
紅乱れ星 相手の両脚を抱えて振り回し、回転の勢いで投げ飛ばす技。(19話)
紅流隕石投げ 向かってくる相手を体裁きで避け、相手の勢いを利用して投げ飛ばす技。名前をつける程の技ではないような…。(20話)
紅直進流星 上空ではなく、前方に向かって投げる直進投げ。(21話)
紅明星崩し 目にも留まらぬ速さで相手に死角へ近づき、手刀で相手の延髄を打つ技。(25話)
美少女 1話に必ず1人の美少女が登場するのもこの作品のお約束。ただし、ギャング世界を舞台にした14話、戦場を描いた17話には脚本上の理由で登場せず。
実写 船の燃えるシーンと爆発シーンで実写映像を使用。(1話)
殺人流無音鎧割り 杖の仕込み刀を使う片目の居合抜きが使った技。(2話)
一点崩し 左の腕と脚が義手義足の男が使った技で、義手の輪っか状の鎖鎌で首を捕らえ、義足の仕込刀で刺し貫くというもの。(5話)
シャドーマン ギャビン博士がつくった超人的な運動能力を持つ改造人間。(8話)
サンドリア帝国 武術で栄え、その武術のため争いが絶えずに遂には滅んでしまった古代の帝国。砂漠の遺跡で三四郎はこの帝国の亡霊たちと戦い、永遠に戦い続けなければならない武術家の宿命を悟る。(10話)
殺し屋オリンピック 優れた殺し屋を持つボスこそ組織を守り得るという信念のもと、ギャングたちが自分の部下を出場させて競う大会。殺し屋のくせに銃を使わず(飛び道具以外の使用は許可されているらしい)、四角い闘技場の上で、格闘技のみでの勝ち抜き戦。後のアニメに登場する地下闘技場の元祖的大会。(14話)
独眼竜回転地獄投げ 片目将軍が使った投げ技。相手を飛び越えて背中を掴み、回転させて投げるがこの際複雑な対裁きを行っている。(17話)
紅流蹴飛ばし星雲 ケン坊が悪党の蹴った時にカッコつけて言った技名。もちろんケン坊のオリジナル技。(19話)
プラトニウムX ダイヤよりも価値のある鉱石。地底の巨大洞窟の天井に無数に輝いていた。(22話)
地底マグマ流 地底人に伝わる死の武術。その奥義は目の錯覚を利用したもので、三四郎は、これを地底人の長老から伝授された。(22話)
活殺流 村を乗っ取るため三四郎に無実の罪を着せたブラックナラーズが使った武術。(23話)
天地崩し 天地流の極意。魔の技で使う者によって悪にも善にもなるという。またの名を「ムササビ殺法」。師より団長のみに伝えられ、同じ天地流の兄弟弟子であった片目の男は13年間これを追い求めていた。片目の男の襲撃で、最期まで奥義を使わず団長は命を落とすが、死の間際に三四郎に奥義のヒントを教える。三四郎はこのヒントを頼りに紅流の天地崩しを完成させた。飛んでいる相手の背後を取り、ロメロスペシャルのような形で四肢を捕らえて地面に叩きつける技。(24話)
猿人殺法 猿の着ぐるみを着た男が使った武術。武器を使った普通の技で、猿っぽさは特にない。(25話)

under the editorship of marumegane